乗り物

火災事故で廃車寸前になったレトロなフェラーリを最新のEVに変身させた「308 GTE」が誕生


流麗なボディを持つレトロなフェラーリの中身を、ガラッと最新式のEV(電気自動車)に生まれかわらせた「308 GTE」と呼ばれる車両がアメリカで誕生しています。

Introducing the World's 1st 100% Electric Ferrari 308 GTE - YouTube


製作者が「世界初の100%EV化されたフェラーリ308 GTE」という車両がコレ。1975年生まれの「308 GTB」の派生モデルで1977年に登場した「308 GTS」が最新式のEVとして生まれかわったわけですが、外観からは全くといっていいほど見分けがつきません。


タイヤスモークをあげながら迫力の走りを見せるフェラーリ


しかし、走行音はビックリするぐらい静か。ベースとなった308 GTSはV8エンジンを搭載していますが、EV化された308 GTEでは自慢のフェラーリサウンドを味わうことはできないようです。


聞こえるのは、風切り音と路面からのロードノイズぐらい


オリジナルの車両は「フェラーリ308 GTS」だったのですが、EV化されたことでモデル名を「GTE」にチェンジ。エンブレムも、まるで純正品のような仕上がり。


間違いなくEVであることを示す証し。EV用のチャージャーが1977年生まれのフェラーリに刺さるという不思議な光景。


エンジンルームには巨大なモーターとバッテリー。


メーター周りはオリジナルを踏襲している模様


ボディサイドに書かれた「electric GT」は、フェラーリをEV化してしまった企業の名称。フェラーリを始め、多くの自動車デザインを手がけるカロッツェリア「ピニンファリーナ」のロゴデザインを踏襲しているようです。


タイヤから白煙を上げながらドーナツターンを披露。両方の後輪ではなく、内側だけが空転しているのが少し気になるところですが、開発者によると「エミッション(排出ガス)はタイヤスモークだけ!」というエコなフェラーリになっているのでした。


世界初の「EVフェラーリ」を作ってしまったのが、カリフォルニアに拠点を構える「Electric GT」です。このメーカーではフェラーリ308 GTEのほかに、「フィアット124スパイダー」をEVにした車両も扱っているとのこと。

Electric GT: Home Of The First Fully Electric Ferrari
http://www.electricgt.com/


ベースになったのが、車両火災で見るも無惨な状態になってしまった308 GTS。ガソリンタンクからの漏れが原因で火災を起こし、普通なら廃車になる車両を引き取ってEV化させることにしたそうです。


レストアを通り越してEV化するに至った経緯などがElectric GTのYouTubeムービーで語られているほか、詳細なレストア風景なども同社のYouTubeチャンネルでいろいろと見てみることが可能です。

Making the Electric Ferrari Video Series - E01 - Restoration and Conversion Begins! - YouTube

・関連記事
F1レーサーに「雨で乗りたくない」と言わしめたあのフェラーリF40を雪山で爆走させるとこうなる - GIGAZINE

フェラーリ・エンツォやベントレーコンチネンタルでラリーに挑戦するムービー - GIGAZINE

テスラを追う新興EVスタートアップ「Faraday Future」がコンセプトカー「FFZERO1」を発表 - GIGAZINE

全自動でドリフト走行できるデロリアン「MARTY」をスタンフォード大学が公開 - GIGAZINE

in ハードウェア,   乗り物,   動画, Posted by logx_tm