ブタの心臓を人間に移植する「異種移植」が現実のものに近づく、945日間も生き続けることに成功

By Tim Geers

人間の臓器移植で最も難しいのが臓器を提供してくれるドナーを探すことです。移植手術ではドナーが見つかるまでとにかく待ち続ける必要があり、その期間は1年や2年では済まない、という場合も往々にしてあります。そんな移植手術の現状を打開できるかもしれない新しい技術が「異種移植」です。これは名前の通り、人間ではない他の種の動物から臓器を移植するというもので、最新の研究ではなんとブタの心臓をヒヒに移植して945日間も機能させ続けることに成功したことが明らかになっています。

Chimeric 2C10R4 anti-CD40 antibody therapy is critical for long-term survival of GTKO.hCD46.hTBM pig-to-primate cardiac xenograft : Nature Communications : Nature Publishing Group
http://www.nature.com/ncomms/2016/160405/ncomms11138/full/ncomms11138.html

Scientists are one step closer to using pig hearts for human transplants | The Verge
http://www.theverge.com/2016/4/5/11360702/xenotransplant-pig-heart-baboon-revivicor-nih

2016年4月5日にNature Communicationsで公表された論文によると、ヒヒの体内にブタの心臓を移植し、元からあるヒヒの心臓と移植された心臓という2つの心臓を機能させたまま、945日間(約2年7か月)ヒヒを生存させ続けることに成功したことが明らかになりました。これは人間にブタの臓器を移植する「異種移植」の実用化に向けた重要な一歩である、とのことです。

ヒヒの体内にブタの心臓を移植する際に必要な処置は、ブタの心臓が生きた状態で「異種移植に適した薬」を投与すること、だそうです。また、臓器を提供するブタ自体も遺伝子組み換えで「臓器が生物学的に人間の臓器と適合する可能性が高い状態」に調整されています。

同研究グループは過去に同様の実験を行いヒヒの体内でブタの心臓を500日間機能させることに成功していますが、今回はその約倍となる945日間機能させることに成功しました。なお、実験では移植したブタの心臓を丸2年以上機能させることに成功していますが、移植されたヒヒに薬物を投与することで、この機能する期間をさらに延ばすことができる、ともしています。

さらに、同研究グループは「異種移植に適した薬」を用いて、来年中にヒヒの心臓とブタの心臓を完全に置き換える実験を行う予定。もしこの実験に成功すれば、「ブタの臓器を人間に移植する」という最終目標実現に向けたさらに大きなステップになるとのこと。そして、そうなれば毎年約8000人が移植手術のドナー待機期間に亡くなっている、という現状を打開する大きな手助けになるかもしれません。

By Global Panorama

多くの人の命を救える可能性を秘めた「異種移植」ですが、この考えは古くは1960年代から存在しました。初期の異種移植では人間に種として近いヒヒやチンパンジーの臓器を移植したそうですが、結局は移植された人間の体が拒絶反応を起こし、手術は失敗に終わっています。この拒絶反応をなくすための問題に現代の科学者たちは取り組んでおり、移植にはチンパンジーやヒヒの臓器ではなくブタの臓器が使われるようになりました。

なぜブタの心臓が異種移植の実験で使用されているのかというと、過去のさまざまな研究によりブタの心臓のサイズは比較的人間のものに近く、ブタは成長が早く調達が容易であり、さらには移植した際に人間に脅威をもたらすウイルスに感染するリスクが他の動物よりも低く、古くから家畜として扱われてきたこともあり心臓移植に対する倫理的な抵抗が他の動物よりも低い、といったことが明らかになったからです。

2002年には2つのバイオ企業が人間の体内で拒絶反応を起こさないブタの臓器を生産した、と発表しました。しかし、これらの臓器をヒヒに移植したところ、時間と共に拒絶反応が出てくることが明らかになります。こういった経緯から、異種移植に関する研究は拒絶反応と血液の凝固を防ぐための手段の模索を続けてきましたが、今のところ、遺伝子組み換えと投薬でかなりの部分を抑えることに成功している、というわけです。

By Daniel X. O'Neil

同研究内容は示唆に富んだものとなりましたが、研究者の中には「人間の拒絶反応を防ぐための薬および遺伝子変化の組合わせを見つけるのは非常に困難」と語る人もいます。さらに、National Heartの移植外科医であるムハンマド・モヒューディン氏は「移植される人間が動物ウイルスに感染する可能性もあるため危険過ぎる」とコメント。

しかし、ニューヨーク大学の生命倫理学者であるアーサー・カプラン氏は「我々は新しいゲノム編集技術を得ており、これの登場により免疫システムは大きな注目を集めています。異種移植は可能であるべきです」と異種移植に賛成の立場を表明。加えて免疫学の研究を行っているピーター・カウアン氏は「移植されて長期間生存したサンプルには、どれも新種のブタウイルスに感染したという報告はない」とコメントし、異種移植の研究を支持しています。

・関連記事
ブタ遺伝子の一挙改変に成功、ブタ臓器を人間に移植する道が大きく開ける - GIGAZINE

豚や羊の中で人間の臓器を作る「キメラ技術」とは? - GIGAZINE

人間の脳細胞を持って賢くなった「半人間脳マウス」が誕生 - GIGAZINE

人間の体内にも寄生している寄生生物が宿主の行動や性格をゆがめていることが判明 - GIGAZINE

MITが選ぶ2016年に注目すべき革新的技術10選まとめ - GIGAZINE

293

in サイエンス,  生き物, Posted by logu_ii