ニンジン・ジャガイモ・ズッキーニなどの野菜をヘルシーな麺状に加工できる「ベジヌードルカッター」を使ってみた


野菜を麺状に加工して、パスタや野菜サラダに仕立てて手軽に野菜を食べられるのが「ベジヌードルカッター」です。野菜がどのように麺状に変化するのか気になったので、実際に購入して使ってみました。

Hand-Held Spiralizer
http://www.oxojapan.com/p-1219-hand-held-spiralizer.aspx

ベジヌードルカッターのパッケージには、麺状にカットされたさまざまな野菜の写真が載っています。


裏面にはベジヌードルカッターの説明などが書かれています。


ズッキーニ、ニンジン、ジャガイモ、ビーツ、キュウリなどの野菜を麺状に加工できるとのこと。


海外メーカーの製品ですが、日本にもオフィスがあるため、製品説明は日本語にも対応。


パッケージを開封すると、本体と説明書が入っていました。


ベジヌードルカッターの使い方も、日本語で書かれているので安心です。


ベジヌードルを使ったレシピもあり。


本体は片手で握り込めるくらいのサイズ。


フードホルダーを外すと、野菜を切る刃が2つと、野菜を固定するパーツがついています。


トゲトゲ状の刃で野菜に麺状の切り込みを入れて、平らな刃で切り離していく仕組み。


裏側は以下のようになっています。


というわけで、野菜をいろいろと用意してみました。


ベジヌードルカッターを使う前に、野菜の両端を包丁で平らにカットしておきます。


野菜の中央がベジヌードルカッターの中心にくるように当てて……


野菜をくるくると回すと、麺状にカットすることができます。実際にズッキーニを麺状に加工している様子は、以下のムービーから見ることができます。

「ベジヌードルカッター」でズッキーニを麺状に加工する - YouTube


くるんと丸まったズッキーニ麺が完成。特に力を入れなくても簡単に野菜を切ることができます。


中央部分は固定用のパーツに刺さっているので、麺状に加工されずに丸く残ります。


続いてはキュウリ。ズッキーニよりも細いので、1本のつながった麺に加工するのが難しい印象。


根気よく回し続けていると、長い麺を作ることができます。


ニンジンは、太さがあるものが削りやすく、細いニンジンだとプツプツと細切れになってしまいます。


ジャガイモは太さ・硬さともに非常に削りやすく、長くつながった状態で切ることが可能。


以下のように、かなり長めのジャガイモ麺が完成します。


野菜が残り少なくなったら、フードホルダーを押し当ててぐるぐる回すと、無駄なくカットできます。


最後に残るのは厚さ5mmほど。


パプリカは独特の形状のため長くつなげることができず、千切りのようになってしまいました。


ベジヌードルカッターで加工した野菜は以下の通り。上から時計回りに、パプリカ(黄・赤)、キュウリ、ジャガイモ、ニンジン、ズッキーニです。


野菜麺が完成したところで、次は実際に野菜麺を使って料理を作ってみます。ズッキーニ麺はパスタにするべく、トマトソースと一緒に鍋で煮込みます。パスタのように別の鍋でゆでなくてもいいので、調理時間が短縮できるのも嬉しいポイント。


「シャキシャキのズッキーニは煮込んでいる途中にポキッと折れてしまうのでは?」と思っていたのですが、折れたり煮崩れたりせず、3~4分ほど煮るとくたくたに柔らかくなり、くるんと丸まっていた麺がまっすぐに伸びていきます。


食べてみると、ズッキーニのシャキシャキとした食感がしっかり残っており、トマトソースが染み込んでパスタっぽく食べることができます。ズッキーニ麺は、小麦粉を使ったパスタよりも歯ごたえがあり満腹中枢が刺激され、カロリーも少ないため、ダイエットにも向いていそうです。ただし、味は間違いなく野菜なので、パスタのような味や食感を期待すると肩すかしを食らってしまうかも。


ジャガイモは、熱した油に入れて揚げてみます。


麺同士がくっついて、かき揚げっぽいフライドポテトが完成。


食べてみるとカラッと香ばしく揚がっており、細切りのポテトチップスのような味わいでサクサク食べることができます。


ヌードル状に加工する際に残った芯の部分も一緒に揚げたところ、ホクホクのフライドポテトに。


ニンジンは軽く湯がいて……


冷水でしめます。


めんつゆをかけてそうめん風に。ゆでることでニンジンの甘みが増して、めんつゆとよく合います。


ニンジン、キュウリ、パプリカは混ぜ合わせると、見た目も彩りも楽しいサラダが完成。ベジヌードルカッターを使えば、包丁で野菜を千切りにするよりも長細く加工することができ、アイデア次第でさまざまな野菜麺料理が作れそうです。


なお、OXO ベジヌードルカッターは、Amazonでは税込2592円で取り扱いがあります。

Amazon.co.jp : OXO ベジヌードルカッター 11151300 : ホーム&キッチン
http://www.amazon.co.jp/dp/B013KAW5IQ/

・関連記事
野菜の糖を食べるバクテリアでわかった「良い」バクテリアが腸内健康を促進するメカニズム - GIGAZINE

「冷蔵庫に入れておいた方が長持ちする」&「冷蔵庫に入れない方が長持ちする」野菜と果物リスト - GIGAZINE

日本から世界初のロボットが農業を行う「自動野菜工場」が誕生へ - GIGAZINE

1日1500円で稼働する超ミニサイズ「野菜工場」、約40日で野菜が完成 - GIGAZINE

ちゃんぽんなのに麺が入ってない「野菜たっぷり食べるスープ 塩味スープ」をリンガーハットで食べてきた - GIGAZINE

204

in レビュー,  試食,  動画,  , Posted by darkhorse_log