「iPhoneの暗号を回避できるバックドアを作れ」という政府要請をAppleが拒絶

By Erickson Alves

2015年12月にアメリカ・カリフォルニア州のサンバーナーディーノで、障害者支援の福祉施設を武装した犯罪者が襲撃しました。この事件は「サンバーナーディーノ銃乱射事件」として知られるようになるのですが、同事件の犯人が使用していた「iPhone」を巡り、Appleと連邦裁判所が激しいやり取りを続けています。

Tim Cook: Apple will fight US demands to build an iPhone backdoor | The Verge
http://www.theverge.com/2016/2/17/11031364/apple-encryption-san-bernardino-response

問題になっているのは、サンバーナーディーノ銃乱射事件の捜査で押収されたiPhoneのロック解除にAppleが応じる姿勢を見せていない点。事件発生後、犯人のものと思われるiPhoneが捜査当局により押収されたのですが、この端末にはロックがかけられており、これはFBIでも解除できなかったため、犯人グループの通信内容にアクセスできない状態が続いていました。

そこで、FBIはiPhoneの製造元であるAppleに対して「任意」でのロック解除要請を行っていたのですが、Appleは「法的根拠のない解除は利用者のプライバシー侵害になる」としてロック解除要請を拒否していました。そこで、FBIは連邦裁判所に対して、Appleにロック解除の裁判所命令を出すよう要請します。そして、2016年2月に入ってから裁判所からAppleに対して犯人のiPhoneのロック解除命令が出されます。

米連邦裁判所、サンバーナーディーノ銃乱射事件でAppleに対して犯人のiPhoneのロック解除命令 - BusinessNewsline


これに対してAppleのティム・クックCEOは「顧客の皆様へ宛てたメッセージ」と題した公開状を同社のサイト上で公開し、裁判所命令に対するApple側の意見をすべてのインターネットユーザーが閲覧できる形で公開しています。

Customer Letter - Apple
http://www.apple.com/customer-letter/


メッセージの中で、Apple側は正式に裁判所側からの命令に反対しており、「FBIは本質的にいえば、Appleに対して『iPhoneの暗号化を回避するためのバックドアを作れ』と言っているようなものだ。これは、これまで長年Appleが拒否してきた事柄でもある」とクック氏は語っています。また、裁判所側の命令に従うことは「目の前の訴訟事件を超え、大きな意味を持つことになる」と述べ、もしも従えば、アメリカ政府は「何百万台という端末に簡単にアクセスできるマスターキーを得るようなもの」とし、それが危険な行為であると指摘。さらに、「政府はAppleに我々の顧客をハッキングしたいと申し出ているようなもので、これは我々が数十年かけて築いてきたセキュリティ面での前進をぶち壊す行為だ」と政府側の要請を批判しています。

また、過去数年にわたって暗号研究家やナショナル・セキュリティの専門家たちが、暗号化の重要性を主張してきたことを挙げ、暗号化を弱めるような取り組みを批判し、「Appleのようなデータ保護に取り組む企業を頼りにしている国民を傷つけることになる」とも述べています。さらに、Appleは過去にFBIが「新しいバージョンのiPhone用OS(政府側が端末内データにアクセスできるようなOS)」を開発するよう依頼してきたことも明かしています。

なお、AppleはiOS 8がリリースされた際、自社で各端末の暗号鍵を保管することをやめました。これにより、端末のロックを解除するための暗号鍵は各端末内にしか保管されないようになり、その結果、第三者がユーザーデータにアクセスする可能性を減らすことに成功しています。しかし、これによりAppleは今回のケースのような際にiPhoneのロック解除に応じることができなくなっており、過去に裁判所からの「iPhoneのロック解除」の要請を受けた際には「Appleでも『iPhoneのロック解除は不可能』」と同じような返答をしています。

今回のAppleの決断は、テクノロジー企業と政府の「ユーザーデータ」を巡る闘いにおける重要な出来事です。なぜなら、これまでMicrosoftやGoogleはデータの暗号化を弱める方針であることを明かしてきたからで、Appleはそういった政府からの圧力に対してはっきりと反対の姿勢を示すことになったからです。なお、クック氏は公開状の最後で「我々はFBIの意図は素晴らしいものと思いますが、政府が我々に対して製品にバックドアを設けろと要求してくることは間違ったことであると信じている」と記しています。

・関連記事
Appleでも「iPhoneのロック解除は不可能」、パスコードを知らない限り端末内のデータにはアクセス不可能であることが明らかに - GIGAZINE

「iPhoneのデータを『換金』することはない」など、ティム・クックが語ったAppleのプライバシー方針とは? - GIGAZINE

ユーザー監視用バックドアの存在が発覚したiOS、Appleはバックドアを否定するべく機能解説ページを公開 - GIGAZINE

iPhoneやiPadなどiOS端末のロック画面パスコードを強引に解除する脅威の機器「IP-BOX」 - GIGAZINE

iPhoneのセキュリティがテロリストを助けている、というむちゃくちゃな主張を検事がしたことが発覚 - GIGAZINE

「狂気を感じるほどに長いパスワードをiPhoneに設定している日本人がいる」と海外で報じられる - GIGAZINE

303

in モバイル,  セキュリティ, Posted by logu_ii