メモ

謎の巨大な球体が出土し「未発見の文明の痕跡」と発表されるも専門家の意見は分かれる


東ヨーロッパのバルカン半島北西部に位置する共和制国家であるボスニア・ヘルツェゴビナで、半径がおよそ1.2メートルから1.5メートルある、高濃度の鉄分を含有する「石の球体」が発見されました。発見者である考古学者のSemir Osmanagic博士は「1500年以上前の文明で作られた人類最古の球体かもしれない」と主張していますが、専門家の間では自然現象の「コンクリーション」ではないか、など意見が割れています。

Semir Osmanagic claims boulder in Podubravlje is the world's oldest man-made sphere | Daily Mail Online
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3527997/Is-rock-proof-lost-European-civilisation-Archaeologist-claims-spherical-boulder-world-s-oldest-man-sphere-used-healing.html

Mysterious giant sphere unearthed in forest divides opinion
http://www.telegraph.co.uk/news/2016/04/11/mysterious-giant-sphere-unearthed-in-forest-divides-opinion/

謎の石の球体が発見されたのはボスニアのZavidoviciという町近くに位置する森の中で、球体は高濃度の鉄含量を持つことがわかっています。発見したOsmanagic博士は、1500年以上前に存在した未発見の文明を証明する痕跡である可能性を指摘しています。もともとこの付近は同様の多数の石の球体が存在していた場所だそうですが、「球体の中に金塊が隠されている」という都市伝説が出回り、1970年代までにほとんどが破壊されてしまったとのこと。

Osmanagic博士は以前にもボスニアのVisoko Valleyで広大な地下トンネルでつながった約1万2000年前の「ボスニアのピラミッド」を発見したことを発表した人物でもあります。ボスニア政府はOsmanagic博士に対してピラミッド発掘作業の財政的支援を行っていますが、複数の専門家は「人工物ではなく自然にできた地形」としてOsmanagic博士の主張を退けています。

そんなOsmanagic博士が新たに人類最古の人工物として「Zavidovici spehere(Zavidoviciの球体)」を発見したと発表しています。以下が発見された石の球体と、Osmanagic博士を写したもの。


この球体に対して、マンチェスター大学地球・大気環境科学科の講師であるマンディー・エドワーズ氏は、「球体は人造のものではない可能性があります。天然鉱物のセメントの堆積により形成されたものでしょう」と述べており、鉱物が局所的に発達して球体を形成する自然現象の「コンクリーション」である可能性を示しています。また、ロンドン地質学会の専門家は「球状風化」の可能性があると指摘しているとのこと。


このような自然の力による造形物は、世界各地でもその存在が確認されています。以下の記事ではアメリカ・ノースダコタ州で発見されたコンクリーションの事例や写真が掲載されており、今回のボスニアの球体と見比べることができます。

CONCRETIONS AND NODULES IN NORTH DAKOTA
https://www.dmr.nd.gov/ndgs/ndnotes/concretions/concretions.asp

ノースダコタ州のバッドランドには、以下のような球形の岩の塊がいくつも見られるとのこと。これらはコンクリーションおよびノジュールと呼ばれる岩石で、堆積岩が内部の物質の作用により団塊上、または球状に形成されます。


いくつかの塊はまるで大砲の砲弾のような完全な球体になるものもあります。玉ねぎ状に層になっている部分などは、ボスニアの球体に酷似しているのがわかります。このような形になるのは、堆積岩がミネラルを含む地下水を吸い上げて沈殿するためとのこと。コンクリーションやノジュールには鉄分を含む鉱物が沈殿することもあるため、ボスニアの球体が高濃度の鉄分を含有していることの説明にもなります。


また、チャンプ島に存在するコンクリーションによる石の球体も、以下の記事でまとめられています。

The Enigmatic Stone Spheres of Franz Josef Land - Urban Ghosts
http://www.urbanghostsmedia.com/2015/07/stone-spheres-concretion-franz-josef-land/

北極点付近のチャンプ島を含むフランツヨーゼフ諸島などでも、人造物に見える不思議な石の球体が見つかっています。以下はチャンプ島にある石の球体で、一見すると完全な球体で人造物のように見えますが、堆積岩のすき間に粒子状のミネラルが沈殿してできたものということがわかっているそうです。


別の角度から見ると、ボスニアの球体と同じ層が確認できます。


これらの石の球体は、失われた高度な文明・宇宙人・恐竜の卵・化石などの可能性を連想させますが、自然現象によるものであり、少なくとも失われた高度な文明を示す証拠ではないとのことです。

・関連記事
「死の谷」で人知れず移動する「さまよう岩」現象の謎がついに解明される - GIGAZINE

人々を自殺に追い込む謎の低周波音「Hum」の原因が明らかに - GIGAZINE

知られざるエジプトの女王「ケントカウエス 3世」の墓が発見される - GIGAZINE

ユーゴスラビア崩壊による紛争の爪あとに「決して分かり合えないもの」を感じた - GIGAZINE

あなたの知らない世界がここに、日本とはかなり違う海外の危険・禁止の標識たち - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log