たった500円でカプリチョーザの看板メニュー「トマトとニンニクのスパゲティ」が食べられるキャンペーンに行ってきた


2016年2月29日(月)は4年に一度の「ニンニクの日」ということで、イタリア料理チェーンのカプリチョーザは通常なら税抜950円の看板メニュー「トマトとニンニクのスパゲティ」がほぼ半額の税抜500円で食べられるキャンペーンを全店で実施しています。ワンコインでスタミナチャージできるスパゲッティが食べられるとのことなので、実際に行って食べてきました。

NEWS | カプリチョーザ » 2月29(月)”ニンニクの日”は人気のスパゲティが17時より500円!!
http://capricciosa.com/news/?p=1295


カプリチョーザに到着。


17時ちょうどくらいに訪れたのですが、店頭には500円のセールをお知らせする立て看板が出ていました。


というわけで、キャンペーンで500円になっている「トマトとニンニクのスパゲティ」のレギュラーサイズを注文。20分ほどで料理が届けられました。


スパゲティの上にはたっぷりとトマトがかかっており、その中には大量のニンニクスライスが入っています。


端っこにも大きなニンニクスライスを発見。トマトソースにニンニクが入っているのではなく、ペペロンチーノのようなオイルソースにトマトを入れたという感じ。


さっそく食べてみると、トマトの酸味とニンニクのうまみがスパゲッティに絡みまくりで、どちらかというと男性に好まれそうなガッツリ系の味わいです。ニンニクスライスはじっくり火を通しているため、さほどニオイは気になりませんでした。


唐辛子も入っているのですが、辛みはほとんどなく、子どもでも食べられそうです。


どちらもうまみの強い食材であるためか、具材はトマトとニンニクだけなのに満足感が強め。ニンニクスライスを集めて一息に食べてみたところ、しばらくすると少し体が熱くなり、元気がみなぎるような気がしました。


また、500円でスパゲッティが食べられるだけでなく、食後にコーヒー・エスプレッソ・紅茶のいずれかが無料でサービスされています。ニンニクの香りが気になる料理なので、食後にコーヒーやエスプレッソでスッキリできるのはうれしいところ。


レシートを見ると確かに500円(税込540円)になっていました。なお、キャンペーンは2月29日の17時~閉店まで行われています。

・関連記事
カプリチョーザ「トマトとニンニクのスパゲティ」が明日1日限定で500円なので試食レビュー - GIGAZINE

牛すき鍋にトマトを入れたらうまみ倍増の吉野家「トマト牛鍋膳」試食レビュー - GIGAZINE

透明なのにトマトの風味をしっかり味わえる「い・ろ・は・す とまと」を一足早く飲んでみた - GIGAZINE

お湯に溶かすだけでスペイン料理の本格ガーリックスープが作れる「にんにく族 アホスープの素」を作ってみた - GIGAZINE

Soup Stock Tokyoの「オマール海老のビスク」を家庭で再現することはできるのか? - GIGAZINE

79

in 試食, Posted by logw_ny