AppleがiPhoneのアンロックを拒否すればティム・クックを逮捕すると保安官が明言


テロリストから差し押さえたiPhone 5cをアンロックするよう出された裁判所命令に対してAppleが反対している問題が長引いていますが、フロリダ州の保安官がこの「Appleのアンロック問題」に言及し、「アメリカの法律に背き続ける悪党は逮捕する」と明言しました。

Florida sheriff pledges to arrest CEO Tim Cook if Apple resists crypto cooperation | Ars Technica
http://arstechnica.com/tech-policy/2016/03/florida-sheriff-pledges-to-arrest-ceo-tim-cook-if-apple-resisted-cooperation/

FBIはAppleに対してサンバーナーディーノ銃乱射事件の容疑者が所持していたiPhone 5cのパスコードを解除できるソフトウェアを作成するよう要請しており、2016年2月にFBIの要請と同じ内容の裁判所命令がAppleに対して出されています。Ars Technicaはこのような裁判所命令には先例がなく、18世紀に制定された全令状法(All Writs Act)に基づく不明瞭な裁判所命令であるとしています。

By Perspecsys Photos

そんな中、ポーク郡のグラディ・ジャッド保安官は最近発生した殺人事件について記者会見を実施。サンバーナーディーノ事件と同様に容疑者がiPhoneを所持しており、容疑者は被害者の写真をiPhoneで撮影したと供述しているため、押収したiPhoneをアンロックするために私立探偵の協力を得る必要があったとのこと。記者会見ではAppleのアンロック問題について質問が出ましたが、保安官は「全てのアメリカ人が法の下に平等である以上、Appleだけがビジネスのために法を外れることはできない」と返答。

さらに保安官は「Appleが今後も同様のアンロック問題に直面する場合、ティム・クック氏は法廷侮辱罪で投獄される可能性がある」と言及しており、「今後もAppleが裁判所命令に背くなら、私はAppleのCEOを逮捕するでしょう。私は悪党の逮捕を誓います」と歯に衣着せぬ言葉でAppleの方針を批判しました。なお、Appleはこの件に関してコメントを出していないとのことです。

・関連記事
「iPhoneの暗号を回避できるバックドアを作れ」という政府要請をAppleが拒絶 - GIGAZINE

自称「サイバーセキュリティの生ける伝説」いわく「iPhoneの暗号化を無料で破る、Appleはバックドアなど作らなくてよい」 - GIGAZINE

Appleは実に過去70回も捜査のためにパスワードを解除していた - GIGAZINE

FBIが勝手にテロ容疑者のiPhoneのパスワードを変更、データが読み取れなくなった恐れ - GIGAZINE

Appleのティム・クックCEOが社員宛にFBIとの暗号解除問題に関するメールを送信&Apple利用者向けのQ&A公開 - GIGAZINE

ビル・ゲイツがApple対FBIの戦いでFBI支持を撤回、FBIはさらに別のiPhoneのロック解除も要求 - GIGAZINE

iPhoneのロック解除を可能にするソフトウェアは「ガンに等しい」とAppleのティム・クックCEO - GIGAZINE

345

in モバイル,  ハードウェア,  メモ,  セキュリティ, Posted by darkhorse_log