無料でも全機能を使用可能な超高画質ゲームエンジン最新版「CRYENGINE V」&VRベンチマークツールが登場


モンスターハンターなど多くのゲーム開発に使われているゲームエンジン・CRYENGINEの最新版となる「CRYENGINE V」がゲームデベロッパーカンファレンス 2016(GDC16)で発表され、さらに磨きがかけられた3Dグラフィックのムービーも公開されています。

Crytek Unveils All-New CRYENGINE V and Community-Centered “Pay What You Want” Model | Crytek
http://www.crytek.com/news/crytek-unveils-all-new-cryengine-v-and-community-centered--pay-what-you-want--model


Crytekが発表したCryEngine(第4世代)に続く最新モデルの「CRYENGINE V」は、払いたいと思った金額を支払う「Pay What You Want(PWYW方式)」を採用しており、開発者は言い値を支払うことで最先端のゲームエンジンの全機能をロイヤリティフリーで使用可能。また、支払った金額のうち、最大70%をインディーズゲーム開発の支援ファンド「Indie Development Fund」へ寄付することも可能です。

実際にCRYENGINE Vの購入ページを見ると、0ユーロ、つまり無料でもダウンロードすることが可能になっていました。


CRYENGINE Vの特徴は以下のようになっています。
・C#に対応
・低オーバーヘッドのレンダリングエンジン
・DirectX 12をサポート
・VR用に最適化されたクラウド3D空間レンダリングシステム
・GPUをフル使用して流体エフェクトを作成するパーティクルシステム
・新型ランチャー&UI
FMOD Studioのサポート
・CRYENGINEコミュニティで質問と回答ができる専用チャンネル「CRYENGINE Answers」

なお、CRYENGINE Vの作例ではありませんが、CrytekがGDC16で公開したCRYENGINEのゲームグラフィックムービーは、以下から見ることができます。

CRYENGINE Showcase GDC 2016 - YouTube


また、Crytekは「HTC Vive」「Oculus」「OSVR」をサポートし、CRYENGINEのパワーでVRグラフィックのパフォーマンスを測定可能なベンチマークツール「VRScore」も発表しており、CRYENGINE Vと合わせて、VRゲーム開発でも活躍が期待されます。

Can It Run VR? VRScore™ Tells It | Crytek
http://www.crytek.com/news/can-it-run-vr-vrscore--tells-it

・関連記事
「あなたが払いたいと思った分だけ払ってね」という価格付け「PWYW」をした結果 - GIGAZINE

無料でVRヘッドセットやゲームエンジン「CryENGINE」を利用できるVR開発専門施設「VR FIRST」が登場 - GIGAZINE

Amazonが無料でゲーム実況機能付きのCryEngineベースゲームエンジン「Amazon Lumberyard」発表 - GIGAZINE

Linux・Oculus Riftに対応した最新ゲームエンジンの「CryEngine 3.8.1」がリリース - GIGAZINE

ゲームエンジン「CryENGINE」を月額約1000円で利用できるプログラムが登場 - GIGAZINE

17世紀のロンドンの街並みをCrytekエンジン使用の3DCGムービーで復元 - GIGAZINE

見るだけでわかる圧倒的なクオリティのゲームエンジン「CryENGINE 3 SDK」最新版トレーラームービー - GIGAZINE

165

in ソフトウェア,   動画,   ゲーム, Posted by darkhorse_log