とろ~りチーズとベーコン・目玉焼きをサンドした、「これぞ王道」なフレッシュネスの「クラシックベーコンエッグチーズバーガー」を食べてみた


クォーターパウンドのジューシーなパティに目玉焼きとベーコンをプラスして、まろやかなマヨネーズのコクがマッチする、ハンバーガーの王道とも言える「クラシックベーコンエッグバーガー」と「クラシックベーコンエッグチーズバーガー」をフレッシュネスバーガーが2016年3月16日から提供開始します。フレッシュネスバーガーのクラシックレーベルに登場する5年ぶりの新商品とのことで、一体どんな仕上がりなのか、実際に食べて確かめてきました。

クラシックレーベル5年ぶりの新メニュー登場!『クラシックベーコンエッグバーガー』『クラシックベーコンエッグチーズバーガー』
http://www.freshnessburger.co.jp/about/Information.html#01_0314

フレッシュネスバーガーに到着。


お店に入り、さっそくクラシックベーコンエッグバーガーとクラシックベーコンエッグチーズバーガーを注文します。


フレッシュネスバーガーでは注文後に商品が作られるため、飲み物だけを先に受け取ってしばし待機。


10分ほど待つと2つのバーガーが届けられました。


ということで、まずはクラシックベーコンエッグバーガーから見ていきます。iPhone 5と比較した時の大きさはこのくらい。


直径はこんな感じです。


バンズの下にはたっぷりとマヨネーズが敷かれており……


レタスの下の目玉焼きは半熟ではなく、固めに焼かれています。


ベーコンは目玉焼きとパティに挟まれていました。


ということで、さっそくパクリ。


食べてみると、ジュワッと肉汁のあふれるジューシーなパティと、適度に酸味のあるまろやかなマヨネーズが口の中に広がります。クラシックバーガーのようにスライスオニオンやピクルス・トマトなどが使われていないので野菜のみずみずしさはあまりありませんが、その分、2枚のベーコンが香ばしさをプラスしており、かむ度にジャンクなうまみを感じられました。また、バンズはふわふわですが、内側は焼かれているのでサクッとした歯触りもあり、シャキシャキのレタスとの食感の違いも楽しめます。


続いて、クラシックベーコンエッグチーズバーガーを食べてみます。


これはクラシックベーコンエッグバーガーにチーズをプラスしたもの。チーズはバーガーの端からトロ~リと溶け出していました。


ガブリといただきます。


パティのジューシーさやマイルドなマヨネーズ、シャキシャキのレタスなどはクラシックベーコンエッグバーガーと同じなのですが、たっぷりのチーズをプラスしたことでジャンクさがさらにアップ。コクも増し、かなりリッチなバーガーになっていました。ボリュームもあり、食べ応えは十分です。


なお、クラシックベーコンエッグバーガーは税抜620円、クラシックベーコンエッグチーズバーガーは税抜720円となっています。

・関連記事
約1300円で超本格的ベーコンやスモークステーキなどが燻製できる「燻家スモークハウス」を使い倒した - GIGAZINE

ベーコンを愛するアメリカ人が認めるベーコンはこうして作られる - GIGAZINE

煙を一切出さずにおうちで燻製三昧のパナソニック「スモーク&ロースター NF-RT1000」を使ってみた - GIGAZINE

ベーコンの次元を超越した「プロージット」のベーコン&ソーセージでポトフを作ってみました - GIGAZINE

肉本来の味わいがあまりにもすごすぎるベーコン&ソーセージ「プロージット」試食レビュー - GIGAZINE

アイスや香水にまでなった「ベーコン」はなぜブームを起こしたのか? - GIGAZINE

129

in 試食, Posted by logq_fa