VRヘッドセットを装着して楽しむジェットコースターが登場


まるで目の前にあるかのように仮想現実を楽しむことができるVRヘッドセットが続々と実用化されつつあり、ゲームへも応用が始まっていますが、アミューズメントパークにあるアトラクションもVRを使うことでさらに楽しさがアップするということで、VRヘッドセットを用いるジェットコースターが生まれました。

Overview | Six Flags
https://www.sixflags.com/national/vr/overview

これは北米で18のアミューズメントパークを展開しているSix Flagsが、VRヘッドセット「Gear VR」を展開しているSamsungと組んで行うもの。どんな感じのものになるのかはムービーを見るとなんとなく掴めます。

New Revolution at Six Flags - YouTube


アミューズメントパークにある絶叫マシンの代表格、ジェットコースター。


その体験が大きく変わることになります。


Six Fragsが新たに仕掛けるジェットコースターは、このようにVRヘッドセットを装着して乗ります。


VRでは、まるで自分が戦闘機乗りになったかのような映像が流れていて……


ジェットコースターの動きに合わせて、戦闘機を操縦しているかのような感覚が味わえます。


左側がVRの映像、右側がジェットコースターから見た風景。VRなら現実の空間では見られないような光景を駆け抜けることができます。


Six Flagsは、合計9つのVRジェットコースターを作る予定です。それぞれ、コースターの名前とアミューズメントパークは以下の通り。

Shock Wave:シックス・フラッグス・オーバー・テキサス(テキサス州アーリントン)
Dare Devil Dive:シックス・フラッグス・オーバー・ジョージア(ジョージア州アトランタ)
The New Revolutionシックス・フラッグス・マジック・マウンテン(カリフォルニア州ロサンゼルス)
Ninja:シックス・フラッグス・セントルイス(ミズーリ州ユリーカ)
Steamin' Demon:グレート・エスケープ(ニューヨーク州レイク・ジョージ)
Goliath:ラ・ロンド(カナダ、ケベック州モントリオール)
SUPERMAN Krypton Coaster:シックス・フラッグス・フィエスタ・テキサス(テキサス州サンアントニオ)
SUPERMAN The Ride:シックス・フラッグス・ニュー・イングランド(マサチューセッツ州アガワム)
SUPERMAN Ride of Steel:シックス・フラッグス・アメリカ(メリーランド州アッパーマルボロ)

下の3つは「SUPERMAN」の名前の通り、スーパーマンをモチーフにしたコースターです。

なお、「Shock Wave」は2016年3月10日から、「Dare Devil Dive」は3月12日から、「The New Revolution」は3月26日から、それぞれシーズンパスの所有者向けに体験会が行われます。

・関連記事
「Oculus Rift版マインクラフト」で仮想現実ゲームプレイの様子はこんな感じ - GIGAZINE

世界初の「VR音ゲー」のプレイスタイルがわかるムービー - GIGAZINE

拡張現実ヘッドセット「Microsoft HoloLens」はどうすごいのかが一発で分かるアプリまとめ - GIGAZINE

マクドナルドのハッピーセットがOculus RiftのようなVRヘッドセットに - GIGAZINE

「仮想空間の家具に座るのは危険」と10分で1万台超のVRヘッドセット予約が入ったHTCが警告 - GIGAZINE

146

in 乗り物,  動画, Posted by logc_nt