映画「マトリックス」のウォシャウスキー姉弟が性転換で姉妹に


映画「マトリックス」で知られるウォシャウスキー元兄弟の兄であるラリー・ウォシャウスキーは、2008年に公開された映画「スピード・レーサー」の後に性別適合手術を受け、女性として生まれ変わり名前もラナ・ウォシャウスキーに改名しました。それ以降、2人はウォシャウスキー姉弟と呼ばれてきたのですが、弟のアンディ・ウォシャウスキーが性別適合手術を受けて女性になり、名前をリリー・ウォシャウスキーに変更したことを発表し、ウォシャウスキー姉弟からウォシャウスキー姉妹になりました。

229825 - Second Wachowski filmmaker sibling comes out as trans - Gay Lesbian Bi Trans News Archive - Windy City Times
http://www.windycitymediagroup.com/lgbt/Second-Wachowski-filmmaker-sibling-comes-out-as-trans-/54509.html

リリーは同性愛者・両性愛者・トランスジェンダー向けのメディア「Windy City Times」に、「衝撃の性転換-ウォシャウスキー兄弟が姉妹になる!!!」というタイトルで声明文を発表。声明文によると、リリーの性転換に関する記事が過去に何度も出版されそうになり、これが自分の意思に反するものとしてリリーは自ら性転換の事実の公表に踏み切ったとのこと。声明文では「そうよ、私はトランスジェンダーなの。性転換したのよ」と、自分がトランスジェンダーであることをはっきりと述べています。

公表の1日前に、イギリスのタブロイド紙「Daily Mail」の記者を名乗る人物がリリーの自宅を訪問。Daily Mailは以前にルーシー・ミードゥースというトランスジェンダーで、小学校で教員を務める女性の記事を書いていて、その記事は要約すると「トランスジェンダーの人が教員を務めるのは生徒に悪影響である」という内容で、「ミードゥースさんは間違った体の罠にはまっただけでなく、間違った職種の罠にはまっている」とまで言い切ったとのこと。その後、ルーシーさんが自殺するという悲劇が起こりました。

ルーシーさんについて書いていたDaily Mailの記者が自宅にきたことで、リリーさんは恐怖を感じ、性転換の公表に踏み切りました。

2012年に公開された「クラウドアトラス」の試写会でのウォシャウスキー姉妹。左が今回性転換したことを公表したリリーで、右がラナです。

By anna Hanks

リリーは「トランスジェンダーになるということは、厳しい現実に直面し、残りの人生は敵意にさらされるということです。私は家族や妻、友人が協力的なので、ラッキーな方だと思います。サポートを受けられないトランスジェンダーの人の中には殺人事件に巻き込まれる人もいます。事実、アメリカにおけるトランスジェンダーの殺人事件被害者数はとてつもなく多いです。私たちは捕食者ではありません。捕食される側なのです」と、トランスジェンダーの人を危惧するコメントを声明文に残しています。

リリーは声明文で自身の写真を投稿しています。

・関連記事
「マトリックス」監督の完全オリジナルSF映画「Jupiter Ascending」予告編があらゆるアクション・メカ要素を詰め込みまくって圧巻のド迫力 - GIGAZINE

多くの大会で優勝している女性アスリートが実は男だったことが判明 - GIGAZINE

映画「マトリックス」の上から文字が落ちてくるアレをわずか1KB以下のコードで再現 - GIGAZINE

男性から女性へと華麗なる変身を遂げたビフォーアフターもりだくさん - GIGAZINE

自動車・バイク・ボートまで何でもありの映画のチェイスシーンを集めた「The Chase」 - GIGAZINE

265

in 映画,  メモ, Posted by darkhorse_log