ジャケ買い感覚で本を次々見て読みたい作品を見つけられるアプリ「BookStorm」

By amanda tipton

世の中にはすでに一生かかっても読み切れないほどの本が存在しますが、本の表紙をスワイプで次々表示していくことで、気になる作品を素早く見つけ出して購入できるアプリが「BookStorm」です。

BookStorm – Speed Date Books!
http://bookstormapp.com/

BookStormのiOSアプリ・Androidアプリ・ウェブアプリはいずれも無料で利用可能です。

BookStorm - Speed Date Books on the App Store
https://itunes.apple.com/us/app/bookstorm-speed-date-books/id1084833701

BookStorm - Speed Date Books - Google Play の Android アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.canonofman.bookstorm

BookStorm
http://web.bookstormapp.com/#/menu/stream

今回はiOSアプリをインストールしてどんなアプリなのか試してみます。


アプリアイコンはこんな感じでシンプルなデザイン。


アプリを開くと、さっそく本の表紙が表示されました。


特に興味をひかれなかった場合は、左右どちらでもいいのでスワイプすればOK。


また後ろから新しい本の表紙が登場します。表示される本は英語のみの模様。


表紙をめくっていき、気になった本が見つかったら画面下側の電球アイコンをタップ。


すると本のあらすじや最初の数ページを読むことができます。


内容もわかったところで「これは買い!」となった場合は、さらに下へスクロールすると著者の詳細やAmazonのリンクが設置されています。「BUY ON AMAZON」を押せば商品ページが開くので、ポチっと買ってしまえば気になる本が手に入るわけです。


なお、BookStormは素早く本を発見できるだけでなく、ほかのユーザーに自分のお気に入りの本を教える機能もあります。まずは「+」ボタンをタップ。


すると「TITLE, AUTHOR, ETC.(本のタイトル・著者・その他)」や、テキストまたは写真で本の一部を引用する「SNIPPET(抜粋)」、引用部分に対するコメントを書く「YOUR COMENTARY(あなたのコメント)」などの入力欄が表示されます。全て入力したら、「Submit!」でリクエストが送信されます。全部ではないものの、BookStormユーザーがパラパラめくるリストに、いつかあなたのお気に入りの本が追加されるかも。記事作成時点では英語のみ対応ですが、日本語の書籍もぜひ追加してほしいところです。

・関連記事
本を読むときに頭の中で「声」が聞こえる人と聞こえない人がいることが判明 - GIGAZINE

本棚と一体化したベッドで読書しながら寝落ちできる泊まれる本屋さん「BOOK AND BED TOKYO」 - GIGAZINE

電子書籍が登場するまでに起きた読書に関する革命的出来事とは? - GIGAZINE

バッテリー内蔵のレザーケースで数カ月の連続稼働が可能な「Kindle Oasis」の画像がリークされる - GIGAZINE

「Kindle Oasis」に隠されたBluetoothチップ搭載の可能性、Amazonのオーディオブック「Audible」と連携か? - GIGAZINE

189

in モバイル,   ソフトウェア, Posted by darkhorse_log