取材

「マチ★アソビ vol.16」全記事一覧まとめ


アニメ・ゲーム・マンガなどに関連するキャストとスタッフのトークショーやライブ、パネル展示、PV上映といったものから、釣り大会やパン教室、綱引など何の催しか分からないようなものまで、ぎっしりと詰まったイベント「マチ★アソビ vol.16」が2016年5月3日から5月5日まで開催されます。

会場は徳島市中心部を流れる新町川沿いにある、「新町橋東公園」「両国橋西公園」や「しんまちボードウォーク」「東新町アーケード」「ポッポ街商店街」「ufotable CINEMA」など。一部、整理券が必要なイベントもありますが、多くのイベントは無料で観覧可能です。今回もその様子を3日間にわたって追いかけていきます。

マチ★アソビ vol.16 2016.05.03~05.05開催
http://www.machiasobi.com/

◆2016年05月03日 11時50分00秒
大行列で完売必至の「刀剣乱舞」「劇場版Fate/staynight」「テイルズ」の豪華イラスト付き限定記念入場券


◆2016年05月03日 12時40分00秒
アニメやゲームの超レアグッズに10万円超えの値が次々飛び出したマチ★アソビvol.16「チャリティオークション」


◆2016年05月03日 13時01分00秒
世界で一番早いタイミングでの上映が行われた「planetarian世界最速冒頭5分上映会」を見てきた


◆2016年05月03日 14時37分00秒
刀剣男士やFateなどの美麗な巨大イラストを船から見上げる「橋の下美術館」


◆2016年05月03日 15時00分00秒
「キズナイーバー」「キルラキル」「ブブキ・ブランキ」など人気アニメの原画やメイキングムービーが見られるウルトラスーパーピクチャーズブース


◆2016年05月03日 15時20分00秒
アニメと実写が融合した阿波おどりポスター2016年最新作発表


◆2016年05月03日 18時30分00秒
【コスプレ写真集まとめ】フリーダム過ぎ&かわいすぎな「マチ★アソビ vol.16」のコスプレイヤーたち


◆2016年05月03日 18時45分00秒
「月に1回ハッカドールに会える」などぶっ飛んだ月額課金サービスを中の人が自ら考えたハッカドールのスペシャルイベントレポート


◆2016年05月03日 19時20分00秒
元ラガーマンも制作に携わる、史上初の本格ラグビーアニメ「ALL OUT!!」トークショー


◆2016年05月03日 20時23分00秒
「おへんろ。」声優の3人がまさかのセブン‐イレブン1日店長に就任、暴風雨にも負けないファンの集結っぷりに脱帽


◆2016年05月04日 00時08分00秒
クマを奉る神社に仕える巫女が戦慄のイラストを公開した「熊出村 村おこしプロジェクト in 徳島」


◆2016年05月04日 10時36分00秒
「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」のミクリオ&ライラが観光案内してくれるロープウェイに乗ってみました


◆2016年05月04日 14時12分00秒
「人生やり直しツアー」に参加した30人が巻き起こす謎が謎を呼ぶ群像劇「迷家‐マヨイガ‐」特別トークショー&上映会


◆2016年05月04日 15時40分00秒
手を伸ばせば本当に美少女に触れそうなVRモード搭載アプリ「オルタナティブガールズ」のスペシャルステージ


◆2016年05月04日 16時00分00秒
声優の逢坂良太さん&下屋則子さんがJR徳島駅の一日駅長に就任、特急「うずしお」出発式&トークショーレポート


◆2016年05月04日 21時10分00秒
アニメ&ゲーム業界の未来を背負う若手プロデューサーが三度徳島に集結、自らの野望を振り返り新たな公約も発表


◆2016年05月04日 21時14分00秒
「Fate/Grand Order」のウェブマンガを痛車にした「Fate/ぐだぐだレーシング」


◆2016年05月04日 23時08分00秒
世界初の石膏像アイドルのひとりが開発に1000年もかけて作った税込38万円もする「トリスメギストス」が来場者プレゼントになった「石膏ボーイズ」一挙上映会


