「たけのこの里」が甘酸っぱいイチゴ&ほろ苦抹茶アイスとベストマッチな「たけのこの里の苺まっちゃパフェ」を食べてみた


きのこの山」がゴロゴロのったモンブランパフェに引き続き、明治とスシローのコラボ第2弾として、今度は「たけのこの里」をパフェのトッピングに使った「たけのこの里の苺まっちゃパフェ」が2016年2月19日(金)から登場しています。ピンクと緑のアイスで春の竹林にたけのこが生えてきたようなかわいらしい見た目にひかれて、食べに行ってみました。

キャンペーン | 【2/19(金)~】コラボパフェ第2弾! 今度は、たけのこの里のパフェ! | 寿司(すし)・回転寿司 スシロー
http://www.akindo-sushiro.co.jp/campaign/detail.php?id=118


プレスリリース|企業情報|株式会社 明治
http://www.meiji.co.jp/corporate/pressrelease/2016/detail/20160217_02.html

スシローに到着。


席に着くと、「たけのこの里の苺まっちゃパフェ」のメニューがありました。


注文パネルのデザートメニューにも「たけのこの里の苺まっちゃパフェ」を発見。さっそく注文します。


待つこと2~3分でパフェが届きました。


アイスの上にたけのこの里が5つ。


「たけのこの里の苺まっちゃパフェ」には、たけのこの里が全部で6個入っているのですが、残り1個はパフェの中に埋もれていて、たけのこ掘りっぽい感覚で食べられます。


抹茶アイスは濃い緑色で、食べる前から濃い抹茶の苦味が想像できます。


いちごアイスはいちごの果肉入り。


さっそくいちごアイスから食べてみると、いちごの甘酸っぱい風味が感じられ、口当たりはなめらか。果肉の柔らかい食感とたけのこの里のサクサク食感の対比が楽しめます。


抹茶は苦味が本格的で、回転寿司屋で食べられるデザートとは思えないほど高クオリティ。たけのこの里のチョコレートの甘みが、抹茶の苦味とよく合っています。


たけのこの里は、酸味の強い冷凍いちごとも相性抜群。


カップの中から発掘したたけのこの里は、ビスケット層に水分が染み込んで少ししっとりとした食感でした。


アイスの下にはふかふかのスポンジ生地となめらかなホイップクリームが入っています。


カップの底にはいちご味のババロアが敷き詰められていました。抹茶アイスの苦味がかなり強めに感じられましたが、いちごババロアと交互に食べると苦味と甘みのバランスがちょうどよく整えられている印象でした。


なお、「たけのこの里の苺まっちゃパフェ」の価格は税別240円で、期間限定での提供となっています。

・関連記事
京都つる屋茶房「つる家特製抹茶パフェ」はすべての味がワンランクずつ上、ただのパフェにあらず - GIGAZINE

550円なのに飲めども減らない巨大アイスティーや巨大パフェが提供される「珈琲屋OB」に行ってきました - GIGAZINE

かわいすぎるネコがつぶらな瞳で見つめてくる「初恋にゃんこパフェ」を食べてきた - GIGAZINE

きのこたけのこ戦争を描くストップモーションアニメ「きのこの山の暗殺者」 - GIGAZINE

女子高生の妹うまるちゃんがポテイトチップスやたけのこの山脈を交互に食べコーラをラッパ飲みするフィギュアまとめ - GIGAZINE

120

in 試食, Posted by darkhorse_log