ソフトウェア

Googleが電気のスイッチやボタンをピクセルにできる「AnyPixel.js」で本当に巨大ディスプレイを作成


壁に埋め込まれたボタンをピクセル化させてインタラクティブなディスプレイを作成できてしまうのが「AnyPixel.js」です。Googleの開発者たちによって無料でコードが公開されており、誰でも風船や電気のスイッチなどを使って自由に巨大ディスプレイが作成できるようになっています。

anypixel.js
http://googlecreativelab.github.io/anypixel/


AnyPixel.jsとは一体どういうものなのか?ということは、以下のムービーから確認できます。

AnyPixel.js - a web friendly way for anyone to make unusual displays - YouTube


大量に用意されたボタン。


これを、巨大な壁一面に設置していきます。


壁の背面はケーブルだらけで……


前から見るとこんな感じ。


設置が完了したボタンはカラフルに光ります。


こんな感じで、ボタンを光らせてカラフルなアニメーションを表示することが可能。


また、男性がパネルに駆け寄り……


ぴたっと体を壁にくっつけると、ボタンを押した部分から光が広がっていきます。


水しぶきがあがるように、男性がボタンを押した場所からカラフルな光が一気に広がりました。


まるで絵を描くようにボタンを光らせていく人々。


マンガのような集中線も現れました。


大人も子どももペタペタ。


大量のボタンで巨大なディスプレイを作り出すことが可能になるわけです。


ロゴを作ったり破壊したりと、さまざまな動きを見せています。


AnyPixel.jsはインタラクティブなものならディスプレイの素材となるものの種類を問いません。ムービーではボタンが使用されていましたが、電気を点灯するためのスイッチや壁に埋め込まれた風船など、何にでも応用可能。自分がこれから作ろうとしているディスプレイでどのように作品が表示されるのかをチェックできるシミュレーターも存在し、ハードウェアの設定手順などと共に公開されています


なお、AnyPixel.jsのコードは以下からゲット可能です。

GitHub - googlecreativelab/anypixel: A web-friendly way for anyone to build unusual displays
https://github.com/googlecreativelab/anypixel

・関連記事
壁を登るボルダリングをインタラクティブゲームに変える新しい遊び方が登場 - GIGAZINE

Microsoftの開発した謎の立方体「Cube」は何がすごいのか? - GIGAZINE

ゴッホの名画「星月夜」を触って動かせるインタラクティブアニメーション化したムービー - GIGAZINE

「Kinect」でリアルタイムにぬいぐるみや映写機を操るインタラクティブアート - GIGAZINE

いわし1万匹が桜とともに大水槽で舞い泳ぐ京都水族館「春を楽しむインタラクティブアート 桜といわし」を一足先に見に行ってきました - GIGAZINE

クラゲが雪のように舞い光・音・香りで彩る京都水族館「冬を楽しむインタラクティブアート 雪とくらげ」に一足早く行ってきました - GIGAZINE

直径5mの巨大球体と床に美麗な光と音による映像がプロジェクションされるニフレル「WONDER MOMENTS(ワンダーモーメンツ)」圧巻の空間ムービーいろいろまとめ - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa