ピクサーの新作「ファインディング・ドリー」最新予告編、今度はドリーが家族を探しに大冒険


ピクサーが送り出す「ファインディング・ニモ」の続編「ファインディング・ドリー」の最新予告編が公開されています。健忘症のドリーが思い出したのは家族の記憶。今回はドリーが幼い頃に別れた家族を探しに大冒険するストーリーになっています。

Exclusive! A Brand New ‘Finding Dory’ Trailer - YouTube


きれいなサンゴの隙間を縫うように泳ぐドリー、マーリン、ニモの3匹。


「今日はエイの移住について勉強しよう!」とエイ大先生。


「移住とは、故郷に帰ること。故郷とはあなたたちがやってきた場所のことなんだよ」と話す先生。


エイ大先生が故郷について説明する間、なぜか悲しげな表情を見せるドリー。


「思い出した!私には家族がいたのよ!」とドリーは家族の存在を思い出します。


しかし、ドリーが思い出したのはお母さんの「私たちのことを忘れたらだめよ」という言葉。


「家族に会いたい……」


しょんぼりするニモ。


思い立ったら即行動!ということでドリーは家族を探す旅に出かけます。


旅の途中ではウミガメたちに遭遇。


ウミガメのクラッシュがものすごいスピードで泳ぎながら「すごいだろ?」とマーリンに一言。


ドリーはどうやら水族館のような施設に捕らえられてしまった様子です。


水族館では大きなジンベエザメに遭遇し、食べられてしまいそうになりますが……


すぐお友達になりました。


話していると、ジンベエザメとドリーは小さな頃に遊んでいた友達だったことが判明します。


「私の家族を見なかった?」と聞き込みを始めるドリー。


「私の家族はどこー?」と探し回るドリーに、タコが「ここは危険だよ!指が襲ってくるんだよ!」と注意します。


「指!?」


その瞬間、大きな手がドリーを襲います。


頭を抱えるシロイルカ。


指の正体は水族館にやってきた子ども。興味津々で、そこら中の生き物を指でつつきまくります。


ドリーピンチ。


指でプニプニされそうになります。


「危なかったわ」と身を隠すドリー。


「助けてー!」と叫ぶドリーが連れてこられたのは、どこかの家の水槽。


キッチンの壁に擬態したタコが「今いくよ!」と助けにいくのですが……


ズルリンと失敗。


「あらら……」とつぶやくドリー。果たしてドリーは水槽から脱出して家族に再会することができるのでしょうか。


映画「ファインディング・ドリー」は2016年7月16日から日本で公開予定です。なお、吹替版では前作に引き続き室井滋さんがドリーを、木梨憲武さんがマーリンを担当することが決まっています。


・つづき
ディズニー/ピクサー最新作「ファインディング・ドリー」予告編第3弾公開、水族館に捕まったドリーが家族探しの大冒険へ - GIGAZINE

・関連記事
ピクサーがこれまでの名作映画をオマージュしまくっているシーンを集めたムービー「Pixar’s Tribute to Cinema」 - GIGAZINE

創造性はひらめきではなく「積み重ねた失敗」から生みだされる - GIGAZINE

何度も見られている映画トップ25 - GIGAZINE

あのピクサーが24年前に作成した最初の短編アニメーション「アンドレとウォーリーB.の冒険」 - GIGAZINE

ピクサー創始者ジョン・ラセターが振り返るピクサー30年の歴史 - GIGAZINE

ピクサーの作品に秘められた物語を書くための22の法則 - GIGAZINE

92

in 動画,  映画, Posted by darkhorse_log