取材

「ゼーガペイン」10周年プロジェクトで「ゼーガペイン Adaptation」劇場上映など3大発表


2006年に放送されたテレビアニメ「ゼーガペイン」の10周年記念イベントがAnimeJapan 2016の中で開催され、「ゼーガペインADP」が劇場公開されることなど、3つの大きな発表が行われました。

[ZEGAPAIN] ゼーガペイン
http://www.zegapain.net/

司会はバンダイビジュアルの廣岡祐次さんが務め、ソゴル・キョウ役の浅沼晋太郎さん、カミナギ・リョーコ役の花澤香菜さん、下田正美監督が登壇しました。参加したお客さんはテレビ放送時からのファンが多かったものの、まだ見ていなくてこれからという人も見受けられました。ちなみに、ゼーガペインがこの東京ビッグサイトでイベントを実施するのは2010年の東京国際アニメフェア以来、6年ぶり。廣岡さんは「有明サーバーに6年ぶりにエンタングル!」と表現していました。

イベントでまず発表されたのは10周年イラストとロゴ。下田監督によればこの10周年イラストは、ゼーガペインの「爽やか青春群像劇」の部分を前面に押し出したものだとのこと。


1:10周年記念BD-BOX発売決定
2010年9月1日に一度BD-BOXが制作されましたが「2000件オーダーがあれば作る」という、バンダイビジュアルのサイトでの完全予約受注限定生産の品だったため、今回は一般販売を実施するとのこと。ちなみに、前回のBOXには8000件のオーダーがあって、その力で舞浜でイベントが開催されたほどです。

2:10周年記念イベント 10th Anniversary ゼーガペインSBG 夏の始まり@舞浜サーバー
ゼーガペインといえば「8月31日」がキーですが、このイベントは7月16日に舞浜アンフィシアターで開催。なぜかというと、実はキョウの誕生日が平成18年7月16日だからだとのこと。

登場キャストは浅沼さん、花澤さんのほか、シズノ役の川澄綾子さん。さらにEDテーマ「リトルグッバイ」を歌うROCKY CHACKが参加します。

チケットはイープラスにて、3月27日(日)17時から4月18日(月)23時59分まで最速先行抽選受付。昼の部が13時30分開場・14時30分開演、夜の部が17時30分開場・18時30分開演で、S席が税別6000円、A席が税別5000円です。

3:ゼーガペイン ADP
最後に発表されたのは「ゼーガペインADP」。「ADP」にはAdvanced projectのほか、Adaptationなどの意味がこめられていて、2016年10月15日(土)から新宿ピカデリーやシネマイクスピアリで劇場イベント上映がスタートすることになります。

内容はテレビシリーズを再構成し、新カットを加えて、新解釈の内容になるとのこと。「単なる総集編」にはならないことを示すために、ステージでは新キャラクターが発表されました。

1人目は「カノウトオル」。ゼーガペイン好きにはなじみ深い、テレビシリーズ本編で名前だけが出てくるキャラクターです。


2人目のコハクラは女の子。キョウの中学時代の先輩で、「憧れの先輩」と言及されていたキャラクター。姿からは、ミズキを上回る元気っ子っぽさがうかがえると廣岡さん。


フナベリは舞浜高校の校長先生。テレビシリーズは少年たちが世界を救うお話でしたが、そこに味方してくれる大人の代表として登場するとのこと。


当然ながら、新キャラが出るということは新キャストもいるということで、今回、音声についてはオール新録になるそうです。

ファンの熱い支持を受けて10年を迎えたゼーガペイン、その10周年には要注目です。

・関連記事
リアル舞浜サーバーにエンタングル!「ゼーガペイン」ブルーレイ上映会レポート - GIGAZINE

ゼーガペイン上映会場に飾られていたROBOT魂「アルティール」や光る1/72プラモデルなどゼーガグッズいろいろ - GIGAZINE

「世界はブルーレイでいっぱいだよ」、人気再燃中の「ゼーガペイン」トークイベントで出演者からもBD化へ熱烈なラブコール - GIGAZINE

in 取材,   アニメ, Posted by logc_nt