「機内のネットが遅い」ことを理由にアメリカン航空がサービス提供企業を提訴

By Igor Leandro

いまや飛行機に乗っていても上空でインターネットが使えるようになり、文字どおりいつでもネットにつながっている時代が到来しています。ひと昔前のことを思うと想像もつかなかった夢のような充実っぷりですが、そんな機内Wi-Fiのスピードが遅いとして、アメリカン航空は機内Wi-Fiプロバイダの「Gogo」に対して訴えを起こし、契約の解除を求めていることが明らかになっています。

American considers change to in-flight Internet service in pursuit of faster speeds | | Dallas Morning News
http://aviationblog.dallasnews.com/2016/02/american-considers-change-to-in-flight-internet-service-in-pursuit-of-faster-speeds.html/

American Airlines sues Gogo, may change in-flight Internet service | The Star-Telegram
http://www.star-telegram.com/news/business/aviation/sky-talk-blog/article60577901.html

アメリカン航空では、機内Wi-FiプロバイダのGogoと契約して上空でのネット環境提供サービスを実現していますが、訴えによるとアメリカン航空はGogoが提供しているネットの接続スピードが遅いことを理由に契約の解除を求めているとのこと。Gogoは契約の解除に応じておらず、アメリカン航空は2月12日にテキサス州の裁判所に訴状を提出するに至っています。

アメリカン航空の訴状によると、アメリカ最大の機内Wi-FiプロバイダであるGogoは、2012年にアメリカン航空と交わした合意内容を履行せず、同社との契約解除に応じていないとのこと。交わされた合意内容には「アメリカン航空が現在のGogoのサービスよりも格段に優れた商品を見つけ、Gogoがそれに匹敵または上回るサービスを提供できず、アメリカン航空が満足できない場合には契約を打ち切ることができる」という条項があるのですが、アメリカン航空はGogoに対して他社のサービス内容について通知したにもかかわらず、Gogoがこれを上回るサービスを提供できていないことが契約解除の理由とされています。

AA-v-Gogo-Lawsuit


Gogoは、全米で9000機以上の航空機に対して機内Wi-Fiサービスを提供している企業で、主に地上に設置した地上局から上空に向けたアンテナで電波を送受信する「air-to-ground(ATG)」方式を採用しています。これに対し、人工衛星を経由してネット回線を提供する「ViaSat」などの企業はATG方式を上回る接続スピードを実現しており、アメリカン航空はこれに不満を抱いているという構図。GogoのATG方式だと1機あたりの速度は3Mbpsが上限で、ATGと人工衛星方式を組み合わせた「第2世代」のハイブリッド方式でも10Mbpsが限度とのこと。これでは機内に大量に存在するWi-Fi端末に満足な回線速度を提供できないことは明白です。

一方のViaSatなど最新の人工衛星ベースのプロバイダは端末あたりの速度が12Mbpsに達しており、音楽や動画をストリーミング再生することも可能なレベルになっていることから、アメリカン航空は状況の改善をGogoに対して求めていたとのこと。人工衛星方式はアメリカン航空と競合するユナイテッド航空やサウスウェスト航空、ジェットブルー航空などが採用しています。

また、ATG方式は原則的に陸地の上でしかサービスを提供できないのに対し、人工衛星方式は電波の届く範囲であれば無条件に利用できるという利便性の違いも大きなポイントになっている模様。そのあたりの違いや様子は、以下の記事を見れば把握できます。

飛行機の機内Wi-Fiによるネット接続はこうやって実現されている - GIGAZINE


アメリカン航空の訴えを受け、Gogoは法律で定められた報告書「Form 8-K」を提出。その中でGogoは「アメリカン航空は当社にとって重要な顧客であり、訴訟問題を引き起こした契約内容の解釈によって生じた合意の不一致が解消されることを望んでいる」としており、継続の方向で調整を進めたい意向。同社では、最新技術の一つという「2Ku」テクノロジーをアメリカン航空に提案することを予定しています。

Gogo Inflight Internet - Investors - SEC Filings


この訴訟に株式市場も反応しており、GogoのNasdaq株価は27%も大きく下落するという状況をみせています。

Gogo Inc. (GOGO) Stock Chart - NASDAQ.com


ひと昔前であればつながるだけでバンザイだった機内Wi-Fiも、いまや普通にスピードが重視される状況になっており、まさに「一年ひと昔」とすらいえる状況になっています。Gogoがどのような対応策を講じるのか、関心が集まりそうです。

By Daniel Lobo

・関連記事
飛行機の機内Wi-Fiによるネット接続はこうやって実現されている - GIGAZINE

飛行機内のインターネット速度を向上させるハイブリッド通信「Gogo GTO」 - GIGAZINE

機内Wi-Fiを通じて飛行機をハッキングできる可能性が明らかにされる - GIGAZINE

雨の音から飛行機内の音まで好きなノイズ音で集中・リラックスできる「myNoise.net」 - GIGAZINE

コーヒーをこぼして多額の賠償金を得た「マクドナルド・コーヒー事件」の真実 - GIGAZINE

クライアントがお金を払ってくれない場合にとるべき10の行動 - GIGAZINE

「掃除機業界は第2のフォルクスワーゲン」とダイソンが同業他社のボッシュとシーメンスの不正を訴える - GIGAZINE

「ダイソンによる特許侵害訴訟によってブランドイメージが傷つけられた」とサムスンが10億円の損害賠償を請求 - GIGAZINE

BlackBerryっぽい物理キーボード搭載iPhoneケースを販売予定の会社をBlackBerryが提訴 - GIGAZINE

ついにSamsungが「Androidのアップデートを配信していない」と訴えられる - GIGAZINE

「サルの自撮り写真」の著作権はサルに認められるのか、ついに判決が下る - GIGAZINE

111

in 乗り物,  メモ, Posted by logx_tm