「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 旨辛」は辛さが口いっぱいにじんわり広がる


バレンタインデーに先駆けて登場した「一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」は、チョコ&シナモンを焼きそばに絡めるというその斬新さに驚かされましたが、バレンタイン明けの2月15日(月)からは「一平ちゃん夜店の焼そば 旨辛」がシリーズのラインナップに加わりました。チョコソースに引き続きシナモンが使われ、旨辛ソースに独特の香りがつけられているという品が、どんなに辛いのか、食べてみました。

明星 一平ちゃん夜店の焼そば スペシャルサイト
http://www.myojofoods.co.jp/ippei-yomise/

『明星 一平ちゃん夜店の焼そば 旨辛』2016年2月15日(月)全国で新発売
(PDFファイル)http://www.myojofoods.co.jp/news/pdf/20160119_02.pdf

真っ赤なパッケージの「一平ちゃん夜店の焼そば 旨辛」。


原材料名はこんな感じ、シナモンは「香辛料」に含まれているので名前としては出てきません。


1食556kcalで、食塩相当量は4.1g。


まずは包装を剥がしてフタをめくり、小袋を3つ取り出します。かやくはめんの下に入っていて、この時点では姿が見えません。


お湯を550mlほど注いで……


3分待ちます。


お湯を捨てたら、まずはソースをかけます。かなりドロッとしたソースで、辛そうな香りがふわっと広がります。


ソースをまぜたらマヨネーズとふりかけをかけて、完成。


旨辛ソースと絡んだ麺はちょっと赤黒くなっています。


口に入れる前から辛そうな香りが漂っていて、風邪気味の人だと口に近づけただけでむせてしまうかも。じんわりとした唐辛子の辛さと、マヨネーズによる緩和が順繰りにやってくる感じで、口の中全体がポカポカしてくるような辛さです。水分を取ると喉までやられてしまいそうですが、「痛い」というほどの辛さではないので、割と食べやすい印象を受けました。


「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 旨辛」は2月15日(月)から全国で発売、価格は税別180円です。

・関連記事
「明星 一平ちゃん夜店の焼そば フライドチキン味」は香りがフライドチキンなのに食べると想像以上に焼きそばとマッチ - GIGAZINE

「明星一平ちゃん夜店の焼そば」20周年の「ハラペーニョ&チリ・チーズ味」を食べてみた - GIGAZINE

真っ赤なスープがピリッと痺れる「明星 麺の底力 四川風怪味麺」試食レビュー - GIGAZINE

激辛×大盛の「男の旨辛つけ麺焼豚炙ってみました」を麺屋わっしょいで食べてみた - GIGAZINE

麻婆豆腐を使った旨辛ラーメンをバンズの間に挟んでしまった「蒙古タンメンバーガー」と「蒙古丼バーガー」を食べてみた - GIGAZINE

あの無菌充填スープを生み出した、明星食品の研究所に行ってきました - GIGAZINE

86

in 試食, Posted by logc_nt