人類とネアンデルタール人が想定よりも古くからセックスしていたことが判明

By Angela Marie

現代のヒトの祖先であるホモ・サピエンスと、約2万年前に絶滅したと考えられているネアンデルタール人の交配は、従来の研究から考えられていたよりも5万年も早い約10万年前から始まっていたとする研究結果が科学誌「Nature」に発表されました。これは、ホモ・サピエンスが従来考えられていた時期よりも早い段階でアフリカから移動を開始し、ネアンデルタール人との交配(セックス)を行っていたことを示しています。

Ancient gene flow from early modern humans into Eastern Neanderthals : Nature : Nature Publishing Group
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature16544.html

Humans and Neanderthals had sex a lot earlier than scientists thought | The Verge
http://www.theverge.com/2016/2/17/11021014/neanderthals-sex-humans-100000-years-ago-interbreeding

この研究結果は、ネアンデルタール人とデニソワ人の骨に含まれるDNAを解析することで判明したもの。デニソワ人はネアンデルタール人に近いグループに属し、約38万年前に分岐して独自に進化した種族です。

これまで、ヒトの起源であるホモ・サピエンスは、約6万年前にアフリカ大陸から移動を開始して世界各地に広がって行ったと考えられていました。その拡散の過程で、ホモ・サピエンスは当時まだ生存していたネアンデルタール人と交配を繰り返していたことが判明しています。これを裏付けるのが、現代のヒトが持つゲノムの中には、ネアンデルタール人に由来するDNAが1%から4%の割合で含まれているという事実です。なお、このDNAはヒトが持つ鬱(うつ)やニコチン中毒といった症状の元になっているとのこと。

ネアンデルタールと現生人類は交配していた、遺伝子研究で明らかに - GIGAZINE


従来の学説から時系列に考えると、ホモ・サピエンスとネアンデルタール人の混血が始まったのは6万年前よりも近代であるということになるのですが、今回の研究では従来とは逆となるホモ・サピエンスからネアンデルタール人へのDNA移動という観点で交配の歴史をさかのぼることに成功しています。

研究を行ったのは、ドイツ・ライプツィヒにあるマックス・プランク進化人類学研究所の進化生物学者であるSergi Castellano氏らによる研究チームです。Castellano氏らは、シベリアで見つかったネアンデルタール人の骨と、約38万年前にネアンデルタール人から分岐したデニソワ人の骨に含まれるDNAを分析して両者の違いを解析。すると、ネアンデルタール人のDNAに見られるホモ・サピエンスからのDNAの断片が、デニソワ人には見つからないことを突き止めました。これはつまり、ネアンデルタール人のDNAにホモ・サピエンスのDNAが交配されたのは38万年前から現代に近い時代のできごとと言うことになります。

By Jaroslav A. Polák

さらにCastellano氏らは、シベリア系ネアンデルタール人と、他のヨーロッパで見つかった2種類のネアンデルタール人が持っているゲノムに含まれる21番染色体の比較を実施。すると、後者のDNAにはホモ・サピエンス由来のDNAが含まれていないことがわかりました。先例と同様にこれは、シベリア系ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの交配は、ヨーロッパ系ネアンデルタール人から分岐した後の時代に起こったことを示すものであり、その分岐時期は約11万年前であると考えられています。


進化生物学者のSarah Tishkoff氏はこの発表について「これは、従来私たちが考えていた人類の進化の歴史についての見方を変えるとても素晴らしい結果です」と評価しています。しかしその一方で、今回の比較を行った第21番染色体以外の部分で同様の違いがあることを見逃している可能性についても言及していることに加え、混血の経緯そのものについてあまり多くが明らかにされていない点を指摘しています。Tishkoff氏によると、今回のネアンデルタール人はシベリアで発見された個体が用いられましたが、実際のホモ・サピエンスとネアンデルタール人の交配はもっとアフリカに近い南の地域で行われていたとのことなので、さらに具体的な事実についての研究を進める必要があるようです。

今回の研究成果は、生物進化論の内容をアップデートするという意味では成果が認められるものである一方で、さらに多くの課題が見つかったことも事実の様子。はるか昔の時代の謎を全てクリアにすることはもちろん難しいと思われますが、少しずつ明らかにされる進化の過程に触れるということは、何となく生物としての本能的な部分に訴えかけるものがあるようにも感じられます。

By Gianfranco Goria Follow

・関連記事
ネアンデルタールと現生人類は交配していた、遺伝子研究で明らかに - GIGAZINE

ネアンデルタール人の脳の発達は現代人と違う道筋をたどっていることが判明 - GIGAZINE

人類の祖先は木登りが下手、意外とサルっぽくなかったことが明らかに - GIGAZINE

ついに伝説の雪男イエティやビッグフットの正体がDNA鑑定で判明 - GIGAZINE

あなたもわたしも火星人?人類の祖先は火星からやってきたかもしれないというまじめな学説 - GIGAZINE

198

in サイエンス,  生き物, Posted by logx_tm