◆2016年05月05日 01時12分00秒
まるで本物の服のようにチャックで脱がせられる抱き枕が披露された「蒼の彼方のフォーリズム」トークイベント


◆2016年05月05日 14時06分00秒
歌手も馬もプロデューサーも晴天下を駆け抜けた「マチ★アソビRUN」2回目の様子はこんな感じ


◆2016年05月05日 14時30分00秒
「刀剣乱舞-花丸-」ティザーPVが解禁に


◆2016年05月05日 17時15分00秒
「女の子がダンスで世界を救う」という青春ダンスアニメ「ポッピンQ」公式説明会&トークショーレポート


◆2016年05月05日 20時43分00秒
「異能力バトルのボンズ」から生まれたアニメとは? - GIGAZINE


◆2016年05月05日 22時30分00秒
華やかな衣装を身にまとったコスプレイヤーが大集結した「コスプレファッションショー」写真まとめ


◆2016年05月06日 01時24分00秒
1000円で日本酒飲み放題&声優さんにお酌までしてもらえた「清桜 トーク&飲み会」イベントは満足度抜群


◆2016年05月07日 19時39分00秒
ほぼ新作カットのみで「COCOLORS」新PV完成、本編は2016年秋公開予定


◆2016年05月08日 15時00分00秒
令呪を宿したスタッフがゲーム開発裏話&新情報も発表した「Fate/Grand Order」トークイベント - GIGAZINE


GW前の週間天気予報では5月3日・4日には降雨の予想が出ていましたが、前日になると、3日は風はあるものの天候はなんとか夜まで持ちそうということで、イベントはほぼ予定通り実施されることに。


JR徳島駅あたり、天気は薄曇り。


風の影響で、眉山ロープウェイは運転見合わせとなりました。


東新町のアーケードには整理券待ちの行列が。


開会式
開会式はマチ★アソビ総合プロデューサーの近藤光さんと、声優でとくしまアニメ大使の中村繪里子さんが担当。


中村さんは前日に徳島入りして、すだち酎を堪能。この日は「すだち色」の衣装で登場しました。


ロープウェイが強風で停止しているため、予定していた3日のガイドアナウンスを阿波おどり会館2Fで流すことが発表されました。

現地はこんな感じになっているそうです。

アナウンス自体についても、当初は3日が「Fate/Grand Order」、4日・5日が「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」の予定でしたが、4日「テイルズ」・5日「Fate」に変更になったとのこと。

また、ノベルティについてもチケット購入での対応が行われることに。


開会式にはゲストとして声優・江原裕理さんも登場。江原さんは2016年3月に高校を卒業して上京。現在はマウスプロモーションの養成所に通っているとのこと。また、同時にユーフォーテーブルの社員となって、制作の手伝いもしていて、タイムシートを見ながら仕事をしているのだとか。この情報には中村さんも驚いていました。


ちなみに、中村さんはとくしまアニメ大使として広報用フリーペーパーの表紙を務めたことがありますが、その続編企画が持ち上がっているとのこと。また、大使の仕事として監修を行った「とくしまいちごばあむ」は今回が最終企画だとのことなので、気になる人はぜひこの機会に手に入れてください。


数少ないマチ★アソビ皆勤賞達成者である五十嵐裕美さんも徳島入り。本日はあちこち多数のイベントに参加予定です。

私のマチアソビVol.16がはじまる…

五十嵐裕美さん(@hiromi_ig)が投稿した写真 -


・15時27分追記
ギリギリのところで保っていた天気が14時前後から崩れ始めたため、イベントの場所や時間が変更になっています。注意してください。

新町橋東公園→ufotable CINEMA前
15時30分~:「グリモア」トークショー
16時15分~:「Tokyo 7th シスターズ」トークショー
17時00分~:SEGA feat. HATSUNE MIKU Project 徳島まで来て“と~くしま”した。 Vol.3
17時45分~:Machicoスペシャルライブ
18時30分~:牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-公開直前スペシャルステージ
19時15分~:大喜利対決トゥナイト~神風動画 VS CC2 VS サンジゲン~

