お花型のピザに3種のチーズがたっぷり詰まった「ごちそうチージーフラワー」を食べてみた


春の到来を告げるかのような、お花の形のピザに、パルメザン・クリームチーズ・モッツァレラの3種類のチーズをトッピングした「ごちそうチージーフラワー」をピザハットが3月4日(金)から提供開始しています。3月に入ってもまだ寒い日が続いていますが、お花型のピザで春の気分を味わうべく、注文して食べてみることにしました。

ごちそうチージーフラワー - ピザハット|ピザハットオンラインで簡単ネット注文!
https://pizzahut.jp/pc/general/include/gochiso_cheesy_flower_2016.html

ピザハットオンラインで注文すると、30分ほどでピザが到着。今回は「ごちそうチージーフラワー」と、同じく新発売の「ピザハット・ベスト4(フォー)」がセットになった「春のダブルボックスB」(Mサイズ・税込3510円)を購入。サイドメニューの「めんたいポテト焼き」「プルコギポテト焼き」(各税込410円)も新登場していたので、ピザと合わせて注文しました。


ダブルボックスは、上段に「ごちそうチージーフラワー」が入っており……


ごちそうチージーフラワーの台座を持ち上げると、下段に「ピザハット・ベスト4(フォー)」が入っていました。


ごちそうチージーフラワーは、「3種チーズのマルゲリータ」「3種チーズのテリヤキチキン」「3種チーズのアボカド・シュリンプ」の3種類のピザが2ピースずつ、合計6ピースのピザ。トッピングとして、パルメザン、クリームチーズ、モッツァレラの3種類のチーズが使われています。


クリームチーズをピザの上にドーンとのせて、パルメザンチーズをピザの中央部分に散らしてあり、さらには「みみ」の中にモッツァレラが入っているとのこと。


「みみ」の表面にはパン粉がまぶしてあり、カリッと香ばしい見た目。


「3種チーズのテリヤキチキン」は、テリヤキチキンがゴロッと大きめのカタマリでのっていて、食べ応え抜群。テリヤキチキンの甘辛い風味とクリームチーズのコクがどちらも強く主張してくるので、相性バッチリというよりは、それぞれの味を別々に楽しむという感じ。


みみの中には濃厚なモッツァレラチーズがたっぷり詰まっていて、最後の一口までピザを楽しめます。


「3種チーズのマルゲリータ」は、トマトの甘みとチーズのコク深い味わいが好相性。


ペースト状のアボカドとエビがトッピングされた「3種チーズのアボカド・シュリンプ」は、プリプリ食感のエビとまろやかなチーズがよく合っています。アボカドの風味は、エビやチーズに比べると控えめでした。


付属のハニーメイプルをクリームチーズにかけてみると、トロリとまろやかなチーズと濃厚な甘さのハニーメイプルが相性抜群で、ピザなのにチーズケーキのような風味と食感でした。


ケンタッキーフライドチキンのビスケットについてくるハニーメイプルと同じなので、カリカリのみみの部分にかけると、チーズ味のビスケットのような味わい。試食した編集部員からは「ハニーメイプルをかける場所によっては、チキンやアボカドとハニーメイプルが混ざることで、チーズの苦味が増してしまう」という感想も出ていました。


「ピザハット・ベスト4(フォー)」は、ピザハットで人気「アイダホ風ほっくりポテマヨ」「フレッシュモッツァレラのマルゲリータ」「特うまプルコギ」「シーフードミックス」の4種類のピザが1枚で堪能できるメニュー。


生地はみみがもっちりと膨らんだ「ふっくらパンピザ」。


甘辛いタレが絡んだ焼き肉に糸唐辛子をトッピングした「特うまプルコギ」は、たっぷり盛られた牛肉に糸唐辛子の辛みがじんわりと効いてきて、手が止まらなくなる味わい。


「アイダホ風ほっくりポテマヨ」はソーセージ・ポテト・マヨネーズが相性抜群で、特にマヨネーズが効いているので子どもから大人まで楽しめそうな味。


「フレッシュモッツァレラのマルゲリータ」はたっぷりかかったチーズとトマトが鉄板の味わい。


「シーフードミックス」は、ベースのクリームソースとエビ・イカ・ブロッコリーがよく合っていて、口当たりがまろやかなピザでした。


サイドメニューは真っ赤な箱に入って届けられます。


開封するとニンニクのいい香りが漂います。


「プルコギポテト焼き」は、大きめにカットしたポテトの上に甘辛く味つけたプルコギをのせて、特製マヨソースをかけて焼いたグラタン風のメニュー。


スプーンですくってみると、ポテトの間にコーンがたっぷり入っていました。一般的にホワイトソースが使われるグラタンとは違って、ポテト焼きにはマヨネーズがたっぷり入っており、味は非常にまろやか。甘辛いタレが染み込んだ牛肉はカリッと香ばしく焼かれていて、焼肉のタレの味が好きな人には間違いない一品です。


「めんたいポテト焼き」はポテトに熟成ベーコンをのせて、特製マヨソースと明太子クリームソースの2つのソースをかけたもの。


明太子クリームソースが表面にたっぷりかかっています。


明太子のピリ辛風味と、ポテトのほっくりとした味わい、ベーコンのうまみが口の中で混ざり合って相性バッチリ。「プルコギポテト焼き」と同じくマヨネーズがたっぷり入っているので、グラタンよりもポテトサラダに近い感覚でした。

・関連記事
生アボカドをピザに「あとのせ」して食べる「ピザーラクラブハウス」を食べてみました - GIGAZINE

「野菜は不要」といわんばかりに7種のお肉を所狭しと載せた肉まみれピザ「MEAT LOVER7(ミートラバー7)」をドミノ・ピザで注文して食べてみた - GIGAZINE

焼きたてピッツァ食べ放題の「グラッチェガーデンズ」でピザを食べまくってきた - GIGAZINE

880円でピザ・パスタ食べ放題の「ピッツァ サルヴァトーレ クオモ」で世界一のピザ「D.O.C」を食べてみた - GIGAZINE

家庭のガスコンロで本格的なピザが焼ける「ピッツェリア」でピザをレストランのような焼き上がりにパワーアップさせてみた - GIGAZINE

3Dプリントでピザを作る会社にNASAが出資、宇宙でピザを焼ける日が到来する可能性もあり - GIGAZINE

54

in 試食, Posted by darkhorse_log