いちごの甘酸っぱさとふわふわチーズタルトが口の中で絶妙に溶けるパブロの「いちごとピスタチオのチーズタルト」を食べてみた


チーズケーキ専門店の「PABLO(パブロ)」は毎月数量限定で、その季節においしく食べられる素材を使ったチーズタルトをリリースしています。2016年3月はこの季節のチーズタルトとして「いちごとピスタチオのチーズタルト」が登場しており、いちごの甘酸っぱさとふわふわチーズケーキの絶妙な味わいが楽しめるとのことなので、実際に食べてみました。

2016年3月より季節限定『いちごとピスタチオのチーズタルト』が登場します。〈期間・数量限定〉 | チーズタルト専門店PABLOのニュース&メディア掲載情報

いちごとピスタチオのチーズタルトは白を基調としてシンプルなデザインの箱に入っています。


箱を開けると、表面が真っ赤ないちごのグラサージュでコーティングされたいちごとピスタチオのチーズタルトが顔を出します。


タルトは直径がちょうどiPhone 6/6sと同じくらいの長さ。


チーズタルト生地にピスタチオクリームといちごのグラサージュを重ね、いちごとブルーベリーをトッピングしたのがいちごとピスタチオのチーズタルト。


表面にはいちごとブルーベリーがトッピングされており、半透明のいちごのグラサージュの下にはスライスされたいちごが敷き詰められているのがわかります。


カットしてみるとこんな感じ。いちごのグラサージュの下に緑色のピスタチオクリームが確認できます。


断面をチェックすると、1番外側にタルトのパイ生地があり、その上にチーズタルト生地、さらにその上に緑色のピスタチオクリーム、そして表面に半透明のいちごのグラサージュがコーティングされています。


さっそく食べてみると、いちごといちごのグラサージュの甘酸っぱい風味が口の中いっぱいに広がります。いちごをたっぷり使っており、さらにいちごのグラサージュもたっぷりコーティングされているので、いちごのフレッシュさがタルトの全面に出てくる、春を感じさせられる味わいです。チーズタルトはとてもふわふわで口に入れるとふんわりとろけるのですが、ここにいちごの甘酸っぱさがプラスされて一気に華やかな味わいに変貌。ピスタチオクリームはそれほど主張が強くなく、言われなければ気づかないくらいの存在感。チーズタルトはチーズの風味がしっかり残っているというよりはあっさりした食べやすいタイプなので、いちごの甘酸っぱさとも相性が良く、パクパク食べ進められます。


なお、いちごとピスタチオのチーズタルトは税込1800円で、数量限定販売となっています。

・関連記事
「ユズ・サクラ・黒みつ抹茶」3種の和風ドーナツが揃ったクリスピー・クリーム・ドーナツ「Welcome Spring」を食べてきた - GIGAZINE

「コールドストーン プレミアムビュッフェ」で「あまおう」「ショコラあまおう」などを好き放題食べてきた - GIGAZINE

サクサクのタルトとふわとろチーズムースが絡むきのとやの「焼きたてチーズタルト」を食べてきた - GIGAZINE

ホワイトチョコ×チェリーで上品に桜を感じるリンツ「ホワイトチョコレートサクラアイスドリンク」試食レビュー - GIGAZINE

「たけのこの里」が甘酸っぱいイチゴ&ほろ苦抹茶アイスとベストマッチな「たけのこの里の苺まっちゃパフェ」を食べてみた - GIGAZINE

302

in 試食, Posted by logu_ii