週に数時間だけGoogleにスパムを行い月収500万円も稼いでいたスパマーが衝撃の実態を激白

By Unique Hotels

ヒートマップ付きアクセス解析ツール「Ptengine」のマーケティング部門でVPを務めるJeff Deutsch氏は、インバウンドマーケティング業界に入る前まで、Googleに対するスパム行為で月収5万ドル(約560万円)もの収益をたたきだしていました。さらに当時の勤務時間は週に10時間も働けばいい方だったという恐るべきスパマーの実態について、Deutsch氏が告白しています。

Confessions of a Google Spammer
https://inbound.org/blog/confessions-of-a-google-spammer

◆2009年のDeutsch氏の考え方
Deutsch氏は2009年当時、「もしスパム行為が間違っているのなら、なぜスパムはネット中で成功しているのか?」というブラックハットSEOを行うスパマー特有の考え方を持っていました。「我々はスパム行為によってGoogleのアルゴリズムを向上させている!」「コンテンツは王様?(笑) 必要とされるコンテンツのみがリンクされるのだ。Googleは人々にウソをついている。スパム行為を受けて当然だ!」「もし私がスパム行為をしなくても、別の同業他社が行うだろう。だから我々がスパム行為を行わなければいけない」「我々はPPCコストを支払わせる巨大な悪の帝国に立ち向かう小さなクライアントを支援している!」といった風に、スパム行為を正当化していたそうです。

Googleは毎日スパムに当たるワードを4億5000万個もインデックスしているのですが、Deutsch氏は当時、これらGoogleのシステムをくぐり抜け、クライアントのウェブサイトのSEOを著しく向上させるというビジネスを行っていて、自動的にランキングの高い(SEOの効果が大きい)記事を生成する独自のスパムマシンを構築していたとのことです。


◆2012年はスパムが非常に有益だった
Deutsch氏のSEO SaaSシステムの売上は最高で月収15万ドル(約1600万円)にのぼり、利益幅はおよそ70~80%で、利益の全てをDeutsch氏とパートナーの2人で50:50で分配していました。主にWarrior ForumWickedFireというフォーラムにスレッドを作り、クライアントを募って荒稼ぎをしていたそうです。

PayPalはDeutsch氏らのビジネスモデルを理解できず、次から次へと生じる巨額の支払いを不審に思い、一度は2万5000ドル(約280万円)をアカウントから凍結したこともあったとのこと。つまりPayPalは近いうちにクライアントからの払い戻しや支払い拒否が生じると予想したわけですが、当時のDeutsch氏のビジネスで払い戻し・支払い拒否率は1%以下で、Deutsch氏のSEOビジネスは非常にうまくいっていたことがわかります。

By mirjoran

Deutsch氏はGoogleのSEOワードのランク付けを自在に操ることができ、その結果、Deutsch氏は中国海南省の三亜湾に180度パノラマの絶景を望む豪邸など、2つの住宅を所有していたほどでした。

◆1日のスケジュールはこんな感じ
・7時:起床してストレッチ、シェフが朝食を用意するまで2歳の息子と遊ぶ
・8時:NBAを鑑賞しながら朝食をとる。
・9時30分:従業員やパートナーのFacebookをチェックし、北京に住む2人のジャーナリストの友人とチャット。
・11時:SEOスパマーの友人とSkype
・12時30分:ジムに行くためスクーターに乗る
・13時:ジョギング10km、ウエイトトレーニング
・15時:海か近所のプールで水泳
・15時30分:息子と息子の友人と遊ぶ
・17時:バスケットコートで整備員や近所に滞在している旅行者とバスケをプレイ
・19時:シャワーを浴びてシェフの用意した夕食をとる
・20時:息子をベッドに寝かせる
・21時:Skypeのチェック、読書
・23時:就寝

◆億万長者の孤独なSEOスパマー
このように週に4時間しか働かない時もあるようなスパマー生活を送っていたDeutsch氏ですが、これは多くのブラックハットSEO業者の典型的な生活スタイルだそうです。最もハラハラしたり、イライラする時間は「スパムの抜け穴」が閉鎖されてしまった時で、穏やかな生活が一転して急に忙しくなるそうですが、そんな生活は多くの場合、退屈で中身のない人生であると、Deutsch氏は語っています。

Deutsch氏は当時、何人かのスパム仲間とSkypeで連絡をとっていたそうですが、その多くは豪華な自動車を購入し、5000ドル(約56万円)のシャンパンを振りまき、仕事の時はADHDの治療薬をキャンディのようにかみ砕いて集中するといった生活を送っており、健康のためにボディビルディングに勤しんだり、よくわからない筋肉用のサプリを摂取したりしていたほか、部屋には売春婦が食べ残した食事の残りや、コカインが常にあるような生活を送っていたとのことです。

