ふわとろチョコチーズタルトに焼マシュマロが香ばしいPABLO「焼マシュマロチョコチーズタルト」試食レビュー


自立できないほど柔らかい焼きたてチーズタルトを提供しているPABLO(パブロ)から、チョコチーズタルトに焼マシュマロをトッピングした「焼マシュマロチョコチーズタルト」が2016年のバレンタイン&ホワイトデー期間限定で登場しています。マシュマロとチョコのお菓子といえばスモアがありますが、チーズタルトとの組み合わせはどれほどなのか確かめるべく、買って食べてみました。

2016年バレンタイン・ホワイトデー期間限定『焼マシュマロチョコチーズタルト』が登場します。 | チーズタルト専門店PABLOのニュース&メディア掲載情報


「焼マシュマロチョコチーズタルト」は、PABLOのロゴ入りの白い箱に入っています。


バレンタイン&ホワイトデー期間限定タルトなので、バレンタインデーをイメージしたハート型のシール付き。


箱を開けると、マシュマロが一面にトッピングされたタルトが登場。


チョコレートを練りこんだチーズタルト生地にブロックチョコレートを挟み込み、表面にマシュマロをたっぷり敷き詰めて焼き上げ、仕上げにチョコレートソースをあしらっているとのこと。


マシュマロは表面にこんがりと焦げ目がついています。


外側はクッキー生地ではなく、サクサク食感のパイ生地を使用。


カットしてお皿に盛ってみました。PABLOの焼きたてチョコチーズタルトはお皿に盛った瞬間に自重で崩れるほど柔らかいタルトでしたが、焼マシュマロチョコチーズタルトは内側にブロックチョコレートが入っているためか、お皿の上でしっかりと自立します。


ブロックチョコレートは生地にたっぷり練り込まれています。


食べてみると、マシュマロは小さめながらも独特のもちもちとした食感があり、焼き目の香ばしさがほんのりと感じられます。PABLOのチーズタルトはノーマル版もふわとろですが、マシュマロが加わることでふわふわ感が増している印象でした。


チョコチーズムース部分は、チョコとチーズのコクがちょうどいいバランスで混ざり合っています。ムースだけだと味が単調になりがちですが、チョコチップを混ぜ込むことで味と食感に変化が生まれてパクパク食べ進められます。


マシュマロ・ムース・パイ生地を一気に食べるとマシュマロの存在感はやや薄め。チョコとチーズの風味が濃厚なので、外側の厚めのパイ生地と一緒に食べると相性抜群でした。


なお、「焼マシュマロチョコチーズタルト」の価格は税込1350円で、2016年2月10日(水)~2月14日(日)と、3月11日(金)~3月14日(月)までの期間限定製品。取扱店舗は、PABLO公式ページで確認可能です。

・関連記事
人が並びすぎのBAKE「焼きたてチョコチーズタルト」試食レビュー、チョコとチーズが濃厚ながらサッパリとろける - GIGAZINE

PABLOのふわとろチーズタルトが手のひらサイズで楽しめる「PABLO mini(パブロミニ)」を食べてみた - GIGAZINE

ふわとろすぎて自立できないパブロの「焼きたてチョコチーズタルト」はチーズケーキとは別の食べ物 - GIGAZINE

濃厚チョコとオレンジの甘さが絶妙なチーズタルト専門店パブロの期間限定「ショコラオランジェチーズタルト」と「PABLO mini 濃厚とろけるチョコ」試食レビュー - GIGAZINE

トマト×バジルのチョコなど、ダース限定フレーバーを「DARS Chocolat Boutique」で買って食べてみた - GIGAZINE

100年以上積み重ねた森永チョコレート技術の神髄が味わえる粉末チョコレートなど「TAICHIRO MORINAGA」全チョコ制覇 - GIGAZINE

331

in 試食, Posted by darkhorse_log