iPhone SEと9.7インチiPad ProのRAM容量は2GBであることが判明


Appleが2016年3月21日(日本時間3月22日)に開催したイベントで発表されたiPhone SE9.7インチ版iPad Proの詳細が徐々に明らかになっていますが、両モデルに搭載されているRAM容量がともに2GBであることが判明しました。

9.7-inch iPad Pro and iPhone SE both have 2GB of RAM | Ars Technica
http://arstechnica.com/apple/2016/03/9-7-inch-ipad-pro-and-iphone-se-both-have-2gb-of-ram/

Ars Technicaが報じたところによると、iPhoneシリーズで最も小さなサイズを持つiPhone SEと、小型版iPad Proはともに2GBのRAMを搭載しているとのこと。iPhone SEは上位機種と言えるiPhone 6s/6s Plusと同等のRAMを搭載していることが判明していますが、一方の9.7インチiPad Proは、兄弟機の12.7インチiPad Proが搭載している「4GB」の半分であることがわかります。

WindowsやMacのようなコンピューターに比べると、iOS端末はRAM容量によってパフォーマンスが極端に影響を受けると言うことは少ないといわれていますが、それでも長い目で見れば次第にRAMの差が影を落としてくることは避けられないもの。RAM容量が256MBだった初代iPadがiOS 6やiOS 7にアップデートできなかったように、新しい端末やOS・ソフトウェアが登場するにつれて「2GB」という数字が何らかの足かせになってくる状況も想像できます。

ベンチマークアプリを提供しているAnTuTu(安兔兔)も、デバイスの詳細を明らかにしています。

iPhone 5SE采用4寸Retina屏,A9+M9处理器,... 来自安兔兔 - 微博


公表されたスクリーンショットがこちら。A9チップを搭載し、画面解像度が1136×640ピクセル、1.2メガピクセルのFaceTimeカメラ(自撮りカメラ)と12メガピクセルのiSightカメラ(メインカメラ)を搭載し、最下部にはRAMが2GBでROMが64GBの端末であることが表示されています。ただし、最上部の端末名がかつて噂された名称の「iPhone 5SE」となっていることなどから、果たしてこのデータがどの段階でとられたのか留意しておく必要はありそうです。


ベンチマークの総合スコアは134358と、iPhone 6s/6s Plusとほぼ同じ数値となっていることがわかっています。

・関連記事
新型4インチ「iPhone SE」や新型9.7インチ「iPad Pro」などが登場したApple新製品発表会まとめ - GIGAZINE

4インチボディ「iPhone SE」高解像度画像まとめ&日本での販売価格はこんな感じ - GIGAZINE

9.7インチ版「iPad Pro」高解像度画像&日本での販売価格まとめ - GIGAZINE

PCに取って代わる可能性を秘めた新型9.7インチ「iPad Pro」の新機能まとめムービー - GIGAZINE

iPhoneの画面カラーを暖色系に変えて夜間にブルーライトをカットするiOS 9.3の新機能「Night Shift」を使ってみた - GIGAZINE

小さくなって片手操作できる「iPhone SE」を実際に手で持って操作してみるとこんな感じ - GIGAZINE

206

in モバイル,  ハードウェア, Posted by logx_tm