このようなスパマーのコミュニティは超秘密主義で、他人のスパムの抜け穴を危険にさらしてお金をもうけたり、誰かに公開したりすると、「家族」を裏切ったとしてSkypeのグループから永久追放されるそうです。その様子はまるで「ファンタジーの中で生きたがるハイテクオタクで構成されたマフィアのようだった」とDeutsch氏は話しています。

By ffrade

◆Googleが私たちにスパムを行わせた
2010年にDeutsch氏はGoogleのウェブスパムチームに応募したことがあり、大量の本を読んでSEOに関するトリックや解決策を知り尽くしていたとのこと。それらの情報でGoogleのチームに貢献できると思ったそうですが、書類選考にすら通らず、「私はこのツケを必ず支払わせる」と誓ったそうです。そして実際にGoogleは数年間にわたって、間接的にツケを支払わされることになりました。

Googleのシステムを巧妙にかいくぐってきたように見えたDeutsch氏ですが、2012年に転機が訪れます。Deutsch氏らはクライアントのウェブサイトのランクを上昇させるためのプラットフォームとして「ALN(Authority Link Network)」を使用していましたが、2012年3月16日にGoogleのウェブスパムチームを統括するマット・カッツ氏が、ALNに言及するツイートを行ったのです。クライアントからも安全性について質問が挙がるようになり、これまで生成した2万5000ものブログ投稿が一挙に見つかる可能性が出てきました。

その後、最終的にGoogleにALNネットワークが発見され、全てが破壊されたとのことですが、Deutsch氏は当時の状況を「マトリックスのザイオンの戦士になったような気分だった」と説明しています。この場合、センチネルを送り出す悪の帝国マトリックスはGoogleになるわけですが、Deutsch氏は心のどこかで、自分たちが悪者であることに気付いていました。なぜなら、Googleはスパムのないクリーンな検索結果を無料で人々に提供しており、それは社会の利益になっているわけですが、スパム行為をネット上で行っても、利益を得られるのはDeutsch氏らとクライアントだけで、社会にとっては害になることは明白であるからです。

◆スパムマーケティングの崩壊
ビジネスの拠点だったALNネットワークが使えなくなり、スパムビジネスを存続できなくなったDeutsch氏は、2012年にロンドンで行われた「LinkLove」というカンファレンスで、どのようにGoogleのランキングを操作していたのかスピーチすることにしたとのこと。出席者の夕食会に出るまで、Deutsch氏らはまるでマーケティング業界の専門家のような気分だったそうですが、インバウンドマーケティング業界の人たちは誰もDeutsch氏のビジネスに興味を示さなかったようです。

それだけで十分に心が折れそうだったDeutsch氏ですが、LinkLoveのスピーチに立ったインバウンドマーケティング業界の重鎮とも言える人物Rand Fishkin氏が登壇した時、彼は「リンク生成は最低の行為だ!」と、暗にDeutsch氏らの行為や、スパム業界を猛批判したそうです。そんな出来事により、ホワイトハットとしてのビジネスを考え始めたDeutsch氏ですが、「オンラインでお金を作るのは簡単だ」という考えが抜けきらず、失敗を重ねることになります。一時は不眠症になり、当時会った人たちはDeutsch氏の様子に不安を感じるほどだったそうです。

そうして合法的にマーケティング業界でビジネスを考え始めたDeutsch氏は、日本での成功ののち、英語圏内への進出を検討していたPtengineに加わりました。スパマーだった頃に培ったSEOのスキルは、Googleの対策により使えなくなっていたそうですが、正当なルートでPtengineに貢献し、現在はマーケティング部門のVPに就任するまでに至りました。

なお、Googleはスパムを撲滅するべくさまざまな対策をとっているのですが、実際にスパムと思われる投稿・有料リンク・マルウェアなどを発見した場合は、以下のページから情報の通報を呼びかけています。

スパムを報告 - Search Console ヘルプ
https://support.google.com/webmasters/answer/35265

スパム、有料リンク、マルウェアを報告する - Search Console ヘルプ
https://support.google.com/webmasters/answer/93713

・関連記事
SEO業界の有名人マット・カッツ氏のQ&Aをまとめた「The Short Cutts」 - GIGAZINE

Googleのスパム対策チームリーダーのマット・カッツ氏が語るお金と投資への望ましい姿勢とは? - GIGAZINE

「SEO目的のゲストブログはやめるべき」とGoogleのマット・カッツ氏が警告 - GIGAZINE

迷惑メール・スパムメールに返信すると何が起きるのかやってみたムービー - GIGAZINE

スパム業者のメールアドレス収集方法とその防衛対策とは? - GIGAZINE

2700万通ものスパム送信でFacebookの「スパム王」が有罪に、スパムメール自体は12年前のレベルにまで減少 - GIGAZINE

194

in ネットサービス,  メモ, Posted by darkhorse_log