iOS 9.3でSafariのURLリンクをタップするとフリーズする現象が多発中


2016年3月21日にリリースされた「iOS 9.3」は、iPad 2やiPhone 5sなどの旧型端末にインストールするとアクティベーションが進まず文鎮化する危険性が明らかになるなど、リリース直後につまずいた感がありますが、標準ブラウザSafariのリンクURLをタップするとフリーズしたり、Google検索が使用不能になったりというトラブルが発生していることが分かりました。

iOS 9.3 - Safari/Mail freezes after clicking li... | Apple Support Communities
https://discussions.apple.com/thread/7505840

Google links don't work after iOS 9.3 | Apple Support Communities
https://discussions.apple.com/thread/7507396

Apple Support Communitiesを中心に、iOS 9.3にアップデートしたユーザーからブラウザSafariのリンクURLを使えないという不具合の報告が相次いでいます。これらの不具合のほとんどが、SafariでリンクURLをタップして開こうとすると画面がフリーズしてしまうというもの。不具合が報告された端末はiPhone 6s/6s Plusが中心の模様。

iOS 9.3のiPhone 6sでSafariのリンクURLを開こうとするとアプリがフリーズする様子は以下のムービーで確認できます。

iPhone 6s iOS 9.3 safari bug - YouTube


Twitter上には同様の不具合を訴えるユーザーが続出中。


SafariのURLリンクだけでなく他のブラウザアプリでも同様だという報告や、MessagesやMailでもリンクが使えないという報告や、Google検索では不具合が発生しBing検索では不具合が発生しないという報告など、関連する情報が多数挙げられています。記事作成時点で、リンクを踏むとフリーズする不具合を解決する方法として効果があったと報告された方法は以下の通り。ただし、問題は根本的に解決するというわけではないようです。

・JavaScriptをオフにする
「設定」→「Safari」→「詳細」で、「JavaScript」をオフにする。


・Google検索からBing検索に変更する
「設定」→「Safari」→「検索エンジン」で、「Bing」を選択する。


・Safariではなく他のブラウザアプリを使用する
Chromeでもリンク移動でフリーズという現象が確認されていますが、リンクを長押しして新規タブやシークレットタブで開くと表示されたという報告もあります。

上記方法は、いずれも「効果があった」という報告があった対処方法で、すべてのケースで有効な解決策というわけではありません。また、iOS 9.3以前のiOS 9.2.1のユーザーにも不具合が発生しているという報告もあり。根本的な問題解決は、新しいバージョンのiOSがリリースされるのを待つしかないようです。

◆2016/04/01 追記
Appleは、iOS 9.3で発生していたURLリンクをタップした後にフリーズする問題に対応したiOS 9.3.1をリリースしました。iOS 9.3.1はすでにOTAで配信されています。

・関連記事
最新のiOS 9.3でiPadが文鎮化、使用不能状態に - GIGAZINE

iPhone/iPadを再起不能にする恐怖のバグが判明したので実際にやってみた - GIGAZINE

iPhoneが文鎮化する「エラー53」問題でAppleが対応を実施、復元する方法はコレ - GIGAZINE

iPhoneが完全にロックされて使用不能になる「エラー53」問題が集団訴訟に発展 - GIGAZINE

解約したiPhoneにiOS 5をインストールしようとすると使用不能に、復元も不可 - GIGAZINE

最新のiOS 9は旧型機iPhone 4sには少し厳しいOSであることが判明、アップデートすべきなのか? - GIGAZINE

iPhoneの暗号化をAppleの協力なしで解除する7つの方法 - GIGAZINE

307

in モバイル,  ソフトウェア,  動画, Posted by logv_to