ダイソンのハンドドライヤーなどはペーパータオル使用時の1300倍もウイルスを放出してしまっていることが研究で判明

by Inhabitat

トイレの後に洗った手を簡単に乾かせるハンドドライヤーは、公共機関などのトイレに設置されていますが、手を十分に洗わないと手に付いた雑菌がハンドドライヤーを介して空気中に拡散し、他の利用者に迷惑がかかる可能性があります。最新の研究により、ダイソン製ハンドドライヤーは、ペーパータオルに比べてなんと1300倍ものウイルスを空気中に放出していることが判明しています。

Evaluation of the potential for virus dispersal during hand drying: a comparison of three methods - Kimmitt - 2016 - Journal of Applied Microbiology - Wiley Online Library
http://onlinelibrary.wiley.com/wol1/doi/10.1111/jam.13014/full

Using a Dyson hand dryer is like setting off a viral bomb in a bathroom | Ars Technica
http://arstechnica.com/science/2016/04/dyson-dryers-hurl-60x-more-viruses-most-at-kid-face-height-than-other-dryers/


濡れた手をハンドドライヤーで乾かすと、ペーパータオルで手を拭くことに比べて空気中に多くの細菌を放出するという問題点は、研究者の間で長年知られてきたことでした。さらに、ダイソン製のハンドドライヤー「Dyson Airblade」が、他のハンドドライヤーよりも空気中に多くのウイルスを拡散している可能性が指摘されていました。ウイルスは、細菌とは異なり、空気中でも高い伝染力を保ち、ごくわずかな量で生物に感染することが可能です。

そこで、ウェストミンスター大学で生物科学を研究しているPatrick Kimmitt氏とKeith Redway氏は、ハンドドライヤーの使用後にウイルスが空気中にどのくらい拡散するかを観察するために実験を実施。まず、手袋をはめた手に「バクテリオファージMS2」というウイルスを塗り、続いてペーパータオル、一般的なハンドドライヤー、Dyson Airbladeの3種類の方法で濡れた手を乾かしました。手を乾かす際の空気中の成分を分析するとともに、手を乾かす場所の周囲に大腸菌をまいたプレートを設置し、大腸菌に感染したMS2の個数を数えたとのこと。

MS2は大腸菌に感染し菌を殺すことで、プレート上にはプラーク(溶菌班)と呼ばれる穴が残ります。手を乾かす場所の隣に設置したプレートを観察すると、Dyson Airbladeは、一般的なハンドドライヤーと比較するとプラークの数が60倍も多く、さらにペーパータオルと比べると1300倍も多かったことが判明。MS2が広がった場所を詳しく見ると、空気中に拡散したMS2のうち70%が、子どもの顔の高さから見つかったそうです。


また、ペーパータオルで濡れた手を拭いた際は、手に残ったウイルスが周囲にほとんど広がらず、一般的なハンドドライヤーではウイルスは25cmほど離れたところに届くのがせいぜいでしたが、Dyson Airbladeは3メートル以上離れたところまでウイルスが広がり、一般的なハンドドライヤーの約20倍もウイルスの拡散力が高く、ウイルスの個数は500倍にも達していたとのこと。加えて、Dyson Airbladeでは空気中にウイルスが残る時間が15分以上もあり、一般的なハンドドライヤーのおよそ50倍、ペーパータオルの100倍にものぼることが判明しています。

雑菌が洗い流されていない手でハンドドライヤーを使うと、次にハンドドライヤーを使う人や、周囲のトイレ利用者の手に雑菌が広がることになり、特に体が弱っている人が多く滞在する医療施設では大きな問題となります。Kimmitt氏は論文の中で、「医療関係施設や食品製造工場など、衛生面や交差感染に特に気をつけなければならない場所において、洗った手を乾かす方法について注意深く検討しなければならない」と注意を呼びかけています。

by Richard Masoner / Cyclelicious

2016/04/19 15:46追記
ダイソンより以下のようなコメントが届きましたので掲載しておきます。

ペーパータオル産業が4年を費やした本調査方法は、過度に圧縮した高濃度ウィルスを、手袋をした状態の手に吹きかけ、その後手洗いをせずジェット ハンド タオルを使用するという非現実的かつ疑問が残る条件にて実施されています。

Dyson Airblade ハンドドライヤーは、搭載しているHEPAフィルターを通過した衛生的な風にて12秒で手を乾かします。Dyson Airbladeハンドドライヤーの衛生レベルはペーパータオル使用時と同等のものであることは、the University of Bradford (published in the Journal of Applied Microbiology), Institut de Recherche Microbiologique, the College of Medicine (University of Florida), and Campden BRI等 、欧米の大学、研究施設における試験にて実証されています。

また、Dyson Airbladeハンドドライヤーは、公衆安全衛生の分野で国際的に認められた第三者認証機関であるNSF*が規定するP335プロトコル認証を有する唯一のハンドドライヤーです。

*NSF国際機関(正式名称:米国民間水道水関連部材認定機関)は、各業界、政府関係者及び関係団体と協力し、公衆安全衛生に関わる規格を制定する独立した民間の非営利第三者認証・試験・規格開発機関です


また、ダイソン側からの補足事項として、P355のプロトコルに関しては下記の通りだそうです。

【P335プロトコルとは】
P335プロトコルは衛生的に使用が出来るハンドドライヤーとして以下の項目に焦点を置いています:

・空気清浄:ユーザーの手に吹きかけられる空気は埃やバクテリアが除去されている事を保証します。

・適正温度の風:温風を手に吹きかけると手に必要な油分を肌から奪ってしまい、肌の硬化や肌荒れを引き起こす原因となります。P335プロトコルが制定する風の温度は通常の体温に近い上限温度を設定しています。

・水の殺菌: 収集された水を処理するシステム。

・乾燥時間: ユーザーの手を15秒以内に乾燥させる事を保証します。
制定された乾燥時間は一般的に利用者が手の乾燥にかける時間に基づいています。

・自動運転: ハンドドライヤーは手で直接ボタンを触れることにより干渉し、汚染の可能性のある起動ボタンを押す機会を低減する為、ハンズフリー操作の機能を有さなければなりません。P335はこの他に騒音レベルや、耐熱性、製品の清掃に関する規定や、継続的に高品質な製品を製造していることを確認する為、毎年工場監査を受ける必要があります。


また、上記の件に関しては2014年に以下のような「手を乾燥させることについての衛生学の真実 - ダイソン Airblade テクノロジー」というムービーをダイソン側が作成しており、上記のような件を裏付けるものとなっています。

The truth about hand drying hygiene - Dyson Airblade technology - YouTube

・関連記事
抗菌・殺菌成分が入った「薬用石けん」は益どころか害になるおそれ - GIGAZINE

バクテリアが体を清潔に保ってくれてシャワーいらずの「バクテリアミスト」を1ヶ月間使うとどうなるか - GIGAZINE

オフィスで一番汚いのは男性の机、そして本当に雑菌だらけなのはどこなのか - GIGAZINE

ダイソンの創業者が語る「組織を作る上で重要な要素」とは? - GIGAZINE

ダイソンのサイクロン掃除機をバラバラに分解したら見えてきたもの - GIGAZINE

636

in サイエンス,  動画, Posted by darkhorse_log