このため、ufotable CINEMA前は大変なことに……。ここに人が集まっている間に、他のところを見て回るというのも手です。


会場風景
東新町アーケードには「歓迎 アニメの祭典 マチ★アソビ 東新町商店街」の幕が掲げられました。


大混雑のufotable CINEMA前


入口では「魔女っこ姉妹のヨヨとネネ」のヨヨさんとネネちゃんがお出迎え。ただし、エントランスで行われるイベントも多々あり、不在のことも。


その映画館のロビーに入ったところで……


アニプレックスプラスのフィギュア展示が行われています。


「Fate/Grand Order」シールダー マシュ・キリエライト(1/7スケール 税込1万3000円 2017年3月発売予定 予約受付中)


小さい方は「Fate/Grand Order」きゃらふぉるむ+ シールダー マシュ・キリエライト(税込4800円 2016年10月発売予定 予約受付中)


隣にはセイバーも。


「Fate/Grand Order」セイバー アルトリア・ペンドラゴン(1/7スケール 豪華版税込1万8000円 通常版税込1万4000円 2017年1月発売予定 予約受付中)


「Fate/Grand Order」きゃらふぉるむ+ セイバー アルトリア・ペンドラゴン(税込4800円 2016年8月発売予定 予約受付中)


映画館の向かいにあるスペースでは「献血で愛があふれる国になれ」ということで、献血キャンペーンを実施中。400ml献血を行うと3点のポスターがもらえます。


ここも、時間帯によっては長い行列ができます。


そしてアーケード内はこんな感じ、イベント前後などに、一気に人通りが増えることがあります。


ufotable cafeは食事でどうしても時間がかかるため、行列が階段の下までのびていました。


ボードウォークのアニプレックスパラソル


トークイベントにやってきたゲストの方々が色紙を残していて、撮影OKになっていました。これは川澄綾子さん、種田梨沙さん、「ハイスクール・フリート」原案の鈴木貴昭さんのもの。


さらに、「ハイスクール・フリート」万里小路楓役・中村桜さん、若狭麗緒役・清水彩香さん、ヴィルヘルミーナ役・五十嵐裕美さん、立石志摩役・古木のぞみさんのもの。


2日目・5月4日は天気が非常に良く、新町川沿いは人だらけとなりました。これは、メインイベント会場の1つ・新町橋東公園を、下流にあるふれあい橋から見たところ。新町橋の上まで人がぎっしり。


その新町橋から手前のほうへ続くボードウォークにはパラソルショップが並び、お客さんがギッシリ。ここで、ブースごとのイベントが行われることもあって、通り抜けるのがなかなか大変。


これはボードウォークの対岸側で、コスプレ撮影スペースとなっている場所(新町川水際公園)。


どんなコスプレイヤーさんがいたのかについてはこちらの記事を見てください。

【コスプレ写真集まとめ】フリーダム過ぎ&かわいすぎな「マチ★アソビ vol.16」のコスプレイヤーたち - GIGAZINE


コスプレイヤーの方々のほか、痛チャリが並んでいて、まるで展示会のような状態に。


対岸側から見たパラソルショップ。ちょうど正面右側の建物の2階がufotable cafeで、建物前のパラソルがufotableのショップ。今回は限定グッズなどの販売もあり、すごい行列が形成されていました。


続いて、ふれあい橋から両国橋西公園方面を見たところ。阿波銀行の建物の向こう側に公園があります。


この並びには囲碁・将棋・連珠のブースがあって、対戦が行えるようになっていました。


両国橋から見た、両国橋西公園。ちなみに、方角でいうと新町橋東公園が西側に、両国橋西公園が東側にありますが、新町橋が上流(西)、両国橋が下流(東)にあり、橋を基準に命名されているため、まるで逆のように感じる名前となっています。


