生体をモジュール化して分割・接続できるようになるSFムービー「Project OSCAR」


ぶつ切りにした鶏肉に「OSCAR」と呼ばれるモジュールを取り付けると、肉がぷるぷると動き始め、その肉に手羽先をくっつけると手羽先も動き出す……という不気味なムービーが公開されています。

Presenting Oscar, The Modular Body - YouTube


テーブルの上に用意されたのはぶつ切りになった鶏肉が5かけと、黒いモジュールが1つ。


その傍らに立っているのは白衣の男性。


「Project OSCAR」の創業者でCEOのCornelis Vlasman氏です。


Vlasman氏は、鶏肉のうちの1つと黒いモジュール「OSCAR」を手にして……


つなぎ合わせました。すると、単なるぶつ切り肉のはずなのに、肉がピクピクと動き始めました。


別の肉をつなぎ合わせると、その肉も動き始めます。


まるでブロック玩具で何かを作っていくかのような手軽さ。


そこに、今度は羽のパーツをつなげます。


動くわけがないはずなのに……


ビクンビクン動いています。


もう1つの羽は対称ではない位置に取り付け。


しかし、こちらもまた動き始めます。


うまくこの「両手」を使って這い回る鶏肉。不気味すぎます……。


YouTubeでは「ケンタッキーフライドチキンのいい宣伝ですね」など、ちょっと面白いコメントが並んでいますが、この「OSCAR」は実在しないモジュールで、公式サイトでは「もし『OSCAR』というモジュールが作られたら」という設定のオンラインSFストーリーであることが明かされています。

Modular body
http://www.themodularbody.com/


ウェブサイトのストーリーによると、OSCARは生物学者・Cornelis Vlasman氏が考案したもので、Vlasman氏自身のヒト細胞から生み出された「新たな命」のモジュールです。考え方としては、好きなパーツを組み合わせられるスマートフォン「Project Ara」のように、生体もモジュール化できるのではないかというもので、総称として「Project OSCAR」と呼ばれています。

下記ムービーの32秒から、Vlasman氏が考える「モジュール式の生命」というのがどんなものなのかがよくわかる図が出てきます。

Pitching Project Oscar - YouTube


中央にあるのが、最初のムービーに出てきたOSCARモジュール、心臓と脳を担当します。左側には肝臓、腎臓、肺が、右側には足と腕が並んでいます。


たとえば、内臓だけを接続するとこんな感じ。


あとは、好きな位置に腕や足を取り付けられます。


あくまでフィクションではあるのですが、YouTubeにはCornelis Vlasman氏のチャンネルがあって、OSCAR関連のムービーを大量に公開しています。

Cornelis Vlasman - YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCKrcaODOtIGMGKVnCkzllVw

フィクションであることを知らずに見たら、いったいどんな恐ろしい計画が進められているのかと驚きそう。本当に、すべてがフィクションなのでしょうか……?

・関連記事
3Dプリンターで血管や内臓などの生体細胞を透明ゲルの中に出力、ムービーで見るとこうなる - GIGAZINE

MITが選ぶ2016年に注目すべき革新的技術10選まとめ - GIGAZINE

バレやすい暗証番号やパスワードの代わりに指紋・音声・自撮りなどで認証を行う動きが加速中 - GIGAZINE

89

in 動画, Posted by logc_nt