モスが始めるパスタ専門店「ミアクッチーナ」の1号店でこだわりパスタを食べてきた


モスバーガーを展開する「株式会社モスフードサービス」が、同社では初となるフードコート向けパスタ専門店「ミアクッチーナ」を2016年3月2日(水)にオープンします。記念すべき第1号店は兵庫県尼崎市にある「あまがさきキューズモール」のフードコート内に登場するとのことで、オープン前日の3月1日にはプレス向けにフードコート内覧会が開催されたので、どんなお店になっているのか潜入してきました。

あまがさきキューズモール新店情報
http://qs-mall.jp/renewal/amagasaki/

(PDF)モスが手掛ける新業態のパスタ専門店「ミアクッチーナあまがさきキューズモール店」3月2日(水)1号店オープン ~フードコートで楽しめる本格パスタを提供~


あまがさきキューズモールに到着。お店の場所はJR尼崎駅から歩いて3分ほど。尼崎駅の北口からデッキ(歩道橋)で直結されています。


建物に近づくと、2016年春に始まるリニューアルを告知する巨大な看板を発見。スベらない宣伝部長を務める、お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田さんが「パァ!出たぁ!」とお出迎え。心強い宣伝部長です。


エスカレーターで一階に降りてフードコートに到着。完全リニューアルされて広くなったというフードコートは、文字どおりピカピカの状態。上記の5店舗を含む、全部で11店舗が軒を連ねています。


あまがさきキューズモールはファミリー層の利用客が多いとのこと。そのため、小さな子どもでも安心して食べられる「キッズテーブル」というエリアも設けられているので、親子連れでも気軽に立ち寄れるフードコートになっています。


ミアクッチーナのお店に行ってみました。当然のことながら、モスバーガーとは全く違うデザインのお店になっています。どんな料理が出てくるのか興味津々。


フォークでパスタをクリクリッとしたお店のマークとロゴで、パスタとサラダがメインのお店の模様。「ミアクッチーナ」はイタリア語で「私の台所」を意味する言葉だそうです。


さりげなく、モスの系統であることを示す「presented by MOS」の文字も。


メニューをのぞいてみると、定番中の定番、その名も「傑作ボロネーゼ」や「海老とホウレン草のアメリケーヌソース」、「ライ麦パン(くるみ入り)」や……


こちらも定番の「カルボナーラ」や「鉄板ナポリタン」、「マスカルポーネとトマトソース」、そしてイタリア・ナポリの郷土料理である「ゼッポリーネ」が並んでいます。ゼッポリーネは、小麦にイーストと海藻を混ぜて発酵させ、油で揚げて仕上げるという、磯の香りが楽しめる一品とのこと。


また、サラダとハーフパスタ、ゼッポリーネ3個かライ麦パン、ドリンクのセットメニューも用意されています。パスタは「本日のパスタ」をハーフサイズ(50グラム)でセットにしてあるそうです。今回はこのセットメニュー「生ハムの彩りサラダとハーフパスタのセット」(税込み980円)を試食してみることにしました。


注文を済ませると、呼び出し用のアラーム端末が渡されます。ただのアラームかと思いきやこの端末、液晶ディスプレイが埋め込まれていていろんな情報が表示されるようになっています。


言葉の意味から慣用句を連想する脳トレ系のゲームが表示されたりするので、待ち時間でも退屈することがなさそう。よく注意してみると、ゲームにあわせてBGMも流れていました。


料理の準備が整うと「\できあがり!/」とテンション高めなお知らせが表示されました。音だけのアラームとは違い、メッセージが表示されるアラームは、できあがった感がハンパない仕掛けです。


ということで、ハーフパスタセットができあがりました。ハーフパスタは「マスカルポーネとトマトソース」で、残念ながら今回はゼッポリーネがなかったとのことで、ライ麦をチョイス。ドリンクはウーロン茶を選びましたが、ペプシコーラやジンジャーエール、コーヒーなどを選ぶこともできます。


iPhone 6と並べて見るとこんな感じ。サラダやサイドメニューが一緒に付いてくるので、ハーフサイズとはいえ十分満足出来そうなボリューム感です。


トマトソースが絡められたスパゲッティの上には真っ白な北海道産のマスカルポーネチーズ、そしてベビーリーフがのせられており、彩りが鮮やか。スパゲッティの上には、バジルや黒コショウがトッピングされています。


サッパリとしつつも、トマトの風味がほどよく感じられるソースは食べやすさがいい感じ。スパゲッティもモチッとした食感でありながら、重すぎず軽すぎずのナチュラルな食べ応えでした。


なお、ミアクッチーナではデュラム小麦のセモリナ粉100%のイタリア「ラ・モリサーナ社」のパスタを使用しているとのこと。生パスタは使わず、時間がかかる乾麺のパスタをその場で茹であげるとのことで、手間と時間はかかるようですが「この手間を惜しまないのがモスのDNAです」と話していた開発者の言葉が印象的でした。もちろん、お店のピーク時にもお客さんを待たせない工夫は織り込み済みとのことです。

マスカルポーネチーズはクリームタイプのものが使われており、口に入れた瞬間にフワッとなくなって風味とまろやかさが残る感じ。トマトソースの酸味にまろやかさがマッチして、ボリュームアップを楽しめる組み合わせです。


ライ麦パンの中にはくるみが入っていて、軽やかな歯ごたえが心地いい感じ。そのまま食べてもよし、お皿に残ったパスタソースを付けて食べてもグッドなパンでした。


生ハムの彩りサラダは、その名の通り生ハムがのせられたイタリアっぽさを感じさせるサラダ。


生ハムはみずみずしさのあるサッパリとした塩味を感じる一品。塩気が強いものも多い生ハムの中にあって、程よい味付けで肉の味をよく感じられる生ハムが使われていました。やや厚めにスライスされているためか、食べ応えもなかなかのものです。


野菜にはレタスやグリーンカール、サニーレタス、トレビスなどの数種の野菜に、ゆで卵、赤・黄のパプリカ、ミニトマトをトッピング。見た目以上に食べ応えのあるサラダとなっていました。


モスの新業態・パスタ専門店「ミアクッチーナ」は、「今はまだ言えないけど今後も新店舗をオープンさせていく予定」とのこと。近くにオープンしたときには1度訪れてみてもよさそうです。

・関連記事
広島にオープンした「モスド1号店」で店舗限定の新メニューを食べてきた - GIGAZINE

ハンバーガーも揚げドーナツも出さないモスとミスドの新業態、関東への出店も - GIGAZINE

チキン&野菜をワンプレートでもりもり食べられる「ベジケンタ」試食レビュー - GIGAZINE

フレッシュネスバーガーが贅沢空間を目指した新業態店舗「Crown House」でクラウンバーガーを食べてきた - GIGAZINE

カフェっぽさが増したスターバックスの「インスパイアード バイ スターバックス 代沢5丁目店」に行ってきました - GIGAZINE

ブルーボトルを意識したロースタリー併設のスタバの新業態店舗に行ってきた - GIGAZINE

生鮮食品・魚介類・デリカ・冷凍食品に力を入れた新業態「ローソンマート」の近畿初の店舗に行ってきました - GIGAZINE

モスバーガーが本気で野菜ラーメンを作るとこうなる、というのがわかる新店舗「麺菜厨房ともす」に行ってみた - GIGAZINE

177

in 取材,  試食, Posted by logx_tm