動画

リアルとデジタルの壁をぶち壊す可能性を秘めた「Leap Motion Orion」のデモムービー


空中で手を動かすだけでパソコンを操作できるモーションキャプチャーシステム・Leap Motionを、VR向けに最適化するための最新開発キット「Leap Motion Orion」のベータ版が公開されました。Leap Motion Orionは従来のLeap MotionをVRヘッドセットで使えるコントローラーにしてしまうというもので、Leap Motion OrionとVRヘッドセットが組み合わさるとどんなことが出来るようになるのかを示したデモンストレーションムービーが公開されており、まるで電脳空間の中に迷い込んでしまったかのような没入感を得られることがひしひしと伝わってきます。

Leap Motion: Orion - YouTube


Leap Motion Orionを使えば、Leap MotionはVRヘッドセット用のコントローラーに変身します。使用方法はとても簡単で、Oculus Riftに専用アタッチメントでLeap Motionを固定するだけ。


というわけでさっそくVRヘッドセットが見せてくれるデジタル空間へダイブ。


そこに表示されたのは、Leap Motion OrionでモーションキャプチャーしたVRヘッドセットを装着した人の手。


映し出された手の動きは非常に滑らかで、この手がデジタル空間上での「コントローラー」になります。


両手の親指と人さし指をくっつけると……


両手の間にブロックが出現。


指を離すとブロックがポトリとデジタル空間に落ちます。


これを手に持つことも可能。


もちろん生成するブロックのサイズは自由に変更できます。


ブロックは両手で自由に持ち運び可能なので……


せっせと積み重ねたりもできます。


左手の手のひらを顔の方に向けると……


左手の横に3つのメニューのようなものが表示されます。


これを使うと……


正方形ブロック


長方形ブロック


球面体ブロックなどが生成可能のようです。


触れたブロックはオレンジ色に光り、デジタル空間のブロックをまとめて選択することも可能。


さらにはデジタル空間を無重力状態にすることもできます。


空中に浮かんだ長方形ブロックを手で押せば……


スイーっとそのままどこかへ飛んでいってしまいます。


無重力状態を解除すればすべてのブロックが地面に落下。


他にもLeap Motion Orionを使用したデモムービーが複数公開されており、VRヘッドセットを装着した人の手を非常に正確かつ遅延なくトラッキングしていることがよくわかります。

Geometric Trailer - YouTube


Blocks in LEAP Motion ORION beta - YouTube

・関連記事
空中で手を動かすジェスチャーだけでパソコンを操作できる「Leap Motion」を実際に使うとこんな感じ - GIGAZINE

手や指の動きで立体的に操作できる「Leap Motion」でシューティングゲームなどをプレイしてみました - GIGAZINE

手と指の動きを感知して奥行きまで含めた立体的な操作ができる「Leap Motion」は一体何がすごいのかまとめ - GIGAZINE

視線でPCやタブレットを操作可能な「The Eye Tribe Tracker」が1万円弱で予約受付開始 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ハードウェア,   動画, Posted by logu_ii