試食

パンケーキをミルフィーユ風に仕立てた「パンフィーユ」をタリーズで食べてみた


ふかふかのパンケーキ生地とサクサク食感の薄焼き菓子「フィアンティーヌ」を重ねてミルフィーユのように仕上げた「パンフィーユ カスタードベリー」をタリーズが3月18日(金)から提供開始しています。パンケーキでミルフィーユを作るとどのようなスイーツになるのか気になったので、さっそく食べに行ってきました。

商品情報 | スイーツ | パンフィーユ カスタードベリー | TULLY'S COFFEE
http://www.tullys.co.jp/menu/food/sweets/panfber.html

タリーズに到着。


入口にパンフィーユの看板を発見。また、タリーズの人気ドリンク「ハニーミルクラテ」をデザートで再現した「ミルクレープ ハニーミルクラテ」(税込430円)も登場していて、14時以降はアイスクリームとドリンクがセットになった「スイーツプレート」(税込770円)も提供されています。


レジで注文すると、待つこと3分ほどでパンフィーユを受け取ることができました。価格は税込880円です。


2枚のパンケーキがセットになっており、上部のパンケーキの表面には、細かく砕いたフィアンティーヌと粉砂糖が振りかけられています。


下側のパンケーキにはカスタードムースがのっていて、さらに上からストロベリーソースがたっぷり。トッピングにはイチゴとブルーベリーが使われています。


イチゴとブルーベリーはパンケーキの上にのりきらず、お皿の端にあふれ出すほど。


まずはソースやトッピングをつけずにパンケーキ生地のみを食べてみると、分厚めに焼かれたパンケーキはふかふかとした食感で食べ応えがあり、甘さは控えめ。サクサクとした軽めのフィアンティーヌと合わさることで、ミルフィーユに使われるパイ生地のような食感になっています。


イチゴとブルーベリーの酸味が加わると、サッパリとした味わいになりますが、カスタードムースとストロベリーソースはどちらも濃厚で甘みが強いため、こってりとした甘いスイーツが好きな人におすすめです。


ミルクレープ ハニーミルクラテは、ハニーミルクラテをモチーフにしたケーキ。


ミルクレープの表面はコーヒー風味のソースとクリームが混ざり合っています。


食べてみると、クリームとハチミツの甘みが混ざり合って、非常に濃厚な甘みが口の中に押し寄せてきます。


ミルクレープの底面は、クレープではなくスポンジ生地が使われていて、コーヒーシロップが染み込んで苦味がよく効いていました。甘みも苦味も両方とも主張の強いスイーツなので、あっさり風味の紅茶がよく合いそうです。


ミルクレープの元となった「ハニーミルクラテ」を飲んでみると、ミルクの味が強く出ていて、エスプレッソの苦味はミルクレープよりも控えめに感じられました。

・関連記事
パンケーキが食べ放題のお店「ELK」でパンケーキを心ゆくまで食べてきました - GIGAZINE

フカフカ生地のパンケーキを食べに「パンケーキ専門店Butter」へ行ってみた - GIGAZINE

厚い窯焼きスフレ生地「桃のスフレパンケーキ」を星乃珈琲店で食べてみた - GIGAZINE

もちふわ触感が口に入るとやさしく溶ける驚愕の「リコッタチーズパンケーキ」をMicasadeco&Cafeで食べてきた - GIGAZINE

いちごスライス・ホイップ・ソース付きでいちごづくしのEggs’n Things6周年記念「レアレアパンケーキ」を食べてみた - GIGAZINE

フレンチトースト風にパンケーキを焼き上げた「フレンチ・パンケーキ」は予想外の仕上がり - GIGAZINE

もちもち食感の不思議なパンケーキ「ダッチベイビー」とは一体どんな食べ物なのか? - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log