誰でも無料で利用できる空中ランニングトラック「エアトラック」に行ってきました


春が近づくこの時期、「暖かくなってきたしそろそろジョギングでもするか」と思い立ったものの、近所の道だと車が多くて安全が心配だったりで、都会の中では満足なジョギングルートを見つけられないこともよくあります。そんなときふと、空中に浮かぶというランニングトラック「エアトラック」があったことを思いだしたので、どんな様子になっているか見てくることにしました。

ヘルスエイド エアトラック カレンダー | もりのみやキューズモールBASE
http://qs-mall.jp/morinomiya/airtrack/

エアトラックがある「もりのみやキューズモールBASE」に到着。建物の屋上に、なにやら見慣れぬ物体がドンと乗っています。


敷地の反対側から見ると、さらにその様子がよく分かります。まるで、大手テーマパークで建物の間をぬって走るジェットコースターのような、そんなイメージ。


エアトラックの全貌はこんな感じ。まるでCG画像にも見えてくる光景ですが、れっきとした本物の建物です。2階建てのショッピングモールの屋上に設けられた一周300メートルのランニングとウォーキング専用の空中回廊で、なんと誰でも無料で自由に利用することができます。


所在地は大阪市中央区森ノ宮中央2丁目1番70号で、大阪城に隣接する大阪城公園のすぐ南に位置しています。電車の場合の最寄り駅は、地下鉄だと中央線「森ノ宮駅」2号出口から徒歩1分、JR環状線の場合は「森ノ宮駅」から徒歩3分という立地。ちなみにこの場所は、昔からの野球ファンなら名前を聞いたことがある「日生球場」があった場所で、モールの名称に「BASE」が入れられているのも、その名残とのこと。


ということでまずはショッピングモールの中へ。もりのみやキューズモールBASEは屋外型のショッピングモールとなっているほか、スポーツショップの「ゼビオ」とスポーツクラブ「オアシス」が敷地の多くを占めており、スポーツ寄りのショッピングモールといった印象です。


モール内には、ウォールクライミング(ボルダリング)を楽しめる施設もあります。子どもでも気軽に楽しめる施設になっており、現地を訪れた時も多くの子どもがハーネスを締めて壁をよじ登っていました。


エアトラックは、このモールの3階部分に作られている模様。さっそく屋上の3階へと上がってみます。


3階へ通じるエレベーターがありますが……


どうせなら、ということで階段で上ってみました。


ぐるっと見渡したエアトラックはこんな感じ。普通のカメラだと到底収まらないのでパノラマ写真で撮影しています。


トラックには北側と西側の2カ所から入ることが可能で、入り口付近にはコースの種類と進行方向を示す表示が入れられています。トラックにはレーンが3本あり、内側の2本はランニング専用で左回りのみ、そして一番外のレーンがウォーキング専用となっており、このレーンだけはどちらに進んでもOKとなっています。


ひとまず、一番外側のレーンを歩いて一周してみました。一周およそ300メートルとなっており、約4分ほどで歩いて一周できる長さです。

もりのみやキューズモールBASEの空中ランニングトラック「エアトラック」をてくてくと歩いてみた - YouTube


西側の入り口からコースイン。すぐに、長さ100メートルほどの直線が見えます。


真横にはフットサル用のコートがあり、ワイワイいいながら楽しんでいる一団の姿も。


直線の端まで来たところで振り返ってみるとこんな感じ。それほど広大なトラックでもないので、スタート位置から離れすぎてしまうことが心配になる必要もなさそう。


そのままカーブを曲がって進んでいると、大阪城の天守閣の姿が見えてきました。


北側の直線に、もう一つの入り口があります。そしてここにもフットサル用のコートがもう一つ。


トラックには、本物の芝と見間違えそうなほどリアルな人工芝が敷き詰められており、クッション性がいいので足腰への負担が少なそうなのがグッドです。


2つめのフットサルコートを横目で見つつ、直線を端まで歩ききると最初のスタート位置に一周してきました。ぜんぜん頑張らずに歩いても4分で一周できるので、手軽にジョギングやウォーキングを楽しむことができそうです。そういえば、若い人に混じって高齢の利用者も多くいたのが印象的でした。


実際に訪れてみると、道路を走るときのように自動車に気をつける必要がないことが最大のメリットと感じます。また、クッション性の高い地面のおかげで、ランナーやウォーキング愛好者に優しいトラックと言えそうでした。そしてなにより無料で誰でも使えるというのが実に素晴らしいので、今後は日本各地に同じような施設ができることを期待せざるにはいられない、そんな空中トラックとなっていました。

もりのみやキューズモールBASEの「エアトラック」の解放時間は、平日と土曜が9時から23時30分、日曜・祝日が9時から20時30分となっており、前述のように利用料は必要ありません。利用する際の服装は普段着のままでも問題ありませんが、シューズやウェアをレンタルしたい人は隣接するスポーツクラブで有料レンタルすることも可能。レンタル料金はシューズが100円、ウェア類が300円ですが、利用するにはロッカールームの利用料金700円が別途必要となっています。

・関連記事
ダイエットや健康的な生活を続けるためアナログスマートウォッチ「Withings Activité Pop」を約2カ月使ってみました - GIGAZINE

座るより歩く方が平均60%もクリエイティブな能力を向上させることが明らかに - GIGAZINE

ランニングマシン(トレッドミル)が辿ってきた苦痛の歴史 - GIGAZINE

ほんの数十年前までランニングするのは変人で警察の職務質問のターゲットだった - GIGAZINE

靴を足に巻き付けて完全フィットを実現した風呂敷という名の新感覚シューズ - GIGAZINE

汗だくになっても臭わない銀繊維を編み込んだTシャツ「SilverAir Shirts」を使ってみた - GIGAZINE

252

in 取材,  動画, Posted by logx_tm