誰がいつどこから何をツイートしたのかを地図上に可視化する「MapD Tweetmap」


世界中のどの場所でどんなことがツイートされているのか、一定地域ではどの言語のツイートが多いのかといったデータをマップ上に落とし込んで可視化したサービスが「MapD Tweetmap」です。

MapD Tweetmap
http://www.mapd.com/demos/tweetmap/

見た目はこんな感じ、それぞれの細かい点1つ1つがその場所でなされたツイートを示しています。


デフォルトだとツイートは言語別で色分けされています。アメリカは英語が多く、メキシコに入るとスペイン語が出てきます。


中東からインドにかけて。


そして日本は当然ながら日本語が圧倒的多数。ツイート数は人口密度に応じて散らばっている感じがしますが、海の上にもツイートがぽつぽつと見受けられます。


マップはズームイン・アウト操作が可能。首都圏に寄っていくとこんな感じ。


東京ビッグサイト周辺。ツイートデータはリアルタイムのものではなく2014年11月から2015年3月のものなので、コミックマーケット87(2014年の冬コミ)に参加した人のツイートなどが見られます。


タイの人のツイートも発見。


画面最下部のメニューは「Language」と「Source」を切り替えられ、「Source」だと何からツイートされたかが表示されます。日本はiOSが優勢なようですが……


世界的にはAndroidの方が若干優勢です。


左側のメニューで、上から2番目のアイコンをクリックするとコロプレス表示になります。


ツイート数が少ないほど色が薄く、ツイート数が多いほど色が濃く表示されます。


日本列島はこんな感じ、計測期間中の総ツイート数は約300万ツイートあって……


東京は39万7294ツイート


愛知は19万878ツイート


大阪は32万1113ツイート


データが取得されていないだけだと思いますが、佐賀は0ツイートでした。


なお、画面右側にはツイート数の多いハッシュタグが表示されています。この「#mtvstars」は……


日本ではほとんどツイートされていませんが、ツイート元は世界中に散らばっています。これはその年のアーティストを決める「MTV Stars」という企画で使われたツイートで、アーティスト名に「#mtvstars」とつけてツイートするだけで集計が行われるため、大量のツイートが行われていました。


日本語ハッシュタグも検索可能でした。たとえば「#艦これ」の検索結果はこんな感じ。ちょっと集計データが古いので、2014年秋に行われたイベントのツイートが集まっています。


当然、このツイートをしているのは日本の人が多いのですが……


ジャカルタでもツイートをしている人がいました。


この「MapD Tweetmap」は「MapD」というGPUデータベースのデモンストレーションとして作られたもので、データ処理・可視化が高速に行われていることが体感できます。

The MapD Gpu-Powered Tweetmap: Instant Social Media Analytics
http://www.mapd.com/blog/2016/03/08/mapd-tweetmap/

・関連記事
ツイッターでつぶやくとGoogleマップ上に位置情報が表示される「TwitterMap」 - GIGAZINE

激怒して「Fワード」をツイートしている人を地図上に表示する「FBomb」 - GIGAZINE

ジオタグ付きツイートからどこでどれだけツイートされているのかを可視化した地図「Andes」 - GIGAZINE

ドコモのオートGPSとTwitterを連携させてリアルタイムで「盛り場」を表示 - GIGAZINE

TwitterやInstagramにアップされた写真から撮影場所を特定する方法 - GIGAZINE

239

in ネットサービス, Posted by logc_nt