試食

第4の朝食としてポテトチップスを定着させたい湖池屋の「ポテトチップス トースト味&牛乳味」を食べてみた


朝食といえば米、パン、グラノーラが定番ですが、湖池屋が第4の朝食として加えようとしているのが「朝用ポテトチップス」。2015年にはもも味とバナナ味のポテトチップスで仕掛けましたが、2016年は「朝食に定着させる」ことを目的として、トースト味と牛乳味のポテトチップスが登場することになりました。発売は5月30日ですが、一足先に食べてみることにしました。

びっくりパンの“あさ”できた!? 『ジャガイモベーション』で“あさ”が変わる? 「トースト味」と「牛乳味」のポテトチップス
http://koikeya.co.jp/news/detail/736.html

左が「ポテトチップス トースト味」、右が「ポテトチップス 牛乳味」。


トースト味は「本物にそっくりな、食パンを焼いたときの香ばしい香りにびっくり?!」という品。


トーストっぽい原材料は特に見当たりません。


1袋で284kcal。


一方、牛乳味は味や香りを再現している模様。


こちらは「乳又は乳製品を主要原料とする食品」が入っています。


トースト味と同じく、1袋284kcal。


一気に皿にあけてみました。


左側がトースト味、右側が牛乳味。見た目はほぼ同じ。


牛乳味にはわずかに白い粒がついています。


トースト味は、こんがり焼いたトーストの表面を切り取ったかのような味わい。トーストの内側のもちもちした部分はありませんが、カリカリ食感と、バター風味の味わいはポテトチップスとしても十分にアリ。また、塩味が抑え気味なのか、とてもライトなポテトチップスで、「朝用ポテトチップス」として成功している感じがしました。


牛乳味は、ポテトチップスらしからぬ牛乳っぽい香りと甘みがあって、一瞬戸惑います。しかし、「雪の宿」のように甘口のせんべいがあるように、決して合わないわけではありません。朝用ポテトチップスに向いているかどうかはわかりませんが、こういった甘口ポテトチップスもまたアリ。


ちなみに、袋の後ろにはそれぞれレシピが書かれています。トースト味の「ピザトースト風」はいかにも合いそう。


牛乳味は「バナナパフェ風」。この甘みはバナナと合うこと間違いなさそう。

・関連記事
「新しい朝食」として湖池屋が考案した朝ポテチ「もも味&バナナ味」を実際に食べてみた - GIGAZINE

ショートケーキの再現度の高さに驚く「ポテトチップス 苺のショートケーキ味」を一足先に試食レビュー - GIGAZINE

森永ミルクキャラメルをポテトチップス化した「ミルクキャラメルポテトチップス」試食レビュー - GIGAZINE

チーズ味のポテチが途中でティラミス味に変化するコイケヤ「じゃが味+」を食べてみた - GIGAZINE

オリーブオイルをかけてノンフライなのに揚げたてを実感できるポテトチップス「Pototto+」を食べてみました - GIGAZINE

揚げたてポテトチップスのパリパリ食感&じゃがいもの風味を存分に味わえる「湖池屋工場直送便 ポテトチップス うすしお味」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by logc_nt