ふれあい橋を挟んで、パラソルショップがぎっしり並んでいるというわけです。


なお、両国橋西公園の対岸もまたコスプレ撮影スペースに。


ここにはひょうたん島遊覧船の乗り場があり、「橋の下美術館」へ旅立つことができます。


綱引き大会
ボードウォークのCreators in Packブースでは、なんと綱引き大会が行われました。これはCreators in Packのはたなかたいちさんが企画したもの。


マチ★アソビ開催期間の全3日間にわたって綱引き大会が行われており、訪れた際には「どうしても干支にはいりたい」のネコが参戦していました。


2対2に分かれて綱を引っぱり……


右側の少女2人チームが勝利!


綱引き大会に参加すると、うちわや缶バッジなどのグッズをもらえるようでした。


さらには1対1のバトルも開催。


事前登録ありで開催された4対4のトーナメントモードでは、優勝チームに「綱引き王」の力強い文字が書かれたトートバッグが贈られました。


業界関係者トークイベント
2日目夜には、マチ★アソビの皆勤イベントである「業界関係者トークイベント」が開催されました。「(誰かに)言わない、(ネットに)書かない、(Twitterなどで)つぶやかない」という鉄の掟のもと、口外厳禁・門外不出の内容が語られる恒例のイベントです。


今回もまた、豪華なゲストを招いてのトークが繰り広げられました。これはイベント終了後の1枚。


閉会式
最終日、綾野ましろさんのライブが終わった15時すぎからは閉会式が行われ、「マチ★アソビ vol.17」が2016年10月開催であることが発表されました。


回を重ねるごとに催し事がパワーアップしていくマチ★アソビ。次回はどんな進化を遂げるのでしょうか。


最後は集合写真で締め。


この写真の撮影風景はこんな感じでした。


劇場版「牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-」公開直前スペシャルステージ
2016年5月21日に公開される劇場版「牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-」の林祐一郎監督(写真中央・青い服の男性)が登壇し、作品やキャラクターの魅力を語ってくれました。


大喜利対決トゥナイト~神風動画 VS CC2 VS サンジゲン~
恒例のイベントとなりつつある神風動画とサイバーコネクトツーによる大喜利対決に、新たにサンジゲンが参戦。今回もまた、大人たちが全力でバカをやらかす大喜利大会となりました。ちなみに、ネタを描いている最中は真剣そのもの。写真、左端から神風動画の水崎淳平さん、横嶋俊久さん、サイバーコネクトツーの松山洋さん、米村友希さん、スケッチブックをめくっているのがサンジゲンの瓶子修一さん、青いシャツが松浦裕暁さん。


勝敗はお客さんが決めるのですが、1位を決めようとするとみんなが遠慮してほぼ同数の拍手になることが多いということで、「最もダメだった会社にブーイングをする」ということで敗者を決めて、その会社がかっこいいTシャツを作り希望者に配布するという罰ゲームが実施されることになったわけですが……


今回はサイバーコネクトツーに圧倒的多数のブーイングが集まる結果になりました。


ufotable15周年展図録サイン会
2015年9月にマチ★アソビ vol.15開幕と同時に徳島で始まったufotable15周年展の図録が2016年3月に完成し、東京アニメセンターでufotable15周年展が始まると同時に販売がスタート。

今回は、図録を購入した人に対して、3日間にわたってサイン会が行われました。メンバーは5月3日が近藤光・野中卓也・瀬来由加子、5月4日が野中卓也・小船井充・茂木貴之、5月5日が小船井充・茂木貴之・瀬来由加子。この写真は5月3日のもので、中央にちらっと野中さんが映っています(座っている水色シャツの男性)。


