バスケットボールの理想的なシュート条件は解明済み、NBAや強豪大学では理想のシュート練習マシン「Noah」が導入されている

By slgckgc

科学やテクノロジーの進化によって、あらゆるスポーツでアスリートのトレーニング方法が激変しています。バスケットボールに関して言えば、研究によってシュートが成功しやすい「理想的なシュート条件」がすでに判明しており、そのシュートをコンスタントに打つための専用トレーニングマシン「Noah(ノア)」が開発され、NBAを始めアメリカの大学リーグの強豪校で導入されています。

This Machine Knows Shooting Better Than Steph Curry - Bloomberg
http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-06-08/this-robot-knows-shooting-better-than-steph-curry

材料科学の元・教授でベンチャーキャピタリストだったアラン・マーティ氏は2001年に、当時、中学生だった娘にバスケットボールを教えるために、理想のシュートを探っていました。マーティ氏はカリフォルニア州のシリコンバレー在住だったこともあり、ロボット工学やロケット工学の専門家に助けを求めた結果、バスケットボールにおける理想的なシュート条件を探求するプロジェクト「Noah」がスタートしました。

当初、シュートを分析するためのセンサーはバスケットコート内のスピーカーに取り付けられましたが、直線でのみ正確に作動し左右の動きに対する精度が低いことなど、問題点だらけだったとのこと。しかし、スタンフォード大学関係者からNoahプロジェクトを聞きつけたダラス・マーベリックスのチーム関係者は、「マシンが完成したらすぐに買いたい」と申し出たそうです。さらに、マイアミ・ヒートは試作段階のユニットのために2004年に2万ドル(当時のレートで約220万円)を支払っています。これは、当時ヒートのセンターだったシャキール・オニールのあまりにも下手くそなフリースローを矯正するためだったと考えられています。


その後、Noahマシンは、リング(リム)の上13フィート(約4メートル)の場所に取り付けたKinectセンサーにより、1秒間に30回以上もバスケットボールをスキャンすることで、すべてのシュートの情報を収集するものに進化しました。

研究者がNBA、WNBA、大学、高校などのプロ・アマチュアを問わずにあらゆるレベルのプレイヤーのシュートを徹底的に分析したところ、リングへのボールの進入角度に大きな特徴が見つかったとのこと。リングへの進入角度は「45度」が最もゴールの確率が高く、それ以下でもそれ以上でもシュート成功率は低くなることが判明したそうです。


さらに分析を重ねた結果、ボールの中心がリングの縁から11インチ(約28センチメートル)の場所を通過する場合にシュート成功率が高まることも判明。リングの中央である縁から9インチ(約23センチメートル)よりも少しだけ奥を狙う方が良いシュートということが分かりました。


なお、正確に言うとシュートの角度・リングの縁からの距離はシュートを打つポイントによっても微妙に異なることが分かっています。


ちなみに、2年連続NBAのMVPを獲得したステファン・カリーの2014年シーズンのシュートの進入角度の平均値は「46度」。これは、身長188センチメートルとNBAプレーヤーの中では小柄なカリーが大男たちの頭上を越えるシュートを放つ必要があることから45度をわずかに上回っていると考えられています。


しかし、基本的には「45度の角度で入るように、リング中央よりも少し奥を狙う」というのが最も成功率の高い「理想のシュート」であるのがNoahプロジェクトの結論だとのこと。とはいえ、理想のシュートの条件が分かったところで、それがどんなシュートなのかを体感することは非常に難しいものです。そこで、Noahプロジェクトから誕生したのが、自分のシュート情報を即座に教えてくれるマシン「Noah」です。

Noahがどんなマシンなのかは、以下のムービーを見ればよく分かります。

What is Noah Basketball? - YouTube


バスケットボールの理想のシュート進入角度は「45度」であることが研究で分かっています。


コートでプレイヤーがシュートを打つと、即座に「45度」という音声が流れました。


次のシュートでは「46度」


コートサイドの壁に取り付けられた黒い箱のようなマシンがNoah。Noahは、コートで放たれたシュートをスキャンして、即座に進入角度などを割り出して音声でアナウンスする機械です。


Noahの情報を手がかりに理想のシュートとの隔たりを理解することで、プレイヤーは体の使い方を微修正することができ、トレーニングでこの修正を繰り返すことで、理想のシュートを体に覚え込ませることが可能というわけです。


さらに、研究ではリングの縁から11インチ(約28センチメートル)の場所をボールが通過するときにシュート成功率が最も高いことも分かっています。


Noahはリングの縁からどれくらいの場所をボールが通過したかを判定することも可能。角度とともに、ボールを落とす位置についても練習で体感することができます。


専用アプリですべてのシュートのログ情報を保存可能なので、自分のシュートのクセを知り、理想のシュートに近づけるためのメニューを考えるのにも役立てられます。


Noahを製造するNoah Basketballによると、理想的なシュートを放つプレイヤーは、高校生では10%未満。大学生では50%、NBAでも85%とのこと。


Noahを使えば、理想的なシュートを身につけられるため、大学の強豪校やNBAチームですでに導入されています。


理想のシュートトレーニングマシンNoahは、本体価格が4599ドル(約49万円)で、アプリのデータ解析プログラムが月額100ドル(約1万700円)で提供されています。

Noah Basketball Shooting System | Basketball Technology
http://www.noahbasketball.com/products?utm_referrer=http%3A%2F%2Fwww.noahbasketball.com%2F

なお、NBAにおける3ポイントシュートの割合は、年々上がっていることがデータから分かっています。史上最高のスモールフォワードと言われるラリー・バードの3ポイントシュートのシーズンベストが「98」だったのに対して、カリーは2015年-16年シーズンで「402」という驚異的な記録を出しています。正確なシュート技術の習得に果たす、科学・テクノロジーの貢献度は大きいと言えそうです。

・関連記事
日本ハムファイターズが大谷選手に入団を決意させた資料をネットで公開 - GIGAZINE

メジャーリーグでライバル球団の選手情報をハッキングした疑いがありFBIが捜査中 - GIGAZINE

世界中の17のスポーツリーグとJリーグや日本プロ野球を比較、観客動員数や給料額はどれくらいのレベル? - GIGAZINE

世界で最も健康な96歳の高齢スポーツマンが語るトレーニングとその「メリット」、そして社会の姿とは - GIGAZINE

「筋肉」に関してあまり知られていない10の事実 - GIGAZINE

大リーグの球団はどのようにして日本のトップ選手との契約を商業的利益に変えているのか? - GIGAZINE

プロスポーツ選手の視線が重要な局面で空間のある一点に定まる「Quiet Eye(視線固定)」はどのようにして起きるのか? - GIGAZINE

ダイエットや健康的な生活を続けるためアナログスマートウォッチ「Withings Activité Pop」を約2カ月使ってみました - GIGAZINE

252

in ハードウェア,  動画, Posted by logv_to