「インディ・ジョーンズ」シリーズ5作目が2019年公開決定、スピルバーグ監督&ハリソン・フォード主演


ウォルト・ディズニー・カンパニーが、人気映画「インディ・ジョーンズ」シリーズの最新作を制作中で、2019年7月19日(金)に公開予定であることを発表しました。前作「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」は2008年に公開されたので、11年の間が空くことになります。

Spielberg and Ford Reunite as Indiana Jones Returns to Theaters July 19, 2019 – The Walt Disney Company
https://thewaltdisneycompany.com/spielberg-and-ford-reunite-as-indiana-jones-returns-to-theaters-july-19-2019/


シリーズは1981年公開の「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」から始まり、1984年公開の「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」、1989年公開の「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」、2008年公開の「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」と、これまでに4作品が作られています。このうち、レイダースはアメリカ映画協会が選ぶ「アメリカ映画オールタイムベスト100」にも入っています。

Indiana Jones and the Raiders of the Lost Ark - Trailer - YouTube


ウォルト・ディズニー・カンパニーによると、監督は前4作と同様にスティーヴン・スピルバーグが担当し、主人公のインディアナ・ジョーンズ役もハリソン・フォードが担当。プロデューサーはキャスリーン・ケネディとフランク・マーシャル。

ウォルト・ディズニー・スタジオのアラン・ホーン会長は「インディアナ・ジョーンズは映画史に残るヒーローの1人であり、彼が2019年にスクリーンに帰ってくるのが待ちきれません」「こうして監督、プロデューサー、俳優、役柄が完璧な組み合わせになることはまれであり、ハリソン・フォードとスピルバーグ監督が新たな冒険に乗り出すなんて、これ以上の興奮はありません」と期待を露わにしています。

ちなみに、シリーズは時系列に並べると「魔宮の伝説」が1935年、「レイダース」が1936年、「最後の聖戦」が1938年と第二次世界大戦以前で、「最後の聖戦」から19年後に公開された「クリスタル・スカルの王国」は、作中でも19年が経過した1957年という設定でした。これにならうと、本作は「クリスタル・スカルの王国」から11年後の1968年、ちょうどベトナム戦争のテト攻勢のころということになりますが、現時点ではどういった設定なのかは明らかにはなっていません。

また、「クリスタル・スカルの王国」では新たな相棒としてシャイア・ラブーフ演じるマット・ウィリアムズが登場しましたが、新作に登場するかは不明です。

・追記
Hollywood Reporterによると、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」や「ジュラシック・パーク」「宇宙戦争」などで脚本を務めたデヴィッド・コープ氏が脚本を手がけることになるようです。

'Indiana Jones 5' Enlists 'Crystal Skull' Writer to Pen Script (Exclusive) - Hollywood Reporter
http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/indiana-jones-5-enlists-crystal-876684

・関連記事
映画「インディ・ジョーンズ」に登場したヨルダンのペトラ遺跡の写真 - GIGAZINE

ついにインディ・ジョーンズ第4作目「クリスタル・スカルの王国」の予告ムービー登場 - GIGAZINE

レゴで「レイダース/失われたアーク」の冒頭部分を再現したムービー - GIGAZINE

スター・ウォーズやインディ・ジョーンズのテーマをアカペラで歌うムービー - GIGAZINE

冒険の匂いにワクワクするザイオン国立公園とブライスキャニオン国立公園 - GIGAZINE

406

in 映画, Posted by logc_nt