試食

「コールドストーン プレミアムビュッフェ」で「あまおう」「ショコラあまおう」などを好き放題食べてきた


アイスチェーン店のコールドストーンクリーマリーで2014年から好評を博しているアイス食べ放題イベント「コールドストーン プレミアムビュッフェ」。2016年は、毎年限定販売されている「あまおう」も対象に加わったとのことなので、食べに行ってきました。

【受付終了】初のあまおう食べ放題!! 「コールドストーン プレミアムビュッフェ」開催 |コールドストーンクリーマリージャパン Cold Stone Creamery Japan
http://www.coldstonecreamery.co.jp/news/2016/0215_000703.php

プレミアムビュッフェは開催店舗の店頭・電話で受付を行う事前予約制。税込1500円で、贅沢あまおう・極あまおう・Coolly's・Crepeを除くライクイットサイズの全クリエーションが食べ放題になります。

お店に到着しました。


プレミアムビュッフェ実施中ですが、飛び入り参加はできないので、特にお知らせなどは出ていませんでした。


メニューを眺めてしばし待機。ビュッフェではこの「あまおう」「ショコラあまおう」も食べ放題です。


メニューの中央に書かれているアイスはすべて食べ放題対象。


シーズナルクリエーションの中では「10th アニバーサリー ショートケーキ」「10th アニバーサリーガトーショコラ」も対象。ただ、店舗によっては商品自体の取り扱いがないので選べない、ということも。


通常は「ライクイット(スモール)」「ラブイット(レギュラー)」「ガッタハブイット(ラージ)」「パイント(テイクアウト)」の4サイズがありますが、食べ放題で出てくるのは「ライクイット」サイズのみ。なお、食べ放題は1人税込1500円なので、4種類以上食べるならおトクということになります。


やがて席の準備ができたので入店。「予約席」印とペーパータオルが置かれていました。今回は「1名だとあまり多くの種類を注文できないかも」と考えて2名で行きましたが、他のお客さんもみんな2人組でした。


ルールはこんな感じ。制限時間は30分でカップ交換制、ワッフルやドリンクなどは別料金。


ルール用紙と同時に渡されたのが、この「クリエーションマップ」。ここに掲載されているアイテムが食べ放題対象です。


裏側には「あまおう」の歌などが掲載されていました。ここにはクレープ「あまおう」も書かれているのですが、残念ながら食べ放題の対象ではありません。


1回目は「ショコラあまおう」と「あまおう」を注文。商品写真はコーンやワッフルボウルになっていますが、すべての商品はカップで運ばれてきます。


「ショコラあまおう」にはあまおうを練り込んだパウンドケーキが使われています。


アイスクリームはリッチビターチョコレートアイスクリームで、イチゴの味わいとの相性が抜群。


そして「あまおう」には、大粒な福岡産あまおうが2つ……


と思ったら、フレンチバニラアイスクリームの中から3つ目が登場。酸味と、そして何より豊かな甘みのあるあまおうの力が遺憾なく発揮されている組み合わせです。


ペロリと平らげ、レッド ベリーズを注文。


アイスに比べてジェラートはダイレクトに冷たさを感じるので、これからアイスを大量に食べるという序盤で選んだことに「しまった」と思いましたが、爽やかな酸味が口内のクリームを流してリフレッシュできた感じ。


あとはひたすら食べ進むのみ。これはイチゴとヨーグルトテイストアイスクリームを組み合わせたストロベリー サニー デイズ


ついついメニューの右側にある品を選んでしまい、見た目の赤い品が続きます。


気分を変えてバナナ キャラメル クランチ


イチゴとは全く異なるバナナの甘みが新鮮。カリカリのアーモンドもありがたいところ。


セイ チーズ!


チーズケーキアイスクリームとイチゴのアイスです。


食べ放題というと机の上に皿が積み上がって「こんなに食べたか……」と実感し、そのせいでお腹が膨れたりするのですが、アイスクリームであることとカップ交換制であることから、机の上はメニューと水、そして注文したアイスだけ。「次を注文しなければ」という気になります。


これはチョコレート マッドパイ モジョ


チョコレートアイスにキャラメル、ナッツ、オレオが入った重量級。3時のデザートはこれ1つで十分と思える品です。


オレオ オーバーロードは名前の割にオレオが少ないような……


と思ったら底の方から大量に登場。サクサクした食感と苦みがスイートクリームアイスと合わさって思わず頬が緩みますが、食べ放題の中で考えると食べるのに時間がかかる難敵でもあります。


ストロベリー ショートケーキ セレナーデミント ミント チョコレート チョコレートチップ


ホイップクリームの甘みには、なんだか優しさを感じます。


ミントアイスは舌がリセットされるような感覚ですが、チョコチップがたくさん入っていて、食べ進めるのを阻みます。


底からはブラウニーもたっぷり。


このあたりまで来ると、細かい味がわからなくなってきている気がします。あずき抹茶のグリーンティーアイスクリームは、あまり抹茶っぽさを感じず……。本来は苦みを感じているはずなのかも。


またも異色のパンプキン クッキー


えびすかぼちゃを使ったパンプキンアイスにピーカンナッツ、オレオを合わせたもの。ねっとりと濃厚な味わいは、食べ放題終盤にはこたえます……。


最後の品にしたのはアット ザ ココア バナナ カバナ


名前は南米のビーチ「コパカバーナ」に由来。バナナアイス・バナナ・チョコレートと王道の組み合わせでした。


途中、注文した品が重なってしまい、食べた品は2人で13種14杯。お茶やコーヒーが食べ放題に入っていないということで注文しなかったので、終盤は足元やお腹を襲う寒さとの戦いでした。なお、アイスクリームだからか、通常の食べ放題で食べ過ぎたときのように「苦しい……動けない……」とはならず、気温のせいもあって「寒い……ただただ、寒い……」という感じでした。

なお、こうしていろいろ食べてみて、「あまおう」「ショコラあまおう」の素材を生かした完成度の高さに気付かされました。もしコールドストーンクリーマリーでアイスを食べる機会があるなら、ぜひ「あまおう」を使ったメニューを1つ選んでみてください。

・関連記事
濃厚バニラアイスに甘酸っぱいショートケーキとほろ苦ガトーショコラを混ぜた「コールドストーンクリーマリー」10周年記念アイスを食べてみた - GIGAZINE

アイス屋「コールドストーン」で、40種類のトッピング全部乗せを試みているムービー - GIGAZINE

アイス約8リットルを使用したコロンビアの巨大パフェ「富士山」にリベンジ~コロンビア突撃編~ - GIGAZINE

アイス約8リットルを使用したコロンビアの巨大パフェ「富士山」にリベンジ~富士山に再登山編~ - GIGAZINE

アイス約8リットルを使用したコロンビアの巨大パフェ「富士山」にリベンジ~ついに完食達成編~ - GIGAZINE

in 試食, Posted by logc_nt