Windows 10にオリジナル絵文字「ニンジャキャット」が追加されることが明らかに


Microsoftは開発者向けカンファレス「Build 2016」で、Windows 10初の大型アップデート「Windows 10 Anniversary Update」を発表しました。大型アップデートの公開は2016年夏ごろの予定ですが、追加予定の新機能を試すことができるプレビュー版「Windows 10 Insider Preview」(Build 14316)が公開済み。そんなプレビュー版にはWindows限定の絵文字が追加されており、Windows開発陣の密かな人気キャラクター「ニンジャキャット」の絵文字の存在が明らかになりました。

Ninja Cat: The Windows-only Emoji
http://blog.emojipedia.org/ninja-cat-the-windows-only-emoji/

Microsoftが追加したWindows限定の絵文字は、Unicodeの絵文字をベースに作られた「Segoe UI Emoji」フォントに追加されたもの。全部で6種類あり、「Ninja Cat(忍者ネコ)」「Ninja Cat Flying(空飛ぶ忍者ネコ)」「Ninja Cat at Computer(パソコン中の忍者ネコ)」「Ninja Cat riding T-Rex(Tレックスに乗る忍者ネコ)」「Ninja Cat with Coffee(コーヒーを飲む忍者ネコ)」「Ninja Cat in Space(宇宙の忍者ネコ)」となっています。


6種類の忍者キャットはUnicodeで定義されている絵文字を、ゼロ文字接合子(Zero Width Joiner:ZWJ)で組み合わせて作られています。例えば「Ninja Cat」は「CAT FACE(U+1F431)」と「BUST IN SILHOUETTE(U+1F464)」を並べて表記すると1つの絵文字として表示されます。Windows以外では2つの絵文字として表示される可能性がありますが、iOSやAndroidも、ゼロ文字接合子の機能を使った絵文字をサポートしているため、スマートフォンやタブレットでは問題なく表示されるものと見られます。


また、現在のWindowsで使われている従来の絵文字も、全て新しいデザインに入れ替わります。一部を見比べると以下のような感じ。上が従来のデザインで、下が新デザインです。


なお、ニンジャキャットはもともとWindows開発陣の内輪のジョークとして誕生したキャラクター。Windows Insider Programの参加者に公開したことがきっかけで、スマートフォンやPCの壁紙や、ウニウニ動くGIFアニメーションまで作られまくるほど、隠れた人気を得ています。そんなニンジャキャットが今回、絵文字化まで果たしてしまったというわけです。

・関連記事
無料でWindows10マスコット「ニンジャキャット」壁紙ダウンロード開始、PC・スマホ・タブレットなど各種サイズあり - GIGAZINE

BashシェルをWindowsに搭載するWindows 10大型アップデートなど、Microsoft Build 2016で発表された重要な10項目まとめ - GIGAZINE

なぜかマフラーをフル可動させてしまった「ニンジャスレイヤー アニメイシヨンVer.」 - GIGAZINE

ネコが実は忍者であるというのは都市伝説では無いことを力説するムービー - GIGAZINE

忍者の目撃証言に小学校がパニック、一時学校閉鎖に - GIGAZINE

世界ニャンコ級チャンピオンをめざし、ボクシングの練習をするネコのムービー - GIGAZINE

343

in ソフトウェア,  生き物, Posted by logw_ny