レビュー

絵文字の文字コードや名前などがわからないときに入力・コピペするだけで正体が判明する「WhatMoji」

by Wicker Paradise

感情交通機関や地図のマークピクトグラフとシンボルなど、スマートフォンやPCで使われる数々の絵文字の名前や文字コードをサクッと教えてくれるのが「WhatMoji」です。「この絵文字は一体何なの……?」という長年の謎を解決してくれ、コードを書きたいのにど忘れした時にも便利なウェブサービスとなっています。

WhatMoji: Identify Emojis
http://whatmoji.com/


使い方は簡単で、文字コードや意味などがわからない絵文字を入力して「Identify Emoji」をタップするだけ。


すると、テキスト欄の下に「Here is what we could find:」という文字が現れ、絵文字の名前と注記、文字コードが表示されます。顔の上に輪っかのついた、天に召されているっぽい人を調べたところ、名前は「SMILING FACE WITH HALO(光輪のついた笑顔)」で、注釈としては天使・顔・おとぎ話・ファンタジー・光輪・純粋・人・笑顔という関連ワードが表示され、文字コードは「U+1F607」であることがわかります。なお、絵文字の名前や文字コードを表示するページのURLが「Link to these emoji:」直下のテキスト欄に表示されているので、誰かと情報をシェアしたい時はコピー&ペーストすればOKです。


さらに、日本の鬼のような顔文字を調べてみると……


名前は「JAPANESE OGRE(日本のオーガ)」で、生き物・日本・モンスターといった注釈が付けられていました。


また、マスクの絵文字も調べてみます。


名前はマスクではなく「パフォーミング・アート」だったそうです。


「このスポーツ、一体なんだっけ……?」と絵文字を見ていて疑問符が浮かんだら……


サクッと調べられるのがいいところ。フィールドホッケーのスティックとボールでした。


しかし、「大変よくできました」の絵文字を調べてみると……


「WHITE FROWER(白い花)」とだけ結果が表示されるものもあり、全ての絵文字の意味を完全に把握しているものではない様子。


丸秘の絵文字は……


「絵文字を認識できませんでした」ということで失敗。


国旗に関しても、認識されないものがありました。


一方で、18という数字に斜線が入れられた丸い絵文字は……


「18歳以下禁止のシンボル」ということで、ちゃんと名前・注釈・文字コードが表示されました。

・関連記事
同じ絵文字でも機種が違うとネガティブ・ポジティブに感じる度合いがかなり違うことが判明 - GIGAZINE

生きた「絵文字」を題材にしたハリウッド映画のあらすじが少しだけ判明 - GIGAZINE

謎の絵文字みたいなフォント「Wingdings」はなぜ存在しているのかという知られざる歴史 - GIGAZINE

「コンドームの絵文字」のUnicode公式化を目指したキャンペーンをコンドームブランドが実施 - GIGAZINE

なんと絵文字が「今年の単語」に輝いたOxford Dictionariesの「Word of The Year 2015」まとめ - GIGAZINE

in レビュー,   ウェブアプリ, Posted by logq_fa