Appleが「OS X El Capitan 10.11.4」をリリース、「SafariでTwitterのリンクを開けない」バグなど修正


「iPhone SE」や新型「iPad Pro」などが発表されたAppleのスペシャルイベントではMacについて触れられませんでしたが、発表会の直後にAppleはOS Xのアップデートを発表しており、「SafariでTwitterのリンクを開けない」といったバグなどが修正されています。

Safari can open Twitter links again after latest OS X update | The Verge
http://www.theverge.com/2016/3/21/11277494/os-x-10-11-4-update-announcement


Safari does not open links from twitter | Apple Support Communities
https://discussions.apple.com/thread/7299347?tstart=0

OS X El Capitan 10.11.4のアップデート内容は以下の通りで、赤枠がついている部分に「SafariでTwitterのリンクを開けない」というバグ修正の内容が書かれています。


この問題はAppleのフォーラムに書き込まれていたもので、Twitter上の投稿にある以下のようなリンクを開けない、ということが時々起こっていた模様。このバグに悩まされていた人は複数存在し、Appleフォーラムの中では有名なトピックだったとのこと。フォーラムに初めて書き込みがおこなれたのは2015年10月23日なので、修正に半年近くかかったことがわかります。


このほかOS X El Capitan 10.11.4で行われるアップデートの内容は以下の通り。

・メモアプリでパスコードを使ったメモが作成可能に
・メモアプリでメモを作成日・変更日順で並べ替えできるように
・Evernoteで作成したファイルがメモアプリにインポート可能に
・AirDropまたはメッセージによって「iOS」と「OS X」間のLive Photos共有をサポート
・写真アプリでRAWイメージを開く時に時間がかかるという問題を修正
・iBooksでPDFをiCloudに保存して全てのデバイスからアクセスすることが可能に
・「時々SafariでTwitterのリンクを開けない」という問題の修正
・SafariでJavaScriptダイアログがほかのウェブページへのアクセスをブロックするという問題の修正
・GmailアカウントでVIPメールボックスが機能しないという問題の修正
・USBオーディオデバイスが接続できないという問題の修正
・Apple USB-C Multiportアダプタの互換性と信頼性の向上

なお、OS X El Capitan 10.11.4のダウンロードは以下のページから可能となっています。

Download OS X El Capitan 10.11.4 Update
https://support.apple.com/kb/DL1868

・関連記事
Mac向けのエミュレーター「OpenEmu」が初代PS・64・ワンダースワンなど16種類のゲーム機器に新しく対応 - GIGAZINE

Macユーザーが認識不能なほど瞬時にKeychainへのアクセス許可を与える極悪アドウェアが発見される - GIGAZINE

Adobe Creative CloudがMacのデータを勝手に削除する深刻なバグが発見される - GIGAZINE

MacのThunderboltアクセサリー経由で感染が広がり検知・除去の困難な「Thunderstrike2」 - GIGAZINE

Mac OS Xに初のデータ暗号化で身代金を要求するランサムウェアが登場 - GIGAZINE

新型Mac Proがさっそく分解され、意外なメンテナンス性の良さが判明 - GIGAZINE

124

in ソフトウェア, Posted by logq_fa