ドローンに狙いを定め電波妨害して撃退するアンチドローンライフル銃「Dronebuster」


禁止区域を無断で飛行する無法者ドローンに対抗する手段としてさまざまなアンチドローンデバイスが開発されていて、その1つが「Dronebuster」です。Dronebusterはライフルのような形状をしており、ドローンのリモートコントロールを妨害し撃墜する機能を搭載しています。

Our Work | National Security | Tactical Systems | Battelle DroneDefender | Battelle
http://www.battelle.org/our-work/national-security/tactical-systems/battelle-dronedefender

Dronebuster will let you point and shoot command hacks at pesky drones | Ars Technica
http://arstechnica.com/information-technology/2016/05/dronebuster-will-let-you-point-and-shoot-command-hacks-at-pesky-drones/

アメリカのメリーランドで開催された展覧会「Sea Air Space」で登場したDronebusterは、非営利団体のBattelleが開発したアンチドローンデバイスで、実際に使用している様子は以下のムービーから確認できます。

Battelle DroneDefender - YouTube


「私有地につき不法侵入は起訴する」と記載された看板が映し出されました。


そこへ現れたのがタブレット装着したリモートコントローラーを操作している男性。


男性は私有地にも関わらずドローンを飛行させています。


しかも撮影まで行っていました。


そこへ登場したのがDronebusterです。スコープが付いたライフルのような形をしているDronebusterは、リモートコントローラーからの電波やGPS、ロシアが運用している測位システムのGLONASSを妨害する電波を発信し、ドローンに「帰還」もしくは「着陸」というコマンドを送ることが可能。


Dronebusterに狙いをつけられたドローンは空中でフラフラとバランスを崩しました。


Dronebusterを地面と水平になるように傾けていくと……


ドローンはゆっくりと高度を下げてきました。


リモートコントローラーでは操作不能な状態で、ドローンを操作していた人は不思議そうな表情を浮かべます。


Dronebusterが地面と完全に水平になると……


ドローンは地面に着地。


Dronebusterの有効距離は約400m。起動時間は0.1秒以下という速さで、連続使用時間は5時間となっていて、すでにフィールドでのテストを実施済みです。Dronebusterの特筆すべきポイントは、危険な飛行を行うドローンを「落下」させるのではなく、安全に「着陸」させられるというところ。アメリカ政府の関係者の中にはDronebusterの導入を考えている人がいるとのことですが、妨害電波を発信する行為自体が違法になる可能性もあり、今後の議論に期待したいところです。


Dronebuster以外にもさまざまなアンチドローンデバイスが登場しており、ソフトウェアを使ってドローンを撃墜する「SkySafe」というのもあり、SkySafeを実際に使用している様子は以下のムービーから確認可能です。

Sky Safe Anti Drone System - YouTube


画面左下の男性がドローンを操作中。


画面の右から別の男性が登場。男性の右側には大きな黒いボックスが置かれています。


男性がスマートフォンからSkaySafeを使うと、画面上に飛行中のドローンの名前が表示されました。


ドローンを選択して「DISABLE(無効化)」をタップすると……


ドローンがフラフラしながら落下し始めました。


そのまま地面にポトリ。SkySafeは正式に認可されていないドローンを検知して、ドローンの飛行機能を停止させる機能が搭載された防御システムで、すでにローンチされていて、記事作成時点では飛行テストのパートナーを募集中です。


ロンドンのヒースロー空港でドローンが旅客機に激突したり、ドローンがホワイトハウスの敷地内に墜落したりなど、危険で明らかに違法な飛行を行うドローンが増えており、こういった無法者ドローンに対してDronebusterやSkySafeといったアンチドローンシステムが有効であると考えられています。

・関連記事
殺人無人機「キラードローン」の歴史と未来 - GIGAZINE

もしあなたが無人航空機で暗殺されそうになった場合に生き残る22の方法 - GIGAZINE

マルチコプターから極秘任務の軍用機まで、アニメで見る「ドローンの歴史」 - GIGAZINE

無人機があなたを暗殺しに来てもすぐに察知して知らせてくれるデバイス「DroneShield」 - GIGAZINE

高速飛行して対象を識別しドローンを捕獲するドローン「Rapere Intercept Drone」 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse_log