値下げされたApple Watchに新作バンドが多数追加、バンド全種類まとめ


2016年3月22日(火)に開催されたApple新製品発表会では、新型4インチiPhoneの「iPhone SE」や9.7インチの「iPad Pro」が登場して会場を沸かしました。これらと同じタイミングで、Apple Watchに新作バンドが登場することや、本体価格の値下げが行われることが明かされたのですが、新作バンドはどのようなデザインで、値下げにより日本ではどのモデルをいくらで購入できるようになるのかをまとめました。

Apple Watch バンドとストラップ - Apple (日本)
http://www.apple.com/jp/shop/watch/bands

Apple Watchが発表された当初はApple Watch Edition用のものを除けばスポーツバンドが5種類、クラシックバックルが1種類、モダンバックルが4種類、レザーループが4種類、ミラネーゼループが1種類、リンクブレスレットが2種類の合計17種類のバンドが存在しました。

「Apple Watch」の日本での価格や全38モデルの詳細まとめ、200万円超のモデルも - GIGAZINE


対して、今回新たに「ウーブンナイロン」という新デザインのバンドが追加されました。


ウーブンナイロンのカラーバリエーションは以下の通り、全部で7種類あります。

レッド


ロールド/ロイヤルブルー


ロイヤルブルー


ピンク


パール


スキューバブルー


ブラック


スポーツバンドは新たに新色が追加されて全部で22色のカラーバリエーションに進化しました。

以下のバンドは新色のイエロー・アプリコット・ロイヤルブルー


新色を含む全22色を並べると以下の通り。同じカラーリングに見えるものもありますが、留め具の金属がシルバーだったりブラックだったりでカラーバリエーションが微妙に異なっています。


レバー製のクラシックバックルにも新色が登場。

クラシックバックルの新色はこれまでになかった色鮮やかなレバーバンドで左がレッド、右がマリンブルー


クラシックバックルは新色を加えると全部で9種類になります。


同じくレザー製のバンドであるモダンバックルにも色鮮やかな新色が追加されました。

左がマリーゴールドで、右がブルージェイ


モダンバックルは全部で7種類。


レザーループにも新色が追加。

ホワイト(左)とストームグレイ(右)


レザーループは全部で6種類


ミラネーゼループには新色のスペースブラックが追加。


ミラネーゼループは2種類


この他、新色の追加はないもののリングブレスレットが2種類あります。


さらに、Appleがエルメスと組んで作成したモデル向けのバンドが3種類存在します。Apple×エルメスのApple Watchは以下の記事を読むとどういった端末かわかります。

Appleがエルメスと組んだApple Watchの新モデルを発表&新色追加 - GIGAZINE


Apple Watchの本体価格は最も安価なものが38mmのApple Watch Sportスポーツバンドもしくはウーブンナイロンとセットになったもので、税別3万6800円。これは発売初期から6000円の値下げとなります。対して、筐体がステンレススチール製のApple Watchで最も安価なモデルは38mmのスポーツバンドもしくはウーブンナイロンとセットになったものなのですが、こちらは税別6万6800円と発売初期の値段から変更がありません。

・関連記事
新型4インチ「iPhone SE」や新型9.7インチ「iPad Pro」などが登場したApple新製品発表会まとめ - GIGAZINE

小さな新型iPhoneがついに登場、4インチにサイズダウンした「iPhone SE」 - GIGAZINE

「iPad Pro」が9.7インチに小さくなって新登場、Apple Pencilにも対応 - GIGAZINE

4インチボディ「iPhone SE」高解像度画像まとめ&日本での販売価格はこんな感じ - GIGAZINE

PCに取って代わる可能性を秘めた新型9.7インチ「iPad Pro」の新機能まとめムービー - GIGAZINE

9.7インチ版「iPad Pro」高解像度画像&日本での販売価格まとめ - GIGAZINE

69

in モバイル,   ハードウェア, Posted by logu_ii