ソニーがイヤホン型・カメラ型・プロジェクター型・ロボット型のXperiaシリーズスマート端末を一挙に発表


ソニーがMobile World Congress(MWC2016)に合わせて開催したプレスカンファレエンスで、「Xperia Ear」「Xperia Eye」「Xperia Projector」「Xperia Agent」という4つのスマート端末をドドンと発表しました。

Sony Mobile introduces an evolution of the Xperia™ brand to redefine communications | Sony Smartphones
http://blogs.sonymobile.com/press_release/sony-mobile-introduces-an-evolution-of-the-xperia-brand-to-redefine-communications/

プレスカンファレンスでは、新フラッグシップスマートフォン「Xperia X」シリーズの他に、新たな「Xperia」としてスマートデバイスが発表されました。


これは「Xperia Ear」というイヤホンタイプの端末。


単なるBluetoothイヤホンというわけではなく、スマートフォンと接続することでユーザーの好みや行動を把握して情報を提供してくれるスマートデバイスです。


「今日の天気は?」と聞けば、天気予報を教えてくれます。


スケジュールやニュース、着信などをお知らせしてくれるとのこと。また、スマートフォンに目を向けることなくナビ機能を利用できます。


これは「Xperia Eye


Xperia Eyeを胸に装着しておけば……


目の前のシーンを自動で撮影可能です。


360度球面レンズで超広角の撮影が可能。


顔認識機能もアリ。


ユーザーが撮影タイミングを意識せずに、あらゆる決定的なシーンを撮影できます。


一見、スピーカーに見えるこの端末は「Xperia Projector


壁に映像を写しています。


ボイスコマンドに対応。声で映像を操作できます。


モーションセンサーによって壁に写された映像を操作可能。


電話したい相手を選択して、このまま通話することができます。


机に写し出すと……


写真を並べることが可能。


スワイプなどのジェスチャー操作にも対応しています。


これは「Xperia Agent


ご主人を認識すると、くるりと向きを変えました。Xperia Agentは、音声認識に対応したロボット風のパーソナルアシスタントです。


Xperia Agentは、ユーザーの状況に応じて情報を提供したり、家電を操作したりできるとのこと。


また、ハンズフリーでのスマートフォン操作を実現する車載用のBluetoothアダプター「RM-X7BT」も発表しています。


「カンドー(感動)」を提供するというソニーが新たに発表したXperia Eye・Xperia Projector・Xperia Agentは参考出展のとこと。Xperia Earは2016年夏に発売予定です。

・関連記事
ソニーの新フラッグシップスマホ「Xperia X」は被写体の動きを予測する先読みAF搭載 - GIGAZINE

世界初の4K液晶に指紋認証、世界最速AFなど新生「Xperia Z5」シリーズが正式発表 - GIGAZINE

Xperiaの魅力を手になじむコンパクトサイズに詰め込んだドコモの「Xperia Z5 Compact SO-02H」速攻フォトレビュー - GIGAZINE

「Xperia A4」速攻フォトレビュー、コンパクトでも長時間バッテリーが実現可能な機能搭載 - GIGAZINE

ソニーがMVNO向けスマホ「Xperia J1 Compact」を発表し格安スマホ市場へ参入 - GIGAZINE

水没して完全に壊れていたXperiaがウォッカで奇跡の復活 - GIGAZINE

214

in モバイル,  ハードウェア, Posted by logv_to