山盛りローストビーフを独り占めできるどんぶり飯を「エアーズロック」で食べてきた


牛肉の塊をオーブンで蒸し焼きにしてグレイビーソースなどをかけて食べる、というイギリスの伝統料理のひとつが「ローストビーフ」です。そんなローストビーフを惜しげもなくどんぶり飯の上に載せまくった、とんでもない量のローストビーフが食べられる「ローストビーフ丼」をステーキハウス「エアーズロック」で食べてきました。

エアーズロックは阪急京都本線の阪急高槻市駅から徒歩5分ほどの距離にあります。


お店の外観はこんな感じ。


外にはローストビーフ丼の看板も立っているので目の前に来ればすぐに見つけられるはず。


というわけで店内に入ってみると、メニューは日替わりランチやローストビーフ丼など、お肉がメインのものばかり。今回は目当のローストビーフ丼を注文。メニューの写真はローストビーフ丼のダブルサイズのものだったようなので、ダブル盛りを注文しました。


注文から7分ほどでローストビーフ丼が到着。+100円でスープとサラダのセットに変更することも可能。生卵はローストビーフ丼の単品でも付いてきます。


これがローストビーフ丼のダブル盛り。


横から見るとこう。とにかくローストビーフが山盛りになっていて、ごはんの姿はまったく見えません。


ここに生卵の黄身を落とせば完成。ローストビースと生卵のシンプルな組合わせが食欲をそそります。


というわけでまずはローストビーフから食べてみます。ローストビーフは薄切りですがとにかく大量に盛られており、食べても食べてもなくならず、明らかにごはんよりも多くのせられている印象。味付けには塩分控えめのグレービーソースが使われているのですが、ちょっと物足りないという場合は机の上のステーキソースをかけるか……


ブラックペッパーを使えばOK。


ローストビーフは脂分は控えめですがしっかり肉の味が楽しめて、「今、私は、肉を食べている」という実感が体中に広がっていきます。


お肉の壁をがつがつ食べ進めると……


中から白ごはんが出現。ローストビーフとごはんの相性は言わずもがな。


さらに卵の黄身をつぶしてパクリ。ローストビーフのふんわりやわらかながらお肉のジューシーさがあふれる中に、黄身のまろやかさが加わり、最高の組合わせ。ただし、「もう少しだけ塩分が欲しい」と思うことがあったので、テーブルに塩なども一緒に置いてあれば最高でした。


なお、ローストビーフ丼は税別880円で、ダブル盛りが税別1280円、トリプル盛りが税別1680円です。

・関連記事
ローストビーフが載りまくった「ローストビーフ丼」をレッドロックで食べてきました - GIGAZINE

山盛りのローストビーフでそびえ立つ「肉の火山」を作り出したメガ盛り肉食系プレート「フジヤマボルケーノ」をボルケーノキッチンで食べてきた - GIGAZINE

「極ローストビーフ丼」を伝説のすた丼屋で食べてみました - GIGAZINE

ローストビーフにフォアグラ載せステーキなど「ちょっと贅沢なビーフメニュー」がそろえられた「デニーズ 冬のごちそうフェア」 - GIGAZINE

ローストビーフやトマトが載った味噌ラーメンを「みそ味専門 マタドール」で食べてみた - GIGAZINE

294

in 試食, Posted by logu_ii