発表間近の新型iPadはiPad Air 3ではなく「小型版のiPad Pro」である可能性


2016年3月の開催が有力視されているAppleの新製品発表イベントで、4インチディスプレイ搭載iPhone「iPhone 5se(仮称)」とともに、新型iPadの発表が期待されています。これまでは薄型端末・iPad Airシリーズの新型「iPad Air 3(仮称)」が登場すると思われていましたが、ここにきて、iPad Air 3ではなく、「小型版iPad Pro」になるというリーク情報が登場しています。

Apple to launch 9.7-inch iPad Pro, not Air 3; Smart Keyboard & Apple Pencil support likely | 9to5Mac
http://9to5mac.com/2016/02/25/smaller-ipad-pro-march/

iPad Air 3 drawing hints at a smaller iPad Pro
http://www.engadget.com/2016/02/01/ipad-air-3-leak-quad-speaker-smart-connector/

9to5Macは、新型iPadとして登場するのは、iPad Air 2後継のiPad Air 3ではなく、12.9インチという巨大なディスプレイを搭載したハイエンド端末「iPad Pro」の9.7インチ版だという情報をAppleの事情に詳しい人物から得たと報じています。

この情報によると新しく発表されるiPadは、ディスプレイサイズが9.7インチと既存のiPad・iPad Airシリーズと同様ですが、SoCにはiPad Proと同じA9Xを搭載し、スタイラスペン「Apple Pencil」に対応する見込みで、iPad Proの小型版という位置付けになるとのこと。

iPad Pro専用スタイラスペン「Apple Pencil」をメモやお絵かきに使ってみたレビュー - GIGAZINE


また、iPad Proで新しく登場した新型キーボード「Smart Keyboard」も9.7インチ版iPad Proにも用意されるとしています。

iPad Proの純正キーボード「Smart Keyboard」の性能はいかほどか試してみました - GIGAZINE


以下の画像は米Engadgetが入手した新型iPadと思われるレンダリング画像。この画像が本物であれば、小型版iPad Proの厚さはiPad Pro(6.9mm)よりも薄い6.15mmでiPad Airシリーズと同等の厚みとなります。また、iPad Proと同様のクアッドスピーカーが搭載されることになりそうです。


新型iPadが「小型のiPad Pro」として登場するとなれば、従来のiPad Airシリーズが廃止となり、iPadはiPadシリーズ・iPad miniシリーズ・iPad Proシリーズへとラインナップが整理される可能性があると9to5Mac。これは、MacBook Proに13インチと15インチの異なる画面サイズのモデルを出し、MacBook Airの後継機と位置づけられる「MacBook」にAirの冠名が付かなかったことと同じ流れであると言えそうです。

もしも新型iPadが小型版iPad Proという位置付けであれば、2016年3月15日の開催が有力視されているAppleのスペシャルイベントは、「小型版のハイエンドiPhone&小型版のハイエンドiPad」の発表会ということになりそうです。

・関連記事
「iPad Pro」が従来のiPadと比べてどう進化しているのか実際にいろいろ使って確かめてみた - GIGAZINE

iPad Pro専用スタイラスペン「Apple Pencil」をメモやお絵かきに使ってみたレビュー - GIGAZINE

iPad Proの純正キーボード「Smart Keyboard」の性能はいかほどか試してみました - GIGAZINE

新型4インチiPhoneとなる「iPhone 5se」、スペックなどリーク情報まとめ - GIGAZINE

「iPhone 5se」や「新型iPad」が発表か、Appleが3月15日にイベントを開催と報じられる - GIGAZINE

「iPad Air 2」速攻フォトレビュー、本当に鉛筆よりも薄い - GIGAZINE

Appleが「史上最高のMacBook」と呼ぶ新MacBookのデザインと設計理念の秘密とは? - GIGAZINE

138

in モバイル,  ハードウェア, Posted by logv_to