「iPad Pro」が9.7インチに小さくなって新登場、Apple Pencilにも対応


Appleの新製品発表会で新型の「iPhone SE」に続いて、「iPad Pro」も小型化して新登場しました。新型iPad Proは9.7インチでApple Pencilにも対応します。

Apple Event - Keynote March 2016 - Apple
http://www.apple.com/apple-events/march-2016/


ここからiPadについての発表


iPad ProとApple Pencilはこれまでで最もクールなデジタル上で本物の紙に絵を描くように使えるツール


そんなiPad Proに新モデル登場


新しいiPad Proは9.7インチモデル


従来のiPadと同サイズ


9.7インチのiPadはこれまでに2億台売れました。


PCを置き換えるツール


iPadアプリは100万種類オーバー


iPad Proのディスプレイ


9.7インチモデルの新型はiPad Proと同じディスプレイを搭載。


前モデルから反射が40%減少。


タブレット端末では最も反射しにくいディスプレイ。


前モデルから25%明るくなりました。


最も明るいタブレット。


広色域


iPad Proは画像の彩度も25%アップ。


Night Shift


Night Shiftは画面が暗くなると自動的に暖色系の色に変化する機能。目にやさしそうです。


4つの光センサーを搭載しているとのこと。


左がNight Shiftモードで右が通常。


Pro audio


iPad Proと同じくスピーカーを4基搭載し、ボリュームが2倍にアップ。


グラフィックパフォーマンスも向上しました。


マルチタスキングをサポート。


iPad Proと同じくA9Xチップを採用しています。


Proアクセサリー。


サイズダウンに合わせてSmart Keyboardも小型化したのが登場。


スマートコネクターでパチリとiPad Proと接続可能です。


Apple Pencilにも対応。


Apple Pencil


純正アクセサリとしてUSBカメラアダプタとSDカードリーダー


カメラも進化


iSightカメラは12MPで、12.9インチのiPad Proよりも高画質。もちろんLive PhotosやFocus Pixelsを使ったオートフォーカス、True Toneフラッシュ、パノラマ(最大63メガピクセル)などにも対応。他にも、12.9インチのiPad Proにはない特徴として、カメラのレンズカバーがサファイアクリスタル製になり、強化されたローカルトーンマッピング機能や強化されたノイズリダクション機能などが搭載されています。


9.7インチiPad Proの機能特徴はこんな感じ。


もちろん環境に優しい素材が使用されています。


本体カラーは4色


9.7インチのiPad Proは32GBのWi-Fiモデルが599ドル(約6万7000円)、128GBのWi-Fiモデルが749ドル(約8万4000円)。


予約開始は3月24日。


発売日は3月31日。


ムービースタート


iPad Proの各種ラインナップ


iPadシリーズはiPad mini・iPad Air 2・iPad Pro 9.7インチ・iPad Pro 12.9インチの4種類。


最後にティム・クックCEOが登壇


新本社の将来予想図を公開し……


ガッツポーズで終了です。


・つづき
4インチボディ「iPhone SE」高解像度画像まとめ&日本での販売価格はこんな感じ - GIGAZINE

・関連記事
新型4インチ「iPhone SE」や新型9.7インチ「iPad Pro」などが登場したApple新製品発表会まとめ - GIGAZINE

小さな新型iPhoneがついに登場、4インチにサイズダウンした「iPhone SE」 - GIGAZINE

180

in モバイル,  ソフトウェア,  ハードウェア, Posted by darkhorse_log