動画

ファミコン用コントローラー「パワーグローブ」を使ってジェスチャーだけでドローンを自在に操る猛者が登場


ドローンの中にはスマートフォンやタブレットをコントローラー代わりにして操作できる機種が存在しますが、ハッカーのノーラン・ムーアさんはなんと、1990年に発売されたファミリーコンピュータ専用コントローラーのパワーグローブを使い、ジェスチャーだけでドローンを操縦しています。

Nintendo Power Glove Controls Drone - YouTube


青色のシャツを着ている男性が、ムーアさん。


腕に装着したパワーグローブのボタンをポチッと押すと……


回転翼が動き出して、ドローンが空中に浮かびます。


ドローンはパワーグローブを装着した手をグッと握っていると空中で停止して……


パッと手のひらを開くと、ホバー移動を開始します。


手を握ったままこぶしを傾けることで、ローリングピッチングが可能。


これを駆使してドローンを狭いスペースの中で自由自在に動かすムーアさん。


さらに、指を上方向に立てると、ドローンが高度を上げます。


また、指を立てたままこぶしを回転させることで、ヨーイングが可能です。


指を下方向に向ければ、ドローンを急降下させることもできます。


最後は手元のパワーグローブのボタンを押して、ドローンを停止させました。


なお、これはパワーグローブを改造してドローンやロボットなど「あらゆるものを操作可能にしたい!」という夢を叶えるためにムーアさんが行っている、「Power Glove Universal HID」というプロジェクトの中で行われたデモのひとつ。プロジェクトの詳細は以下のページにまとめられており、パワーグローブにはワイヤレス通信機能やモーションコントロール機能が追加されています。

なお、改造を施す過程などは以下のページから詳細に見られるようになっています。

Power Glove Universal HID • Hackaday.io
https://hackaday.io/project/8455-power-glove-universal-hid


ムーアさんがパワーグローブに改造を施そうと考えたのは、「偶然パワーグローブをオークションで入手したから」だそうです。


パワーグローブを改造するにあたり、ムーアさんは内部の基板などを一新。そして、マイクロコントローラーやLiPro充電池、Wi-Fi、その他IMU、センサー各種を搭載したそうです。


なお、改造版パワーグローブに使用されたパーツは、パワーグローブ本体・小型マイコンボードのTeensy LC/3・Wi-FiモジュールのESP8266・Flex Sensor 2.2・ジャイロセンサー等が搭載されたAltIMU-10 v4・レギュレーターのS7V8F3・2000mAhのバッテリーパック。


指部分に「曲げ」を検知するためのセンサーである「Flex Sensor 2.2」が搭載されており、これにより「こぶしを握った状態」や「指を立てている状態」が検知できるようになっています。


なお、改造版パワーグローブを使用したドローンのテスト飛行時の様子を収めたムービーも公開されています。

Power Glove UHID - First Test - YouTube

・関連記事
狙ったポイントにルアーを落とせる釣りドローン「Fishing Master」 - GIGAZINE

世界12カ国を回ってドローンで撮影した美麗な4Kムービー「AIRTime」 - GIGAZINE

ドローンの世界選手権「Drone Racing League」は観客がスマホやVRヘッドセットでレースに参加可能なリアルライブイベントになる - GIGAZINE

どのドローンが一番キレイな画質なのか、空中撮影画質比較ムービー - GIGAZINE

60kgの荷物を持ち上げる巨大ドローン「メガコプター」がギネス新記録を樹立 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logu_ii