ゼーガペイン 上映会&スタッフトークショー@徳島サーバー
2006年に放送され、今年が10周年にあたるテレビアニメ「ゼーガペイン」。AnimeJapan 2016で10周年プロジェクトとして「ゼーガペイン Adaptation」劇場上映など3大発表が行われましたが、マチ★アソビでも10周年を盛り上げる上映会&トークショーが行われました。

登壇したのはサンライズ 広報担当の渋谷誠さん、バンダイビジュアル 宣伝担当の廣岡祐次さん、サンライズ制作部 第7スタジオ 設定制作の泉英儀さん。


上映会では第3話「デフテラ領域」・第6話「幻体」・第11話「残るまぼろし」・第16話「復活の戦場」の4話に下田正美監督が若干の編集を加えた「サンライズフェスティバル2012セレクション版」が上映されました。

上映後は、10周年を振り返って、こうして2006年に放送されたアニメが今でもイベントで上映できたりするのは、10年間支持してくれたファンの方々のおかげだという話がありました。サンライズフェスティバルでも、ほとんどの作品は特定話数のセレクション上映を行う中で、ゼーガペインはスタッフのこだわりがつよく、2015年版では編集が入って、音も変わったところがあり、まるで新作総集編のような状態になっていたのだそうです。


現在は「ゼーガペイン Adaption(ADP)」に向けての作業が行われているとこと。デザインディレクターの幡池裕行さんが毎週打ち合わせに参加しては新たなアイデアを出してくれているほか、脚本の関島眞頼さん、メカニックデザインの中原れいさんらも作品に参加予定だとのこと。

ゼーガペインADPには新キャラクターが何人か登場することがすでに明かされていますが、今回、マチ★アソビの会場ではそのカラー版デザインが初めて公開されました。


下はAnimeJapanで公開されたときのもので、キョウの中学時代の先輩・コハクラ。

©サンライズ・プロジェクトゼーガ

ゼーガペインといえば夏の物語。この10周年の夏は記念イベントとBD-BOX発売で、熱い夏となりそうです。


宅野誠起監督 お渡し会
2016年に放送が決定しているアニメ「うどんの国の金色毛鞠」の「スタッフブック1」か、2015年4月から放送された「山田くんと7人の魔女」のPV作監修正集を購入した人向けに、両作品の監督である宅野誠起さんによるお渡し会が行われました。


会場となった店舗の前にできた行列。


宅野監督は「石膏ボーイズ」一挙上映会の直後にかけつけました。上映会時は顔に模様が入ったようなメイクをしていましたが、その完全版がコレだったというわけです。


キービジュアルを挟んで、宅野監督と柴宏和プロデューサー。


◆ゆるキャラ
マチ★アソビには、徳島県マスコットキャラクターすだちくんを始めとして、数々のゆるキャラも参加していました。ufotable CINEMA前ですだちくんに遭遇。


アニメイト徳島店で買い物をした後だったようで、アニメイトの青い買い物袋を手に持っていました。


ガンスリンガー ストラトス」のまぐまは、マチ★アソビRUNのゲストランナーとしても参加。


うーさーのその日暮らし」のうーさーと、「刀剣乱舞」のこんのすけが2匹で東新町商店街にいた際は、多くの人が足をとめて撮影していました。


食べ物
両国橋西公園に出店していたのが半田そうめん(白滝製麺)。いりこだしの温(500円)と、干しエビがきいた冷(600円)があり、今回は600円を選択。具材は同じで、小松島のちくわを使った磯辺揚げ、温泉卵、すじ青のり。飲み物はご当地エナジードリンクのアワライズ(150円)。


