映画

ハリウッド実写映画版「攻殻機動隊」で草薙素子はどのような感じになるのかがついに明らかに


2017年3月31日にアメリカでの公開が予定されているハリウッド実写映画版の「攻殻機動隊(Ghost in the Shell)」は、主人公の草薙素子役を映画「アベンジャーズ」のブラック・ウィドウで知られるスカーレット・ヨハンソンが演じることが決まっているのですが、配給を手がけるパラマウント・ピクチャーズが「スカーレット・ヨハンソン演じる草薙素子」の姿を公開しました。

Paramount PicturesがTwitterで公開した画像がこれです。スカーレット・ヨハンソンは黒髪のショートカットでジャケットを羽織っています。ツイートによると制作は目下進行中とのこと。

1995に公開された映画「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」に登場する草薙素子とスカーレット・ヨハンソンの髪型は結構似ています。


実写映画版の「攻殻機動隊」はマイケル・ピットがクゼ・ヒデオを、ピルー・アスベックがバトーを、北野武(ビートたけし)が荒巻大輔を演じることが決定済みで、映画「スノーホワイト」のルパート・サンダースが監督を担当します。

なお、映画「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」の予告編は以下のムービーから確認できます。

Ghost in the Shell (1995) HD TRAILER - YouTube


クゼ・ヒデオが登場するとのことなので、実写映画版はTVアニメシリーズの「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」の要素も入っている可能性があります。

Ghost in the Shell: Stand Alone Complex 2nd GIG - Blu-ray Trailer - YouTube

・関連記事
人間の指の動きまで完全模倣する超高性能ロボットハンド、攻殻機動隊の世界が現実へ - GIGAZINE

「攻殻機動隊 新劇場版」の新作大迫力アクションムービーが楽しめるVRアプリをドームシアターで体感してきた - GIGAZINE

「『攻殻機動隊 新劇場版』が新たな種を生んだ」、プロダクション I.G石川光久社長に話を聞いてきた - GIGAZINE

「攻殻機動隊」という器はいろいろなものを吸収できる、攻殻機動隊 新劇場版の黄瀬和哉総監督&脚本担当・冲方丁さんにインタビュー - GIGAZINE

光学迷彩を実際に作った教授らがフィクションとリアルを語る「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT in AnimeJapan」 - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by darkhorse_log