動画

Windows 95をXbox Oneで起動させることに成功


Microsoftはサイズやスペックの異なるデバイスでも共通してWindowsアプリが使用できるようになる「ユニバーサル Windows プラットフォーム(UWP)」をリリースしており、2016年夏頃からはWindows 10アプリがXbox Oneで動くようになると見られています。そんな中、MS-DOS環境を再現するエミュレーター・DOSBoxを使って一足早くXbox One上でWindowsソフトウェアを、しかもWindows 95のソフトウェアやゲームを起動させる様子がYouTubeで公開中です。

Dosbox UWP port running on Xbox One. - YouTube


Xbox Oneの画面には「xdosbox」というなかなか読みづらい名称が記載されています。


×印の書かれた四角が闇に浮かんだかと思うと……


「DOSBOX」の文字が現れました。


まずは「C:\>imgmount a c:\w95.img」「C:\>boot w95.img」と入力すると……


画面の左上にWindows 95の懐かしの画面が現れます。「固まった?」と思うほど、しばらくはこの画面から変化しませんでした。


Microsoft ScanDiskが表示され……


じわじわと、ブロックが増えるかのような動きで緑色のスクリーンが広がっていきます。


砂時計アイコンが表示され待機していると、画面左下のスタートボタンのほか、マイコンピュータやネットワークコンピュータ、Internet Explorerなどのアイコンが表示されていきます。


スタート画面から……


アクセサリを選択すると、ゲーム、インターネットツール、マルチメディア、システムツール、電卓などが徐々に表示されていきます。動作はかなり遅い様子。


ようやくメニューがひとそろい表示されました。


メニュー画面に戻ると、Windows 95が本当にXbox One上で起動しているのだな、ということが実感できます。


さらに……


3D Realmsのロゴが登場。


FPSの草分け的存在である「Duke Nukem 3D」が起動しました。


これも「固まってしまったのか?」と勘違いしそうなほど長い読み込み。


非常にゆったりとした動作でゲームが始まり……


カクカクした動きでゲームが進んでいきます。


ゲームを中断して再びメニュー画面に戻りました。


全画面表示にして再びゲームを進めていきます。


強敵らしきものが現れますが……


画面が暗転。


続きはゲームを購入してね、という画面に変わりました。


最後にはちらりとゲームエミュレーターの「ZSNES」の起動画面が映り込んでいました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Windows95をウェブブラウザだけで動かせる「Windows 95 in your browser」 - GIGAZINE

10代のデジタルネイティブ世代が「Windows 95」を初体験するとこうなる - GIGAZINE

Windows 95をApple Watchにインストールして起動することに成功 - GIGAZINE

「Windows 95」を使ってインターネット上で初めて彼女を作った時の話 - GIGAZINE

Windowsの電源オフ時に「コンピューターの電源を切る準備ができました」と表示される理由とは? - GIGAZINE

WindowsXPのあの「草原」壁紙はCGではなく、なんと現実に存在するリアル風景だった - GIGAZINE

あのWindows98がブラウザで動かせる「Windows 98 - Virtual x86」 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.