半田そうめんは普通のそうめんよりちょっと太いのが特徴です。


両国橋西公園ステージから、両国橋を渡って道沿いに歩いていくと「徳島ラーメン 両国」があります。営業時間は11時30分~14時・18時~24時。


ぶためし(280円)と肉入そば・大(700円)を注文。


めんは細めのストレートで、ちょっと甘辛めに味付けされた豚バラ肉が「茶系徳島ラーメン」の特徴。


生卵は別途、無料でもらえます。


東新町アーケードの中は「CHU CHU CHURROS CAFE」があります。


阿波和三盆糖を使ったチュロスの「チュロ★アソビセット」が販売されていました。


これは北海道バニラソフトにすだちハニーをかけて揚げたてチュロスを刺した「すだちハニーチュロサンデー」(590円)。バニラソフトの甘みが、酸味のあるすだちハニーによってさらに際立っています。そのバニラソフトを揚げたてでサクサクのチュロスにつけて食べるのが格別。チュロスの食感が失われないうちに、ささっと食べてしまいましょう。


新町橋東公園から阿波おどり会館に向けて歩いていくと、東新町アーケード入口の手前にあるのが「大孫」というラーメン屋。営業時間が11時から15時と短めで、多くの時間帯で行列を見かけます。


ラーメン以外に洋食のセットメニューなどもあるのですが、今回は1番人気だという「チャーシュー」(800円)を注文。巨大で分厚いチャーシューが2枚入っています。


ここも卵は無料。麺は中細ぐらいの太さのストレートで、濃厚な醤油スープの風味をしっかりと身にまとっていました。


新町橋東公園から徳島駅方面に向かって歩いていくと元町交差点で国道を渡りますが、その手前で右手側の路地(讃岐街道)に入ってちょっと行くとあるのが「パフェとジェラートの店 オズ」。


ちょっと一息つけるようなサイズのパフェから、4人向けの大型のものまで、いろいろなパフェを扱っています。これは1人用としては最大サイズのもの(税込1580円)。並べているのはiPhone SE。大きなパフェだと真ん中に分厚いコーンフレークの層があったりしますが、ここは多少ケーキの層があるものの、最後のフルーツポンチの手前までクリームがたっぷり。


イチゴの季節だと、甘酸っぱいイチゴとバニラジェラートの組み合わせが最高。


◆I.Gストア出張店inマチ★アソビ
しんまちボードウォーク沿いにある新町川文化ギャラリーには、Production IGのオフィシャルストア「IGストア」が出張店舗を出店していました。


ギャラリー内には出張店舗のほかに、2016年配信予定の「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」のティザー映像を体験できるコーナーもありました。


その他
「橋の下美術館」で使われたイラストや、イベント概要などが掲載されている「マチ★アソビ ガイドブック」は今回で14号。1冊1000円で、表紙は「Fate/ゼロカフェ」の龍之介がメイン。ufotable CINEMAや、次回以降のマチ★アソビでバックナンバー販売が行われるはずなので、気になる人はそちらをチェックしてみてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
リニア四国初上陸・Fate/ゼロカフェ上映などがあった「ぷち★アソビ Vol.4」レポート - GIGAZINE

「マチ★アソビ vol.15」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「マチ★アソビ vol.14」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

ジバニャン・歩き遍路・いちご狩りと謎イベントが揃った「ぷち★アソビ Vol.3」レポート - GIGAZINE

「マチ★アソビ vol.13」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「マチ★アソビ Vol.12」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

地元出身アイドル声優の卵が凱旋した「ぷち★アソビ Vol.2」レポート - GIGAZINE

「マチ★アソビ vol.11」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「マチ★アソビ vol.10」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

プリキュアとマヴェルがコラボし山本正之がファンと熱唱した「ぷち★アソビ」レポート - GIGAZINE

「マチ★アソビ vol.9」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「マチ★アソビ vol.8」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「マチ★アソビ vol.7」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「マチ★アソビ vol.6」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「マチ★アソビ vol.5」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「マチ★アソビ vol.4」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「マチ★アソビ vol.3」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「マチ★アソビ vol.2」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「マチ★アソビ vol.1」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

in 取材,   アニメ,   ピックアップ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.