レビュー

1億円貯める速度をチートコードで競うとプログラミングが自然と身につく「働クリッカー」


資格を取ったりアフィリエイトブログをしたりプログラムスキルを鍛えたりと、自分に「投資」しながら総資産をひたすら多くするゲーム「働クリッカー」は、単なるCookie Clicker(クッキークリッカー)ではなく、自分でチートコードをプログラムすることでいかに巧みに「ズル」をして最速で資産を1億円に増やすかを競うゲームです。ズルをするうちにプログラミングを学べるという教育用ゲームとはどのようなものか、さっそくプレイしてみました。

働クリッカー - zeny.io
http://zeny.io/products/working-clicker/


まずは上記ページから、システムに合ったファイルをダウンロードします。今回はWindows 7(64bit版)で使うので、「Win64版をダウンロード」をクリック。


ダウンロードしたZIPファイルを「Explzh」などを使って解凍して、フォルダの中にある「Hatara-Clicker.exe」をクリック。


すると、「働クリッカー」ウィンドウが立ち上がります。


「ゲームを始める」をクリックするとゲーム開始。


働クリッカーは、画面左側に「総資産」の表示と「働く」ボタンがあり、右側に「資格を取る」「アフィリエイトブログを始める」「株を買う」などの、オプションメニューがあるスタイル。基本的には左ペインの「働く」ボタンをクリックして稼ぎ、右ペインで副収入を狙うという仕組みです。


とりあえず「働く」ボタンをクリック。10円稼げました。なお、最高時給は「30円」で「ムショク並」の稼ぎだとのこと。


稼ぎはムショク並ですが、稼いだ10円で、なんと「資格」が「買える」ようです。「資格を取る」の右に現れた「購入」をクリックすると……


資格の保持数が「1コ」に増えました。資格の値段も22円と増えたので、次に資格を買う場合は22円以上の総資産がなければなりません。


「働く」をクリックして地道に稼ぎます。なお、資格を取得したので1クリックで稼げる額は少しだけ上がった模様。


500円以上貯まったので、「アフィリエイトブログ」を買ってみます。「購入」をクリック。


所持金は1円に減りましたが、アフィリエイトブログによる不労収入をゲット。今後は、働いて稼ぐのに加えて、定期的にアフィリエイト収入を得られる見込みです。


こつこつ貯めたお金で、今度は「株」を買ってみます。不労収入の源がまたひとつ増えました。


働いているうちに時給が上がり、500円を超えて「バイトクン並」に昇格。と同時に、就職が決まったようです。


1万円以上貯まったので、「土地」を買ってみることに。なんと土地は1万円の激安価格。


土地が1コ増えました。次回の価格は2万2500円と土地の値段は跳ね上がっています。こうして3つめの不労収入源をゲット。


そして、こつこつ頑張って、ついに土地よりも高い値付けの「プログラミングスキル」をついにゲット。これで、稼ぎがアップする……はず。働クリッカーでは、資格とプログラミングスキルを買って稼ぎを増やしつつ、アフィリエイトブログ・株・土地の不労収入を増やしながら資産を増やしていくというゲームで、ポートフォリオをいかに充実させつつ、自分磨きにも精を出して、資産を増やしていくのかの腕を競うゲームというわけです。


お手頃価格の「資格」ばかりを買っていると、「資格コレクター」と馬鹿にされました。


こつこつ頑張って、ついに時給は1万円オーバーの「シャチョー並」に。


アフィリエイトブログを買えば、「ブログに載せるいい写真を取るためだけに県外のラーメン屋までいく」という屈辱的な言葉が浴びせられます。


高い、高いプログラミングスキル。しかし、資産をごっそり減らそうとも、これは将来のための先行投資。良い稼ぎを得るためにプログラミングスキルを鍛えることで、「プロ・プログラマ」の地位をゲット。


資格&プログラミングスキルを買いあさったおかげで、ついに「ハッカー並み」の時給に到達。


しかし、オプションが高すぎて、なかなか思うようには資産を増やせません。


2時間ほど頑張って、2600万円オーバー。ゲームクリアの1億円はほど遠い……。


ということで、稼げども稼げどもなかなか増えない資産に業を煮やして、ついに「チートコード」の作成に着手します。キーボードの「C」をクリックすると、「Console」ウィンドウが立ちあがります。


右上の「?」をクリックすると……


チートコードの書き方のヒントが書かれています。チートコードはJavaScriptで書けばOKとのこと。


参考に挙げられているコードを上部に書き込んで、「Run」をクリックすればOK。これは、ひたすら「働く」ボタンをクリックしまくるというチートコードです。


例えばこれは、ひたすら「働く」ボタンをクリックしては「資格」を買いあさるというプログラミングコード。こうやってコードをためしつつ、JavaScriptのプログラミングを学習できるというのが働クリッカーの真の目的です。


なお、「Stop」ボタンをクリックすれば、プログラムが停止します。コードを書いてはためしつつ、いかにすれば総資産を早く増やせるか試行錯誤すればOKです。


「働く」ボタンをクリックしまくったり、資格や株や土地を買いまくったりしているうちに、総資産が1億円を突破してついにゲームクリア。チートコードなしではとても稼げそうにない金額です。、


1ミリ秒間隔で365回働いては資格を1つ買うというチートコード。


これは1ミリ秒間隔で365回働いては資格と土地を買いまくるチートコード。


上記チートコードで資格と土地を買いまくり、働きまくると4秒で1億円稼げるようになりました。

働クリッカーでJavaScriptチートコードを作って4秒で1億円稼いでみた - YouTube


働クリッカーは草野 翔さんが作ったプログラミング教育用ゲームで、バンタンプログラマーズハイレベルハイスクールの体験授業用に書き下ろしたものを一般公開したものとのこと。ちなみに草野さんのベストスコアは0.8秒とのこと。腕に覚えのある人や、プログラミングを勉強したい人は、0.8秒で1億円という高い壁に挑戦してみてください。

働クリッカーという JS を学べるゲームを作りました。 - zeny.io
http://zeny.io/blog/2016/02/07/working-clicker/

・関連記事
学校に行き過ぎると「死ぬ」という無茶苦茶な設定で単位を取りまくるゲーム「単位落としシミュレーター」 - GIGAZINE

プログラミングさえできれば誰でも彼女がつくれる恋愛シミュレーションゲーム「プログラミングで彼女をつくる」 - GIGAZINE

女子中学生にプログラミングを教えると一体どうなるのか? - GIGAZINE

「サセン…アア…エット…」と書けば本当に実行できる「コミュ障プログラミング言語」 - GIGAZINE

プログラミング経験ゼロだが180日で180個のウェブサイトを作るプロジェクトがゴールまであとわずかに - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア,   動画, Posted by logv_to